沼津市章

大瀬神社

記事引用元:伊豆交通宣伝協議会発行「伊豆だより VOL.574」より

画像準備中 漁師に厚く信仰されている 伊豆半島の西の肩にあたる
小さな大瀬岬は別名、琵琶島とも呼ばれ
岬の中ほどに引手力男命を祀る古社・大瀬神社があります。
海上安全・豊漁祈願など海の守護神として
近隣の漁師に厚く信仰されています。
社殿の彫刻も歴史を感じさせる見事なものです。
また、漁師たちが奉納した大きな絵馬や
漁船模型(県の指定有形民俗文化財)が多数あり
歴史的にも貴重なものがあります。
周辺には太い幹が曲がりくねった樹形をした
ビャクシン(国指定天然記念物)が繁っています。
ここのビャクシンは日本最北端の自然群生地で独特の雰囲気に包まれています。
沼津市観光地図