伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

NUDって聞いたことありますか?

「なんとなく胃の調子がよくないんだよな〜」あなたはこんな悩みをおもちではありませんか?
実に日本人の4人に1人が、NUDと呼ばれる慢性的な胃のトラブルを抱えているといいます。
毎日のように続く胃の不快な症状、それは何が原因で、どのように起こるのでしょうか。
また自分の胃を健康に保つためには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

NUDの正体

胃がもたれる、胃が重い、胃が痛い、お腹がはる、胸やけがする、食欲がない、吐き気がする…
こうしたお腹の不快感は、多くの人が日常的に経験するものでしょう。
ところが、それが数日間続き、さすがに不安になって病医院を受診したものの、
「とくに異常はないですね」と診断されるケースが意外に多くあります。
このように、内視鏡検査などで詳しく調べても、炎症や潰瘍といった病変が見つからないにもかかわらず、
さまざまな胃の症状が起こるものをNUDといいます。
これは、non-ulcer-dyspepsiaの頭文字をとった略語で、病気を原因とするのではなく、
おもに胃の働き(機能)が悪くなることで起こる諸症状を指しています。
従来こうしたケースでは、「慢性胃炎」とか「神経性胃炎」などと診断されることが多かったのですが、
実際には炎症のない場合も少なくありませんでした。
また、胃の機能異常が原因というメカニズムが明らかになってきたこともあって、
NUDという新しい病気のとらえ方がとり入れられるようになったのです。
このような病態は、機能性胃腸症、または機能性ディスペプシアと呼ばれることもありますが、
ここではNUDという名称を使っていくことにします。
さて、さまざまな不快感が現われるNUDですが、その症状ごとに次のようなタイプに分けられています。

潰瘍症状型

空腹時や夜寝ている時などに、胃の痛み(みぞおちの辺り)を感じる。
胃酸の出すぎによって起こると考えられている。

運動不全型

胃もたれ、むかつき、お腹がはるといった不快感や、食欲不振、吐き気などの症状が現われる。
胃本来の働きが低下し、食べ物の消化がうまく進まないことが原因。

逆流症状型

胸やけ、酸っぱいげっぷなどがおもな症状。胃酸が食道に逆流することによって起こるといわれる。

NUDは、ストレスや、食べすぎなど食生活の乱れ、食事内容、老化などが引き金となって、
胃の不調が起こるとされています。
では、これらの誘因が、どのような仕組みで胃の機能障害をもたらしているのでしょうか。
それぞれのタイプごとに、具体的なメカニズムを見ていくことにします。

潰瘍症状型

潰瘍症状型 胃・十二指腸潰瘍のような胃の痛みを感じるタイプで、
胃酸(胃液)が過剰に分泌されることが原因だといわれています。
胃酸は食べ物の消化には欠かせないもので、
食事をしている時に活発に分泌されます。
ところが、この仕組みが乱れ、
空腹時にまで多量の胃酸が分泌されてしまうと、
その強い酸性にさらされた胃の粘膜が障害を受け、
痛みとして現われてくるのです。
これが潰瘍症状型の特徴です。
胃酸の出すぎは、おもにストレスによってもたらされています。
胃のもっている消化機能は、自律神経を介して脳がコントロールしています。
胃酸の分泌に関しても、胃に食べ物が入ったという刺激を受け取った脳が、
自律神経に命令を伝えることでスムーズに行なわれているわけです。
ところが脳が強いストレスを感じると、その影響が命令系統の混乱を生み、
結果的に右図のような胃のトラブルが起こってしまうのです。その他、食べすぎによっても胃酸の分泌が促されます。
量が増えれば、その分消化するための胃酸が必要になるからです。
また、肉類、香辛料を多く使ったもの、甘みの強いお菓子なども、胃酸の出すぎを招きます。

運動不全型

NUDのうち、胃の蠕動運動の低下によって起こるのが、運動不全型です。
消化された食べ物を十二指腸へ運ぶ蠕動運動がうまく働かないと、
胃の中に留まる時間が長くなり、胃がもたれる、胃が重いといった症状につながります。
食べすぎやストレスが、その原因としてあげられています。
大量の食べ物が入ってくると、胃はそれに合わせて大きく拡がり、波打つような蠕動運動が起こりにくくなります。
また、消化するのにも長い時間を要するため、オーバーワークとなった胃に不快症状を感じてしまうのです。
同様に、いわゆるダラダラ食いも、胃が休まる暇がなく、結果的に胃の働きを低下させる原因となってきます。
また、胃と密接な関係をもっている脳がストレスを感じた場合も、消化機能がうまく働かないようになります。
蠕動運動が充分起こらなくなったり、胃酸が多すぎたり少なすぎたりして、胃もたれなどの原因となります。

逆流症状型

胃の入り□である噴門は、巾着の口のようになっており、ふだんは閉じて胃から食べ物が逆流するのを防いでいます。
それが、何らかの理由によって胃酸が食道のほうへ逆流してしまうと、
強い酸性の刺激によって焼けるような痛さを感じるのです。これが逆流症状型です。
食べすぎ、刺激物の摂りすぎは、胃酸が多量に分泌されるので、逆流が起こりやすくなります。
またストレスが強いと、空腹時でも胃酸過多になるため、これも逆流の原因となります。
さらに、肥満でお腹に脂肪がたまった人や、前かがみの姿勢を長時間続ける人などでは、
胃が圧迫された状態となり、胃酸が押し出されるようなかたちで逆流しやすくなります。
あるいは、老化によって噴門の働きが鈍くなることも、原因の一つです。

胃を元気に保ちましょう!

症状に応じた薬 / 胃にやさしい生活 NUDの症状は、胃の働きが悪くなることで起こりますから、
それを修復する薬を飲めば、
ほとんどの場合、改善することができます。
ただし、それぞれのタイプによって有効な薬が違ってきますので、
医師や薬剤師と相談のうえで適切な薬を用いるようにしましょう。
また、NUDの原因となるものは、
皆さんの生活改善によって排除することができます。
すでに症状がでている方も、また予防の意味からも、
右図のような点に注意し、
胃へのいたわりをもった生活を心がけることが大切です。
胃の不調を訴えて受診する人の50〜60%は、
NUDに該当するといわれています。
ただしそれは、胃内視鏡などの詳しい検査を経た後で
初めて判明することなのです。
これらの症状は、胃潰瘍、胃炎、胃がんといった
病気の場合にも現われてくるものです。
胃の不快症状が1、2週間続くようであれば、
自己判断をせずに、専門医の診断を受けるようにしましょう。