FAQ

伊豆ネットに出店されますと、
ご希望の店舗様には伊豆ネットでの取引用として新たなメールアドレスが発行いたします。

〜出店完了メール例〜
アカウント:*****@izunet.jp パスワード:******** POP(受信)サーバー:xsvx3025898.xsrv.jp SMTP(送信)サーバー:xsvx3025898.xsrv.jp

以下に代表的なメーラー(メールソフト)のアカウント追加方法を説明します。
商品購入に関するメールは上記のアドレスへ送信されますので
設定後、メールの送受信を行い確実にメールが届くか確認をお願い致します。

また、パスワードはアルファベットの大文字、小文字を区別します。
セキュリティの関係上、パスワードは英数字をランダムに並べたモノを発行いたします。
入力ミスを防ぐためにも、コピー[Ctrl] + [C]や貼り付け(ペースト)[Ctrl] + [V]の使用をお奨めします。

メールが送信できない場合
2014/09/30以降、「POP before SMTP」認証が廃止となりました。
各種メールソフトの設定手順については、下記ページをご参考ください。
http://www.xserver.ne.jp/manual/man_mail_setting.php#03

Outlook Express-起動画面 まずは、Outlook Expressを起動します。
画面上部のツールバーから
ツール(T) > アカウント(A)の順に選択してください。

Outlook Express-アカウントダイアログ インターネットアカウントのダイアログが開かれるので
画面右部に並ぶボタンから
追加(A) > メール(M)の順に選択してください。

Outlook Express-接続ウィザード-1 インターネット接続ウィザードが開かれます。
この画面で求められる入力内容は
メールの差出人として表示される名前になります。
お客様に分かりやすい名前を設定してください。
 例-1:○○商店-伊豆ネット店
 例-2:伊豆ネット-○○店
名前を入力後、次へ(N)をクリックすると画面が進みます。

Outlook Express-接続ウィザード-2 この画面で求められる入力内容は
メールアドレスとなります。
伊豆ネットより発行された
メールアドレスを入力してください。
 *****@izunet.jp
アドレスを入力後、次へ(N)をクリックすると画面が進みます。

Outlook Express-接続ウィザード-3 この画面で求められる入力内容は
メールの送受信に使用される、メールサーバーの設定となります。
受信メールサーバーの種類が
「POP3」となっているのを確認して
伊豆ネットより発行された
受信・送信サーバー名を入力してください。
 POP(受信)サーバー:xsvx3025898.xsrv.jp
 SMTP(送信)サーバー:xsvx3025898.xsrv.jp
メールサーバー名を入力後、
次へ(N)をクリックすると画面が進みます。

Outlook Express-接続ウィザード-4 この画面で求められる入力内容は
メールの送受信の際、
サーバーへアクセスするための
アカウント名とパスワードの設定となります。
伊豆ネットより発行されたユーザーIDをアカウント名欄へ
パスワードをパスワード欄へ入力してください。
 アカウント:*****@izunet.jp
 パスワード:********
ログオン情報を入力後、
次へ(N)をクリックすると画面が進みます。

Outlook Express-接続ウィザード-完了 無事、設定が完了すると左の画面となります。
完了をクリックして設定を終了してください。
最後にメールを自分宛(*****@izunet.jp)に作成し、
間違い無くメールが届くか
送信・受信の動作確認をお願い致します。

メールの送受信に不備が起こった場合、
お手数ですが[お問い合わせフォーム]からご連絡願います。

Outlook Express-サーバー設定画面 複数台のPCでメールを送受信している場合、
AのPCでメールを受信したため、
BのPCでメールが受け取れなくなった。
そういった場合に備え、
メールを受信してもサーバーに
メールデータを残す設定を説明します。
Outlook Expressを起動し画面上部のツールバーから
ツール(T) > アカウント(A)の順に選択
インターネットアカウントのダイアログを開き
該当するメールアドレスを選択します。
次に画面右部に並ぶボタンからプロパティ(P)を選択
詳細設定タブをクリックすると右図となります。
配信-サーバーにメッセージのコピーを置くに
チェックを入れると
メールを受信してもサーバーにデータが残る設定となります。

Outlook Express-ポート設定画面 ご利用のプロバイダによっては、
送信ポート25番を制限している場合があります。
メールの受信は成功するが、送信に失敗する場合、
ポート番号を587番に変更してみてください。
※詳しくは、利用されているプロバイダにお問い合わせください。

Microsoft Office Outlook-起動画面 まずは、Microsoft Office Outlookを起動します。
画面上部のツールバーから
ツール(T) > 電子メールアカウント(A)の順に選択してください。

Microsoft Office Outlook-電子メールアカウント-1 電子メールアカウントのダイアログが開かれるので
電子メールの項目から
新しい電子メールアカウントの追加(E)を選択して
次へ(N)をクリックしてください。

Microsoft Office Outlook-電子メールアカウント-2 サーバーの種類を選択する画面が開かれるので
項目の中からPOP3(P)を選択して
次へ(N)をクリックしてください。

Microsoft Office Outlook-電子メールアカウント-3 電子メールの設定を入力する画面が開かれます。
以下、順を追って入力をしてください。
全ての項目を入力後、
次へ(N)をクリックすると画面が進み
設定作業は完了となります。
最後にメールを自分宛(*****@izunet.jp)に作成し、
間違い無くメールが届くか
送信・受信の動作確認をお願い致します。

メールの送受信に不備が起こった場合、
お手数ですが[お問い合わせフォーム]からご連絡願います。

■ユーザー情報
1.メールの差出人として表示される名前になります。
お客様に分かりやすい名前を設定してください。
 例-1:○○商店-伊豆ネット店
 例-2:伊豆ネット-○○店
2.伊豆ネットより発行されたメールアドレスを入力してください。
 *****@izunet.jp
■メールサーバーへのログオン情報
3.伊豆ネットより発行されたユーザーIDを入力してください。
 アカウント:*****@izunet.jp
4.伊豆ネットより発行されたパスワードを入力してください。
 パスワード:********
■サーバー情報
5.伊豆ネットより発行された受信サーバー名を入力してください。
 POP(受信)サーバー:xsvx3025898.xsrv.jp
6.伊豆ネットより発行された送信サーバー名を入力してください。
 SMTP(送信)サーバー:xsvx3025898.xsrv.jp

Microsoft Office Outlook-サーバー設定画面 複数台のPCでメールを送受信している場合、
AのPCでメールを受信したため、
BのPCでメールが受け取れなくなった。
そういった場合に備え、
メールを受信してもサーバーにデータを残す設定を説明します。
Microsoft Office Outlookを起動し画面上部のツールバーから
ツール(T) > 電子メールアカウント(A)の順に選択
次の画面で
既存の電子メールアカウントの表示と変更(V)を選択して
次へ(N)をクリックしてください。
該当するメールアドレスを選択して変更(C)をクリック
開かれたダイアログの
中央右部分にある詳細設定(M)をクリックすると右図となります。
配信-サーバーにメッセージのコピーを置くにチェックを入れると
メールを受信してもサーバーにデータが残る設定となります。

Microsoft Office Outlook-ポート設定画面 ご利用のプロバイダによっては、
送信ポート25番を制限している場合があります。
メールの受信は成功するが、送信に失敗する場合、
ポート番号を587番に変更してみてください。
※詳しくは、利用されているプロバイダにお問い合わせください。