伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

老人性認知症

「あれ?わしのメガネ、どこに置いたかな…」歳をとれば、どなたにもあるこんな経験。
脳の老化によって起こる「単なるもの忘れ」は、ごく自然な現象です。
ところが一方で、脳の病気が引き金となって起こる「もの忘れ」があります。
今後、高齢化が進むにつれて、その患者数はますます増加の一途をたどります。
ご両親の、あるいは自分自身の問題として、この病気について正しく理解しておきましょう。

認知症とはこんな病気です

もの忘れと認知症の違い 認知症は、脳や身体の病気を原因として、
脳の神経細胞が広い範囲で侵されてしまい、
脳本来の機能が著しく低下した状態のことをいいます。
記憶・判断力などに障害が起こるため、
社会生活を送るうえでさまざまな支障をきたすようになってしまいます。
まず初めに現われるのが「もの忘れ」で、それとともに
「物事に対する興味や関心が薄れる」
「何回も同じ話をする」
などの症状がみられます。
ただしこれは、老化に伴う「単なるもの忘れ」とは様子が違ってきます。
認知症では、体験したことの全体が、すっぽりと抜け落ちてしまうのです。
例えば、朝食のおかずを忘れてしまうのが「単なるもの忘れ」、
朝食を食べたこと自体を忘れてしまうのが「認知症」というように、大きな程度の差があります。
また、「もの忘れ」をしている自覚がないつまり忘れたこと自体を忘れてしまうのも、認知症の特徴といえます。
一見判別しにくいようですが、右図のような違いがあることを覚えておくとよいでしょう。

中核症状と周辺症状 さて、認知症が進行すると、
失禁、徘徊などさまざまな症状が現われてきますが、
これらは誰にでも必ず起こるものではない、
ということをご存じでしょうか?
認知症には、
中心となる本質的な症状(中核症状)と、
そこから付随して起こるいろいろな症状(周辺症状)とがあります。
中核症状は、認知症の患者さんには必ずみられる症状で、
病気の進行とともに悪化していくものです。
それに対して、記憶障害が進んでトイレの場所がわからなくなり、探しているうちに失禁してしまう
というように、周辺症状は中核症状に伴って起こるものです。
病気に対する患者さんの心理面が反映されるといわれ、人によって差があるのが周辺症状の特徴なのです。

老人性認知症の2大タイプ

認知症の原因となる病気はさまざまですが、そのほとんどは
脳の異常な萎縮が引き起こすアルツハイマー型認知症と、
脳の血管障害によって起こる脳血管性認知症の2つが占めています。
最近は、食生活の欧米化や人口の高齢化などの要因によって、
アルツハイマー型の割合が増大するとともに、2つのタイプの混合型とみられる症状も目立ってきています。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症の進行 原因
脳の神経細胞が急激に減ってしまい、
脳全体が萎縮する(小さくなる)ことで障害が起こるものです。
とくに、知的活動に関する大脳皮質と、
記憶をつかさどる海馬が、著しく小さくなっていくのが特徴です。
これは、脳の中の異常なたんぱくが増加し、
老人斑というシミができるためとされていますが、
なぜそのような異常が起こるかは、まだ明らかになっていません。
症状の特徴
いつ始まったかわからない場合がほとんどで、症状はスロープを下るように徐々に進行していきます。
進み方には個人差がありますが、おおむね右図のような経過をたどります。

脳血管性認知症

脳血管性認知症の進行 原因
動脈硬化によって、脳梗塞や脳出血など(脳血管障害)が起こると、
脳に充分な酸素や栄養がいき届かなくなってしまいます。
その結果、脳の神経細胞の一部が死んでしまい、
その部分の機能に障害が現われ、認知症の症状をもたらすのです。
症状の特徴
脳のどの部分に障害が起こったかによって、
症状の現われ方は異なってきます。
例えば、もの忘れは激しいが
むずかしい計算はできるというように、
障害が「まだら」に現われるのも、このタイプの特徴です。
脳梗塞の発症に伴って認知症状が起こるため、
再発のたびに段階的に悪化していくケースが多いようです。
また、めまいや手足のまひなど、神経症状を伴うこともあります。

認知症と向き合い、そして闘う

日常生活への支障や、あるいは介護の問題などもあり、
患者さん本人も周りの家族も、受け入れることが難しいのが老人性認知症です。
初期症状の「もの忘れ」に気づいても、歳のせいと片づけてしまいがちで、受診をためらうケースが多くみられます。
しかしながら、他の病気と同様に、認知症も
早期発見・早期治療が大変重要だということを、充分に理解しておきましょう。
確かに現状では、認知症の完全な治療法は見つかっていません。
それでも、認知症の研究は日々進んでおり、症状の改善に有効な薬や治療法が盛んに開発されています。
例えば、塩酸ドネペジルという薬は症状が軽い早期に服用すれば
アルツハイマー型の進行をある程度遅らせることができます。
脳血管性の場合には、高血圧治療薬や抗凝固薬などを用いて、脳血管障害の再発を予防する方法があります。
また、抗うつ薬や向精神薬などを用いることで、「周辺症状」を軽くすることも期待できるのです。
さらに、患者さんの精神面に働きかけ脳の活性化を促す心理療法も
心の安定を図って行動障害を改善するのに有効な方法です。
いずれの治療法にしても、早期に処置を講じることで効果が大きくなるのは、いうまでもありません。

もう1つ重要な点は、認知症の原因をはっきりさせるということです。
老人性認知症の症状は、
うつ病 / 甲状腺機能低下症 / 慢性硬膜下血腫 / 正常圧水頭症
などの病気が引き金となって起こることもあります。
これらはいわば『治る認知症』で、原因となる病気の治療とともに、症状が治まることがあるのです。
こうしたケースを見逃さないためにも、早期診断の必要性は大きいといえます。

老人性認知症という病気に対する時に一番大切なことは、
必要以上に不安を抱かず、少しずつ受け入れ、そして病気と向き合っていくことです。
下記のような兆候がみられたら、早めに病医院で診断してもらい、適切な治療とアドバイスを受けてください。
そうすることで、少しでも進行を遅らせ、また症状が進んでも穏やかに暮らすことができるように、
患者さんとご家族が一緒になって考え、共に闘うことができるのです。

こんな兆候を見逃さないで!