伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

高脂血症のここが怖い

最近では、日常的に耳にするコレステロールや中性脂肪という言葉。
でも、そもそもこの2つはどう違うのか、それらが増えるとなぜいけないのか、
などを充分理解している人はそれほど多くないのでは?
そこで、高脂血症という病気の正体に、深く迫ってみることにしましょう。

高脂血症はこうして起こる

全身を巡る血液のなかには、私たちの身体に必要なさまざまな成分が含まれています。
脂質(脂肪分)もそのうちの1つで、
 ・コレステロール
 ・中性脂肪(トリグリセライド)
 ・リン脂質
 ・遊離脂肪酸
の4種類があり、血清脂質とよばれます。
これらのうち、とくに血液中のコレステロールと中性脂肪が必要量よりも増えすぎた状態を、高脂血症といいます。
高脂血症それ自体は、はっきりとした自覚症状がなく、日常生活に大きな支障をきたすこともありません。
しかしその状態が長く続くと、
余分な脂肪が血管そのものに悪影響をもたらし、動脈硬化を引き起こす原因となるのです。
動脈硬化が、心筋梗塞や狭心症、あるいは脳梗塞など、
命にかかわる重大な病気を招くことは、もう皆さんご存じでしょう。
ではなぜ、身体に不可欠な栄養分が、生命の危険をもたらすような病気に結びついていくのでしょうか?
まずはコレステロールと中性脂肪の正体を明らかにするところから、そのメカニズムをみていきましょう。

コレステロール

○身体を構成する細胞膜の主要な材料になる
○副腎皮質ホルモンや性ホルモンの原料になる
○脂肪の消化・吸収を助ける胆汁酸の原料になる

このようにコレステロールは、生きていくうえで欠かすことのできない、たいへん重要な栄養分です。
おもに肝臓で作られるほか、食べ物からも直接摂取されます。
血中コレステロールには、その構造や役割の違いによって、
LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールの2種類があります。
このうち問題になるのは、LDLコレステロールのほうで
血中での量が多くなると血管の壁に沈着し動脈硬化の直接的な原因となります。

中性脂肪(トリグリセライド)

○効率のよいエネルギー源となる
○皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられ、
・予備のエネルギー源となる
・体温を保つ
・外部の衝撃から内臓を守る

私たちの日常的な活動を支えている活力源が中性脂肪です。
おもに小腸や肝臓で作られますが、脂質以外にも糖質が原料となります。
中性脂肪は、直接血管に作用することはありませんが、
量が増えてしまうと反比例してHDLコレステロールが減少するため、
結果的にLDLコレステロールが増加してしまいます。
また、内臓脂肪として蓄えられる分が増えれば肥満となり、高血圧や糖尿病を併発しやすくなります。
これらは動脈硬化の危険因子ですから、その進行に拍車がかかることになるのです。

コレステロールや中性脂肪を多量に含んだ血液を、「ドロドロ血」と表現したりします。
高脂血症になると、血流がスムーズでなくなることに加えて、
このように血管そのものにもダメージを与えてしまうのです。
身体に不可欠な脂質も、増えすぎてしまえば「両刃の剣」となることを覚えておきましょう。

善玉と悪玉? 2つのコレステロール

同じコレステロールの一種でありながら、善と悪?
その理由は、それぞれの役割の違いにあるのです。
LDLが肝臓から全身の細胞にコレステロールを運んでいるのに対し、
HDLは余分なコレステロールを回収して肝臓に戻しています。
高脂血症では、増えすぎたLDLが動脈硬化の原因となるため、LDLを悪玉とよび、
動脈硬化を予防する作用をすることから、HDLを善玉とよんでいます。
しかし両者とも身体に不可欠な成分です。
量が増えすぎてしまったり、バランスが崩れてしまうことが、問題となるのです。

高脂血症の診断基準

一口に高脂血症といっても、どの脂質が多いのか(少ないのか)によって、4つのタイプに分類することができます。
また、高脂血症を診断する場合は、血液に含まれる脂質の値を基準とします。
これらは血液検査によって簡単に判定することができ、一般の健康診断でも必ず行なわれています。

高コレステロール血症

血中コレステロールが多いタイプ。
一般的には総コレステロール値が高い場合【220mg/dl以上】をいうが、
LDL(悪玉)コレステロール値【140mg/dl以上】を基準とすることも多い。

