伊豆で遊ぶ
伊豆の港

熱海港 熱海港は、背後に全国屈指の温泉都市をひかえた
伊豆半島の玄関口に位置しており、
大島航路や初島航路等の離島間航路が運航され、
年間の船舶乗降人員は25万人以上に達している。 こうした観光資源としての役割の大きさを踏まえ、
魅力ある海岸部を中心とした市街地の活性化を目指し、
海岸環境整備事業によって人工海浜や親水緑地の整備を進めており、
平成2年には「熱海サンビーチ」が完成した。
さらに、平成15年度には熱海サンビーチに
全国で初めて砂浜をライトアッブする照明施設が整備され、
昼夜を問わず魅力ある海岸として年間10万人以上の海水浴客が訪れている。
平成3年度からは、熱海サンビーチに隣接した渚地区において
「地中海風のリゾート」をコンセプトとし、
4つの工区からなる親水緑地を整備しており、
第1工区が平成8年度、
第2工区が平成11年度、
第3工区が平成20年度に完成した。
また、多賀地区では平成4年度より840mの人工海浜の整備に着手しており、
平成17年度には北側半分の人工海浜400mが完成し、
これらは熱海の新しい観光スポットとして好評を博している。

画像は上から「渚・横磯地区」「多賀地区」「伊豆山地区」
全て「国土交通省中部地方整備局」提供

港湾区域面積700ha臨港地区面積7ha
公共係留施設-7.5m〜-4.5m-4.5m未満
1バース4バース645m

伊東港 古くから水産物の水揚基地としての役割を果たしてきた伊東港は、
背後の伊東市の「国際観光温泉都市」としての発展に伴い、
現在では観光港としても重要な役割を果たしている。 湯川・松原地区では、海岸環境整備事業によって
昭和63年度までに延長630mの人工海浜
「伊東オレンジビーチ」が整備され、
多くの海水浴客が訪れている。
白石地区では、新しい観光拠点としてマリーナ整備が実施され、
平成13年度に「伊東サンライズマリーナ」がオープンした。
マリーナには、温泉施設、商業施設、遊歩道などが整備され、
遊覧船への乗船も可能となっており、
伊豆東海岸の海洋性レクリエーションの拠点となっている。
また、静海地区では、初島への定期旅客航路や
大島定期貨物航路が発着する観光桟橋の改良工事が進められており、
旅客の安全性確保、貨物取扱能力の向上が図られている。

画像は上から「白石〜玖須美地区」「川奈地区」
全て「国土交通省中部地方整備局」提供

港湾区域面積610ha臨港地区面積16.5ha
公共係留施設-5.0m〜-4.5m-4.5m未満
1バース6バース1527m
専用、その他係留施設-1.2m以下:74m

下田港 下田港は幕末にペリー艦隊が入港し、
開国の舞台にもなった歴史の深い港である。 一方、下田港周辺は地形、海象条件が厳しく、
海難事故の多発海域となっている。
このため、下田港では、
昭和28年より避難港整備事業として防波堤の建設に着手し、
昭和47年度に避難港整備が完成した。
近年では、年間約100隻の避難船舶に利用され、
さらなる係留施設の整備が求められていることから、平成18年度から物揚場の建設に着手している。
港口部では昭和55年度から津波対策を兼ねた
外港防波堤が直轄事業により整備中である。
一方、平成15年度には、緑地、遊歩道、人工海浜等を合わせ持つ「まどが浜海遊公園」が完成し、
地域の憩いの場、地域活性化の新たな拠点として、大きな期待が寄せられている。

画像は「国土交通省中部地方整備局」提供

港湾区域面積266ha臨港地区面積10.4ha
公共係留施設-6.0m〜-4.5m-4.5m未満
1バース2バース1640m

手石港 手石港は青野川の河口に位置し、
出水時における船舶の安全係留確保等のねらいから、
掘込泊地、物揚場等が整備されている。 海岸線は「弓ヶ浜」として名高く、
伊豆半島屈指の海水浴場として賑わっている。

