伊豆に暮らす

2015年10月03日(土)〜2016年04月06日(水) 【西伊豆町】 黄金崎クリスタルパーク

黄金崎クリスタルパーク 「溶ける・固まる 温度で異なるガラスの造形」展
開館時間 09:00〜17:00 ※最終日の入館は16:30まで
休館日 2015/12/08〜12/10 2016/04/07〜04/08
黄金崎クリスタルパークは、
これまで現代ガラスをテーマに独自の展覧会を開催し、
その普及に努めてまいりました。
今回は、温度帯によって変化する
ガラスのユニークな特質に焦点を当て、
現代ガラスの技法と表現を紹介いたします。
ガラスは、原料を高温で熱してつくられますが、
このときには熔けてやわらかい飴状になります。
この熱い熔融した状態のガラスによる技法を、
一般にホットワーク(hot work)と言います。
一方、ガラスは常温では固まった状態で、
急激な力や熱が加わると割れることはあるものの、
ある程度の強度や耐性を備えています。
こうした冷めて固まっているガラスを用いる技法を、
コールドワーク(cold work)と呼びます。
更に、完全に熔解させない程度に熱して、
適度に軟化させた状態のガラスを使用する技法もあります。
電気炉(kiln)やバーナー(burner)を使うもの、またホットワークの装飾等にも、該当するものが見られます。
当展では、ガラスの状態を「熔ける」「固まる」「軟化する」の3つに分け、
それぞれの温度帯におけるガラスの特性を活かした造形作品を展示いたします。
自在にガラスを扱い制作する作家たちの技法と表現をお楽しみください。
黄金崎クリスタルパーク 0558-55-1515

2015年10月01日(木)〜2016年01月12日(火) 【伊東市】 池田20世紀美術館

−生命の讃歌− 絹谷幸二展 開館40周年記念 −生命の讃歌− 絹谷幸二展
開館時間 09:00〜17:00
休館日 毎週水曜日(12/23・12/30・01/06 開館)
入館料 一般1,000円 高校生700円 小・中学生500円
絹谷幸二ギャラリートーク
10/24(土)・11/07(土)・12/19(土)
 13:30〜14:30 当館展示室にて(要入館料)
1974年の安井賞受賞を機に、一躍、画壇の寵児となった絹谷幸二。
以来、画家は、所属する独立展での発表のほか、
数々の個展、グループ展での発表を精力的に行い、
今日、押しも押されぬスター作家としての地位を確立しています。
東京藝術大学大学院修了後のイタリア留学で、古典技法アフレスコを習得。
その技法を独自のものとしながら、
画家自身にたぎるエネルギーを表出したかのような奔放かつ鮮烈な絵画表現。
人物画でスター卜したその画業は、
ヴェネツィア風景、富嶽など多様な展開を見ながら、
近年では古事記をはじめ日本の神話、信仰を背景とする
ドメスティックな精神世界を追求するなど、さらなる円熟の境地に達しています。
今展では、2014年度文化功労者顕彰を記念し制作された《黄金背景富嶽旭日・風神雷神》、
2001年日本藝術院賞受賞作《蒼穹夢譚》などから、
絹谷芸術の出発点ともいうべき若き自画像まで、新旧30余点を展観。
他の追随を許さないオリジナリティあふれる作品世界の全貌に迫ります。
財団法人 池田20世紀美術館 0557-45-2211