伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

糖尿病と合併症

糖尿病は、自覚がないまま静かに進行する病気です。
そのため、約740万人といわれる患者さんのうち、実際に治療を受けているのは半数の人にすぎないといわれています。
しかしながら、糖尿病の本当の怖さは、病気を放置してしまうことで、さまざまな合併症を招いてしまうことにあります。
それは時に、命を脅かす深刻な事態ともなりかねません。どのような合併症が、なぜ引き起こされるのでしようか。

糖尿病は血管の病気?

私たちが生きるためのエネルギーは、食べ物から得たさまざまな栄養素を元にして作られています。
なかでも、ご飯やパン、めん類などに含まれる糖質は、胃や腸で分解されてブドウ糖となり、
血液中に吸収されて体内を巡り、筋肉や脳などの働きを支える重要なエネルギー源です。
この血液中のブドウ糖のことを血糖とよび、また、その濃度を血糖値といいます。
ただし、血糖がエネルギーとして利用されるためには、あるホルモンのサポートが必要になってきます。
それが、膵臓から分泌されるインスリンです。
インスリンは、血糖が細胞内に取り込まれるのを助けたり、
その一部をグリコーゲンという物質に変えて体内に備蓄するなどの働きをし、
結果的に血糖値をコントロールする役目を担っています。
そのインスリンが、おもに体質的な原因や過食・運動不足など生活上の問題によって、
分泌されない・量が足りない・働きが悪いなど、うまく作用しなくなると、
血液中のブドウ糖が増加していき、つねに血糖値が高い状態が続きます。これが糖尿病です。
こうして高血糖の状態になった血液は、ジワジワと血管の壁を傷つけていきます。
とくに顕著に現われるのが全身の細小血管で、糖尿病の合併症も、血管の障害が原因で引き起こされます。
このように糖尿病は、単に血糖値が上がるだけの病気ではありません。
本当に怖いのは、血管障害をもたらすという側面にあるのです。
この点を充分に理解し、予防や早期の発見・治療の重要性を認識することが必要になってきます。

糖尿病には大きく分けて2つのタイプがあります。
1型糖尿病は、膵臓の障害によってインスリンがつくられなくなり、血糖値が上がってしまうというタイプです。
もう1つの2型糖尿病は、インスリンの分泌量が少なかったり、
インスリンの働きが充分ではないために、高血糖状態になるというものです。
2型糖尿病は、おもに成人に発症することが多く、
糖尿病にかかりやすい体質に加えて、過食、肥満、運動不足、ストレスなどの生活習慣が引き金となって発症します。
2型糖尿病の患者さんは全体の95%を占め、その数は年々増加しています。

糖尿病の自覚症状

糖尿病の代表的な自覚症状 糖尿病は「合併症を防ぐために進行させないこと」が大切な病気です。
ところが、やっかいなことに、
糖尿病の初期にはほとんど自覚症状がありません。
このことが、早期の発見・治療の妨げとなったり、
あるいは病気を放置してしまうという
最悪の事態を招く原因となっているのです。
糖尿病の症状には、おもに右図で示したようなものがありますが、
こうした異常を感じた時点で、
すでに血糖値はかなり高くなっている場合が多く、
合併症への危険信号だと考えるべきでしょう。
ですから、少しでも自分の体調にあてはまる点があったら、
早急に専門医を受診するようにしてください。

糖尿病のさまざまな合併症

全身に現れる糖尿病の合併症 糖尿病の高血糖状態がさらに長く続くと、
血管の障害もますます進んで、
全身のさまざまな臓器に異常をきたす合併症が起こってきます。
なかでも、
糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害
は特徴的なもので、糖尿病の三大合併症とよばれています。
糖尿病それ自体は、決して恐ろしい病気ではありません。
治療に際しても、合併症を起こさせない、
進行させないということを主眼に、
患者さんの自己管理によって
血糖値をコントロールする食事療法、運動療法が中心となります。
こうした適切な治療を続けていけば、
通常と変わらない生活を送ることができます。
症状がはっきり現われにくいからといって、病気を放置したり、
治療を中断することこそが、最も危険なことなのです。
また糖尿病においても、
早期発見・早期治療のメリットはとても大きいものです。
そのためにも、定期的な検診によって血糖値に注意を払い、
糖尿病の疑いが指摘された時点で専門医を受診し、
くわしい検査や指導を受けるようにしましょう。

糖尿病の三大合併症

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症 眼球の内側を覆っている網膜は、
目に入ってきた光が像を結ぶ重要な部分です。
この網膜には毛細血管が多数張り巡らされていて、
眼球に栄養や酸素を供給しています。
糖尿病になると、この血管に障害が起こり、
コブができて出血を繰り返すようになります。
やがては、硝子体内に出血が広がったり、
網膜剥離をきたすようになって、
視覚の異常や、最悪の場合は失明に至ることもあります。
成人の失明原因の第一位となっている、深刻な合併症です。

症状:
視界がぼやけて見える
黒いものがちらつく(飛蚊症)
視力が極端に悪くなる
暗くて見えない部分がある

糖尿病性腎症

糖尿病性腎症 腎臓は血液を濾過し、老廃物を尿として排出しています。
この働きを担っているのが、糸球体とよばれる毛細血管の束と、
それを包むボーマンのうです。(腎小体と総称する)
高血糖によって糸球体の血管が冒されると、
フィルターの機能が充分果たされず、
体内に残った老廃物によってさまざまな症状が起こります。
さらに腎臓の障害が進むと、尿毒症から腎不全へと悪化をたどり、
透析療法を必要とする病状にまで進展します。
糖尿病性腎症による透析患者は全体の約1/3を占め、増加傾向にあります。

タンパク尿
食欲不振
むくみ
疲労感
手足のしびれ
血圧の上昇

糖尿病性神経障害

糖尿病の合併症のなかでも、比較的早い時期に発症します。
高血糖により末梢神経の伝達作用に障害が起こり、さまざまな症状をもたらします。

運動・知覚神経の障害
 手足の先がピリピリ、またはジンジンとしびれる
 手足を中心に刺すような痛みが起きる
 ふくらはぎの筋肉がつる
 熱さ、冷たさ、痛みなどの感覚が鈍くなる

自律神経の障害
 身体にほてりや冷えを感じる
 めまい、立ちくらみが起きる
 異常に汗をかく、またはまったく汗をかかない
 下痢、便秘になりやすい。または交互に繰り返す。
 尿が出にくい。または失禁する。

足の壊疸
 神経障害が進行すると、痛みの感覚がなくなるため、
 足にケガをしても手当が遅れ、壊疸(皮膚組織が腐っていく)を起こしやすくなる。

糖尿病と動脈硬化

血管が硬くもろくなる動脈硬化は、加齢とともに起こりますが、
血糖値が高ければ高いほど、より若い時期から始まり、進行しやすいといわれています。
最近では、糖尿病が肥満や高血圧、高脂血症などと互いに悪影響を及ぼしながら、
さらに動脈硬化を加速させることがわかり充分な注意が必要です。