下田市章

白浜神社

記事引用元:伊豆交通宣伝協議会発行「伊豆だより VOL.574」より

画像準備中 ビャクシンが繁る伊豆最古の社 伊豆一の白砂の海岸、白浜海岸にあり
その起源は2000年前という伊豆最古の神社。
祭神は七日間で伊豆七島をはじめとした
十の島々を造った三島大神(事代主命)と
その后の伊古奈比当スが祀られています。
境内に入るとご神木である
樹齢2000年のビャクシンの大木があります。
このほか国や県の天然記念物に指定された
アオギリ樹林やビャクシン(イブキ)樹林があります。
毎年6月と12月のみそかに、
半年のけがれを落とす茅輪が設置され、
この茅輪を3回くぐると、けがれが落ちると言われています。
下田市観光地図