伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

よくわかる前立腺肥大症

年齢とともに、尿に勢いがない、出にくい、時間がかかるなど、
さまざまな「おしっこ」の悩みを抱える男性が増えてきます。
こうしたトラブルの多くは、「男性の宿命病」ともいえる、前立腺肥大症を原因としています。

前立腺肥大症って、なんだろう?

前立腺肥大症のしくみ 男性生殖器の1つである前立腺は、
精液の一部(前立腺液)をつくる働きをしています。
大きさは、成人男性でクルミほど(約20g)ですが、
一般に50歳を越えた頃から
程度の差はあるものの、ほとんどの男性が肥大し始めます。
そのため、生理的な老化現象の1つともみられています。
原因は、男性ホルモンが深く関与していると考えられていますが、
はっきりしたことはまだわかっていません。
この前立腺は、膀胱のすぐ下にあり、
尿道をぐるりと取り囲むように位置しています。
肥大するのは尿道に近い内腺とよばれる部分のため、
肥大が進むと中を通る尿道が圧迫され、尿が出にくい、頻尿になるなど、排尿障害が現われてきます。
このような症状を、前立腺肥大症といいます。

自覚症状をチェックしてみよう!

60歳代が約50%、70歳代で約70%、80歳代では約80%の男性に、前立腺肥大がみられるとされています。
しかし、それらの人すべてに症状が現われるわけではありません。
また、肥大の程度と排尿障害の度合いは必ずしも一致するものではなく、個人によって異なってきます。
こうしたことから、肥大の程度そのものよりも、患者さんが現在の排尿の状態をどう感じているか、
あるいは日常生活にどれくらい支障をきたしているかが、
診断や治療方針を考えるうえで大きなウエイトを占めてくるのです。
そのような自覚症状を点数で表わし、客観的に評価するのが
「国際前立腺症状スコア(I-PSS)」で問診の際などによく用いられます。

症状はどのように進行するの?

前立腺肥大症自体は、生命の危険を伴うような病気ではありません。
それでも、重症化して尿が出ない(尿閉)状態が続くと
膀胱結石や腎機能障害などを併発するケースも少なくないのです。
排尿障害は、おおむね段階を経て、悪化していきます。
前立腺肥大症においても、初期の症状に心当たりがあった時点で、早期に専門医を受診することが必要です。

どんな検査を受けるの?

排尿状態の異常が、前立腺肥大症によるものかどうかを診断するため、
まず問診で症状を細かくチェックした後、検査が行なわれます。
肥大症の程度や、前立腺がんとの識別、膀胱や腎臓への影響などを調べるものですが、
どの検査も痛みを伴うものではありません。

どのような治療法があるの?

前立腺肥大症の治療は排尿障害を軽減し、患者さんの生活の質(QOL)を改善することを第一の目的としています。
排尿障害の程度、前立腺の大きさなどを判断して、薬物療法や外科的治療などが行なわれます。

薬物療法

症状がそれほど重くない場合(刺激症状期〜残尿発生期の軽度)には、
おもに薬を用いた治療が中心となります。

外科的治療

薬物療法では症状の改善が認められないケースや、
残尿が多くみられる、尿閉を繰り返すといった重症の場合(残尿発生期の重度〜慢性尿閉期)では、
外科的治療を検討する必要がでてきます。
症状の程度によっては、このほかに、開腹手術が行なわれる場合もあります。

前立腺肥大症を予防する方法は?

日常生活で注意したいこと 前立腺肥大をもたらす最大の原因は加齢です。
これは防ぎようがありませんが、
日常生活のちょっとした改善で、排尿障害の悪化を防ぐことは可能です。
ポイントは、前立腺や尿道への刺激をできるだけ避けるということ。
右図のような、セルフケアを心がけるようにしましょう。
食生活や生活習慣の変化、また人口の高齢化によって、
前立腺肥大症の患者さんは急速に増加しています。
しかし一方で、治療法は日進月歩で進歩を遂げており、
安全で身体的負担の少ない方法が開発されています。
年のせいと見過ごさす、50歳を過ぎて排尿障害を感じたら、早めに専門医の診断を受けるようにしましょう。