沼津市章

沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム

沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム -施設情報

沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム 深海は、見えないから面白い。
■営業期間:年中無休(保守点検のため、臨時休業あり)
■営業時間:10:00〜18:00 (7月中旬〜8月末は 19:00まで)
■入館料:
 大人1,600円
 小人(小中学生)800円
 幼児(4才以上)400円  ※団体割引あり

〒410-0845 静岡県沼津市千本港町83
TEL.055-954-0606
URL.http://www.numazu-deepsea.com/
沼津市観光地図

シーラカンスの謎

シーラカンス 大昔に絶滅したと思われていたシーラカンスが
アフリカのコモロ諸島で発見されたのは1938年のことでした。
3億5000万年前から姿を変えずに深海でひっそりと生き続けていたのです。 「生きた化石」と呼ばれるシーラカンス。
背骨を持たず、脊柱(空っぽの骨)を持つ不思議な体の構造は
他の生物には全く見られない独特なもので、
生態そのものも多くの謎に包まれています。
世界初となる「シーラカンスミュージアム」では
2体の冷凍と3体の剥製標本、臓器やウロコ、游泳映像など合計5体のシーラカンスを中心に、
その魅力を余すところなくご紹介いたします。

駿河湾と深海生物

「富士山」とともに、そのスケールにおいて決して引けをとらない静岡県の「日本一」
それは最深部2,500m、豊富な海洋資源を持つ日本一深い湾「駿河湾」です。 この湾の深海には、光が届かない闇と低水温、
想像を絶する水圧という生き物にとって過酷な環境があります。
その中で生き続ける深海生物たち。
その生物たちの多くは、今もなお秘密のベールに包まれています。
日本初となる深海生物にスポットを当てたこの水族館では、
深海生物の宝庫である駿河湾の生き物や、世界中のさまざまな環境に暮らす生き物、
今まで紹介されたことの無い生き物たちを数多くご紹介いたします。

メンダコ ダイオウグソクムシ # #