画像は「国土交通省中部地方整備局」提供

港湾区域面積66ha臨港地区面積9.4ha
公共係留施設-4.5m以下:466m

松崎港 松崎港は、伊豆西海岸に位置し、
近海漁業の基地として発展してきた。 平成12年には沼津港とともに
地域の振興、活性化の観点から重要であるとして
「特定地域振興重要港湾」に選定され、
平成13年に松崎港港湾振興ビジョンを策定している。
さらに、松崎港では大井川港、石部漁港と共に
地域の活性化のための「地域再生計画」が策定されており、
県中部と伊豆半島を観光ルートで結び、にぎわいのあるみなとまちの創出を目指している。
一方では、建設資材の積み出し港としての物流機能の強化が求められていることなども踏まえ、
現在は市街地北側の新港で水深5.5m岸壁及び緑地等の整備が進めている。
また、新港と旧港の間に位置する松崎港海岸は、
伊豆半島有数の海水浴場として、毎年多くの観光客が訪れ、町の活性化に寄与している。

画像は「国土交通省中部地方整備局」提供

港湾区域面積150ha臨港地区面積5.3ha
公共係留施設-6.0m以下-4.5m以下
2バース735m

宇久須港 宇久須港は、沼津方面からの海上交通の玄関口として、
また背後で採取されるガラス原料である
硅砂の積出し港として発展してきた。 近年は、砂利・砂の採取規制が進んだことから、
付近で産出される砕石の京浜方面への移出が盛んになっている。
また深田地区には、伊豆半島最大規模の公営海岸キャンプ場があり、
平成6年にオープンした人工海水浴場とともに
毎年大変な賑わいとなっている。

画像は「国土交通省中部地方整備局」提供

港湾区域面積103ha臨港地区面積3.5ha
公共係留施設-5.5m〜-4.5m-4.5m未満
1バース1バース419m

土肥港 土肥港は、カーフェリー(清水〜土肥航路)や
定期船(沼津〜土肥航路)が寄港する海上交通の要所であるとともに、
近海漁業の基地として地域の水産業を支えている。 また、遠浅で波静かな海岸は、海水浴場として利用されており、
毎年、多くの人々が海水浴などの海洋レクリエーションを楽しんでいる。
急峻な山々に囲まれ、
陸上交通網の整備が容易でない地域に位置することから、
大規模災害時には、緊急物資の受入れ拠点として重要な役割を担うことも期待されており、
本港の重要性は、ますます増している。

画像は「国土交通省中部地方整備局」提供

港湾区域面積270ha臨港地区面積3.3ha
公共係留施設-4.5m-4.5m未満
1バース470m
専用係留施設(フェリー接岸ドルフィン)1バース

沼津港 沼津港は、豊富な海産物などを取り扱う県東部の物流拠点、
西伊豆地域への海の玄関口としての観光交流拠点、
大規模災害時に緊急物資の受入れなどを行う防災拠点
といった多くの役割を担っている。 平成12年に松崎港とともに
「特定地域振興重要港湾」に選定されたことを受け、
平成14年に「沼津港港湾振興ビジョン」が策定された。
同ビジョンでは、
沼津港の観光交流拠点、防災拠点としての港湾機能の充実と共に、
多くの人々が集うにぎわい拠点を形成することが位置づけられ、
平成16年に大型展望水門「びゅうお」、
平成19年に水産複合施設「INO(イーノ)」などが整備された。
平成20年には、同ビジョンの残事業計画の見直しと
港を取り巻く社会情勢の変化等を踏まえ、
新たに施設の整備計画を定めた「アクションプログラム(H20〜H24)」が策定された。
それに伴い、平成21年4月にはマーケットモール「沼津みなと新鮮館」が開業し、
新たな賑わいの場として期待されている。

画像は上から「沼津港」「水門・びゅうお」
「国土交通省中部地方整備局」提供

港湾区域面積145ha臨港地区面積18.9ha
公共係留施設-7.5m〜-4.5m-4.5m未満
3バース5バース1272m

その利用の範囲が地元の漁業を主とするもの

その利用の範囲が第1種より広く、第3種漁港に属さないもの

その利用範囲が全国的なもの

離島その他辺地にあって漁港の開発又は漁船の避難上特に必要なもの