伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

乳がんの基礎知識

近年、罹患率が急増している乳がん。
ただし、乳がんは治癒率も高いがんです。
そして乳がんと切り離せない治療後の心理的ダメージ。
こうしたケースを防ぐうえでも早期発見のための定期検診がとても大切です。

あなたも危険因子をもっている?

乳腺組織 女性の乳房は、おもに皮下脂肪と、
母乳を分泌するための乳腺組織(乳首と小葉の総称)で構成されています。
乳がんとは、その乳腺組織にできるがんです。
乳がんの罹患率は、戦後から年々増加しており、
現在では、日本人女性の30人に1人がかかるがんといわれています。
なぜ、乳がんがこれほど増えているのでしょう。
乳がんができる原因ははっきりわかっていませんが、
乳がんの発生には、女性ホルモンが深く関わっていると思われます。
近年、女性の結婚年齢が上がり、それにつれて初産も遅くなったり、出産をしないケースが多くなっています。
そして、豊かになった食生活により体格がよくなって、初潮年齢が下がり、閉経年齢が上がってきました。
これらの理由で、女性ホルモンの分泌期間が長くなり、それが乳がん増加の原因になっていると思われます。
女性ホルモンは、閉経前は卵巣から分泌され、閉経後は脂肪でつくられるようになります。
そのため、閉経してから肥満するケースが多いことも、原因の一つといえるでしょう。
20歳代から80歳代まで、乳がんの患者さんの年齢層は幅広くなっていますが、
とくに40歳代後半から50歳代が、目立って多くなっています。
また、乳がんにかかりやすい体質は遺伝するともいわれています。
そうした点から、下表のような条件が、乳がんになりやすい人といえます。
もちろん、こうした条件に当てはまらない方でも、乳がんになる人はいます。

乳がんになりやすいのは…

現在40歳以上の人
閉経年齢が遅かった人(55歳以上)
初潮年齢が早かった人(12歳以下)
現在30歳以上で出産経験がない人
30歳以上で初産だった人
閉経後で太っている人
母や姉妹など家族が乳がんになったことがある人

定期検診…早期発見なら怖くない

乳がんの罹患率が高くなっている一方で、治療技術も日々進歩しています。
あとは、早期発見によって、がんが小さいうちに取り除くことができれば、乳がんは怖い病気ではありません。
20歳を過ぎた女性は生理が終わってから一週間以内に自分で乳房の変化をチェックする「自己検診」を必ずしましょう。
そして30歳を過ぎたら、さらに年に一度は乳がん検診を受け、
できるだけ超音波検査やマンモグラフィ(乳房のX線撮影)の画像検査を行なうことをお勧めします。
乳がんは初期にはほとんど症状がありませんが、しこりなど乳房に変化が現われ自分で見つけやすいがんでもあります。
実際に、乳がんの患者さんの8割が、自分で気づいて受診しています。
自己検診を日ごろからしておけば普段の乳房の状態がわかるので、少しの異変にも気づきやすいという利点があります。
そして、もし異常に気づいたら、検診ではなく検査が必要です。専門医による検査を早めに受けましょう。

乳がん自己検診

閉経前は生理後1週間以内/閉経後は毎月決まった日に

1.鏡に映し、両手を上げたり下げたりしながら、乳房の外見を見る。

2.手の指をそろえて、手のひら全体をやや押し気味にして乳房に当てる。
 中心から円を描くように手のひらを滑らせる。また左右からも滑らせてみる。
 脇の下にも手を入れて確かめる。
 (入浴時に石けんをつけて行なうとやりやすい)

3.仰向けに寝て、背中に座布団やたたんだバスタオルなどを敷く。
 調べるほうの腕を上げたり下げたりしながら、
 2.と同じ方法で確かめ、最後に乳頭をつまんでチェックする。

鏡に映した時…
 左右の乳房の形、大きさに変化はないか
 乳房にえくぼのようなへこみやひきつれはないか
 皮膚に異常はないか
 乳頭にただれがないか
 乳頭の向きが傾いたりへこんでいないか

触った時…
 乳房にしこりはないか
 脇の下(リンパ腺)に腫れやしこりはないか

乳首をつまんだ時…
 分泌物が出ないか

自己検診のポイントは、異変があった時にわかりやすいよう、毎月同じぐらいの時期に行なうことです。

治療法…あわてず冷静に選択する

乳がんの治療は、「外科(手術)療法」を基本に、「放射線療法」と「薬物療法」を組み合わせて進めます。
乳がんの手術というと、「乳房を失う」と思いがちです。
しかし、最近の臨床データによると、大きく切除すれば一概に生存率が高くなるわけではないことがわかってきました。
患者さんの心理的ダメージや、身体的な後遺症の軽減のためにも、
乳房をできるだけ残し、部分的な切除にとどめる「乳房温存療法」が増えています。
乳房温存療法の適応は、一般にしこりが3センチ以下の場合となっています。
ただし、小さくてもがん細胞が周囲に散らばっていたり、
逆に3センチ以上でも放射線・薬物療法で小さくしてから温存療法が可能になることもあります。
また、「乳房切除術」をした場合でも、希望があれば「乳房再建術」を受ける方法もあります。
このように、治療法には選択肢があります。
乳がんは一般的に進行が緩やかなので、
あわてず冷静に現在の病状や今後のライフスタイルなどを考慮し、納得できる治療方針を医師とともに考えましょう。
ただし、乳がんは治癒率が高い一方、転移や再発をしやすいがんでもあります。
そして進行が緩やかな特性から、完治したとされるまでは、術後10年間は経過を見る必要があります。
乳がんの診断は、たいてい患者さん本人に伝えられます。
それは、治療後の外見上の変化が避けられないということもありますが、
なにより、乳がんは治る可能性が高いがんだからです。
乳がんの確実な予防法は今のところありませんが、
だからこそ定期検診が、乳がんに打ち克つための重要課題になるのです。

乳がんの画像検査-超音波とマンモグラフィ

超音波検査

乳房に超音波の発信器を当て、はね返ってくる音波を画像化して診断する検査です。
乳房にゼリーをつけて、器具をその上で滑らせるように行なうので痛みはありません。
乳腺組織としこりをはっきり区別して映しだすので、
乳腺組織が発達している40歳代前半までの人には、マンモグラフィより有効ともいわれます。

マンモグラフィ検査

乳房専用のレントゲン検査です。乳房を上下と左右の2方向から挟んで撮影します。
触診ではわからない小さながんや、しこりをつくらないがんも、鮮明に映しだせます。
撮影時に乳房を圧迫するので、40歳代前半までの人は乳腺が発達しているため、痛みを感じることがあります。

乳がんマメ知識

乳腺組織は男性にもあるので、男性も乳がんにかかる可能性があります。
ただし、その患者数は女性の患者さんの1%ほどです。
男性の乳がんのほとんどは、乳首周辺に発生します。50〜60歳代に多くみられます。

乳房にしこりがあった場合、実はそのほとんどが、乳がんではなく乳腺症などの良性の疾患です。
ただし、自己判断は禁物です。
またその時は良性でも、実際にがんが発生した時に、そのしこりを見落としやすいという危険もあります。
しこりが見つかったらまず検査を受け、以後は毎年、画像診断を含めた定期検診を受けましょう。