松崎町章

雲見くじら館

世界的にも貴重な「セミクジラ」の骨格標本を展示

雲見くじら館 このセミクジラは
1977年(昭和52年4月15日)雲見港に迷い込んだものです。
住民の海へ返す努力も及ばず死亡したので埋没しました。
4年後1981年(昭和56年3月18日)水産庁遠洋水産研究所の
大隈清治博士のご指導をうけて発掘し、
骨格標本をつくって保存・展示することにいたしました。
現在セミクジラは南半球を中心に
世界の海に数千頭しか生息しておりません。
1930年(昭和5年)より捕獲禁止になっております。
セミクジラの骨格標本は日本に数点しかなく
世界的にも貴重なものです。
その昔、雲見上の山城主、高橋丹波守が
北条氏に鯨肉を献上した古文書等も残されております。
■開館時間:08:30〜17:00
■休館日:月・水曜日
■入館料:大人100円 小人50円
松崎町観光地図