伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

ご存知ですか?坐骨神経痛

日本人の国民病ともいわれる腰痛。
その痛みに悩む人は、推定1000万人を数えるといいます。
もしもあなたの痛みが、腰だけにとどまらず、おしりから脚にかけて広い範囲に及んでいたら、
それは坐骨神経の障害によって起こっているものと考えられます。

坐骨神経痛入門

坐骨神経 私たちの腰は、骨(腰椎)、椎間板、靱帯、筋肉
などの組織から構成されており、
どこに障害が起こるかで、腰痛の原因もさまざまです。
そのなかで、腰椎や椎間板に異常をきたした場合には、
腰の痛みだけでなく、坐骨神経痛を伴うことが少なくありません。
腰椎からでて骨盤を経由し、
おしりから太ももや「ふくらはぎ」など脚の裏側を通って、
さらに足先まで伸びている神経を、坐骨神経といいます。
坐骨神経痛とは、
その名のとおり、この神経の通り道に沿って生じる痛みの総称です。
具体的な症状としては、腰痛とともに起こる脚の痛みのほかに、
おしりから脚にかけて、しびれ感、冷感、灼熱感などの知覚異常が現われたり、また足腰の脱力感などもみられます。
さらに重症化した場合には、運動麻痺が起こることもあります。
おしりの部分だけなど局所的に痛みがでたり、どちらか片側の脚にだけ現われるなど、
痛みの場所や程度は、神経の障害の度合いによって異なってきます。

坐骨神経痛が起こる原因

坐骨神経痛を伴う腰の病気にはいくつかありますが、
その代表的なものとして腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアをとり上げ、
坐骨神経痛が起こるメカニズムをみていきましょう。

腰部脊柱管狭窄症 脊柱(背骨)の後方(背中側)には、脊柱管とよばれる空間があります。
脊柱管のなかには、脳から続いている神経の束(脊髄)が通っており、
そこから神経が枝分かれして下半身へと伸びていきます。
腰部脊柱管狭窄症とは、
この脊柱管が狭まってしまうことで、なかを通る神経が圧迫され、
その結果さまざまな障害が起こってしまう病気です。
脊柱管の狭窄は、老化による骨や椎間板の変形が原因とされており、
そのためとくにお年寄りに多くみられます。
症状としては、腰痛、坐骨神経痛が現われますが、
そのほかに『しばらく立っていたり歩いたりしていると、
脚に鉛が入ったようにだるくなり、前に進めないようになってしまう。
しかし、しゃがんで少し休むと症状は軽くなり、再び歩けるようになる』という歩行困難がみられます。
これは間欠跛行という症状で、腰部脊柱管狭窄症の特徴的なものです。
ただし間欠跛行は、ほかの病気が原因でも起こるため、
専門医の診断を受けておくことが必要です。

椎間板ヘルニア 脊柱は、椎体(椎骨と椎弓を合わせた名称)
という骨がいくつも連なって構成されています。
この椎体同士をつなぎ、クッションの役目を果たしているのが椎間板です。
椎間板の中心部には、ゼリー状の軟らかい髄核があり、
その周囲を線維輪という丈夫な組織が包んでいます。
もともと腰椎の椎間板には、
体重を支えるために常に大きな圧力がかかっています。
そこに「重いものを持つ」「前かがみの姿勢を続ける」などして、
さらに強い力が加わると、線維輪に亀裂が生じ、そこからなかの髄核が後方へ飛び出してしまいます。
これが椎間板ヘルニアです。
はみ出した髄核は、下半身につながる神経を圧迫し、
急性の激しい腰痛や坐骨神経痛、しびれなどを引き起こします。
この場合の神経痛は、ほとんどのケースで、どちらか片側の脚だけに現われるのが特徴です。
椎間板ヘルニアは、20〜30歳代の若い人から高齢者まで、幅広い年齢層で起こる病気です。

治療の基本は痛みの解消

坐骨神経痛は、腰の病気が原因となって起こることが多いので、
その治療を考え合わせながら、痛みをとるための処置がとられます。
治療にあたっては、手術以外の方法で障害を緩和し、
日常生活を改善することを目的とした「保存療法」が、基本となります。まず安静を保つことを第一に、

1.薬物療法

消炎鎮痛剤、筋緊張弛緩剤、血流改善剤、湿布薬など

2.理学療法

骨盤牽引療法、温熱療法、電気療法など

3.装具療法

コルセットの着用など

といった治療が行なわれます。
それでも痛みが強い・持続するというようなケースでは、

4.神経ブロック療法

神経ブロック療法 が効果をあげています。
神経ブロック療法は、
痛みの原因となる神経に局所麻酔薬などを注射し、
神経をまひさせることで痛みを和らげるという治療法です。
脊髄を収めている膜(硬膜)の外側に注射する硬膜外ブロックと、
そこから枝分かれしている神経の根元に
直接注射する神経根ブロックとがあり、症状に合わせて用いられます。
神経ブロック療法は、
整形外科や麻酔科、ペインクリニックで行なわれています。
しかしながら、これら保存療法では改善がみられず、
日常生活に支障をきたしている場合や、
運勤まひなどの重い症状が現われているケースでは、
神経の圧迫を取り除く手術療法が必要となることもあります。
どの治療法を選択するかは、症状の程度はもちろんのこと、
通院や入院が可能かどうかなど、生活スタイルも考慮する必要があります。
そのうえで、担当医とよく相談しながら、自分に適したものをみつけていきましょう。

日常生活で気をつけたいこと

前述したように、坐骨神経痛は、おもに腰椎の異常によって起こります。
そうした点から、再発の防止や、あるいは発症そのものを予防するためには、
日頃からできるだけ腰に負担をかけないことが大切になります。
また、腰を支えるのに必要な腹筋、背筋を強化することも、有効な方法だといえるでしょう。
文字どおり「身体の要」である腰を守るため、充分留意するようにしましょう。