沼津市章

興国寺城跡

興国寺城跡 伊勢新九郎長氏(後の北条早雲)は小田原城主となり
(後)北条氏五代の基礎を築いた武将です。
興国寺城は、今川家の家督争いを鎮めた功績により築城した城で
その後、伊豆進出の足がかりとなった
早雲旗揚げの城として知られています。

興国寺城跡天主台 早雲が韮山城に移った後は
今川家、北条家、武田家、徳川家と変わり
最後の城主、天野康景のとき
城の改築資材を盗んだ御領(将軍家の直轄領)の農民を家来が斬ってしまう。
幕府側は斬った家来の引き渡しを求めるが康景は拒否。
結果、城主の地位を追われた康景は出奔。興国寺城は廃城となりました。
市内根方街道沿いにあった興国寺城は、
現在、国指定の史跡として整備が進められています。
沼津市観光地図