高トリグリセライド血症

中性脂肪の値が高い【150mg/dl以上】タイプ。
アルコールの多飲と内臓脂肪型肥満の影響が大きく、中高年男性に多い。

複合型高脂血症

コレステロールと中性脂肪、両方の値が高いタイプ。
その分、動脈硬化の危険性も高く、また進行も速いといわれる。

低HDLコレステロール血症

善玉であるHDLコレステロールの減少が、
結果的にLDL(悪玉)コレステロールの増加をもたらしているタイプ。
HDLの低さ【40mg/dl未満】が診断の基準となる。

高脂血症から動脈硬化、そして…

動脈硬化のしくみ 「SILENT DISEASE(沈黙の病気)」ともよばれる高脂血症の恐ろしさは、
動脈硬化を引き起こす最大の危険因子だということです。
なかでもLDLコレステロールは、動脈硬化の発生に大きく関与しています。
血液中の余分な脂質が増えすぎると、血管の壁が傷つけられ、
そこからLDLコレステロールが壁の内部に入り込んでしまいます。
どんどんたまったLDLコレステロールは、
やがてアテロームとよばれるジュクジュクとした塊となって、こぶが作られます。
その部分の血管壁は、厚みを増しながら、徐々に硬くもろいものへと変化していきます。これが動脈硬化の仕組みです。
当然、こぶができた部分は血管が狭くなるため、血液の流れが悪くなってしまうのです。
また、こぶを覆う膜は非常に弱く、ちょっとしたことでも破れてしまいます。
すると、そこを修復しようとして血小板が集まり、血栓ができやすくなります。
この血栓がさらに、血管をふさいだり、血流を妨げたりするのです。
このように血液の流れが滞ってしまうと、その先の部分には酸素や栄養が運ばれていかなくなり、
細胞が死んでしまうという事態を招くことになります。
それが心臓の血管に起これば、心筋梗塞や狭心症、脳の血管であれば脳梗塞など、
命を左右する重大な病気の発生へとつながっていくのです。
何の症状もない高脂血症の陰で、
身体のなかではこのような恐ろしい事態が起こっていることを、充分に認識しておきましょう。

高脂血症の予防・改善には、一に食事、二に運動、この2つをポイントに生活習慣を見直していくことが必要です。
また、糖尿病、肥満、高血圧などを併発している場合には、動脈硬化が加速度的に進んでしまう恐れがあります。
これらの状態を含めて、年に1度は定期健診を受け、自己管理に努めることも重要です。
そして、もし異常が発見されたら、
自覚症状がなくても決して放置せず、早めに医師の診断を受けるように心がけましょう。

超悪玉コレステロール?

最近の研究から、悪玉コレステロールのなかでも、
とくに動脈硬化の促進に強く関わっているタイプがあることがわかってきました。
通常のLDLよりも小さい「小型LDL」は、血管壁にも入り込みやすく、また酸化されやすい性質から、
動脈効果の極めて直接的な原因ともいわれています。
この「超悪玉」コレステロールを持ちやすいタイプの人として、

1.中性脂肪値が高い
2.血糖値が高い
3.血圧が高い
4.内臓脂肪型肥満である
5.HDL値が低い

などが挙げられています。
小型LDLについては、医療機関の血液検査で調べることができ、健康保険が適用されます。

高脂血症を予防・改善する7か条

1.食べすぎ・飲みすぎを避ける

エネルギーの摂りすぎは、肥満を招いたり、体内のコレステロールや中性脂肪を増やします。

2.動物性脂肪を摂りすぎない

肉の脂身やバターなどに含まれる飽和脂肪酸は、LDL(悪玉)コレステロールを増やす原因になります。

3.糖分の摂りすぎも禁物

洋菓子やアルコ−ルなどの糖分は、中性脂肪の増加をもたらします。

4.食物繊維、緑黄色野菜、青魚などをすすんで摂る

コレステロールの吸収を抑えたり、動脈硬化を予防する働きがあります。

5.禁煙する

喫煙は高脂血症や動脈硬化の危険因子。

6.ストレスをためこまず、充分な睡眠をとる

ストレスには、コレステロールや中性脂肪を増やす作用があります。

7.ウォーキングなどの運動を1日30分

有酸素運動は、脂肪を減らすのに効果的。