伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

早期発見、早期治療のための肺がん情報最前線

日本人の死亡原因の第一位をしめる「がん」
そのなかで最も死亡者数が多いのが肺がんで、昨年度は60,000人以上もの方が亡くなり
肺がんは「治療がむずかしいがん」とされてきました。
では、あなたの肺をがんから守るためには何が必要なのでしょうか?
検査と治療法の最新情報をまじえながら、肺がんの実情に迫ってみましょう。

肺がんの分類と症状

肺がんの分類 肺がんには、組織や性質の違いから
腺がん 扁平上皮がん 大細胞がん 小細胞がん の4種類があります。
また、がんのできた部位によって、次の2つに分類されています。
中心型肺がん
 肺の入り口、気管から枝分かれした
 太い気管支の周辺(肺門という)にできるがんを指します。
 喫煙の影響がとくに大きいとされるがんで、
 扁平上皮がんや小細胞がんが多くみられます。
末梢型肺がん
 肺の奥の細い気管支や、
 酸素と二酸化酸素のガス交換を行なう肺胞など、
 肺の末端部分(肺野という)に発生するがんです。
 腺がん、大細胞がんはこの部位にできやすいのですが、
 日本人の場合は圧倒的に腺がんが多くなっています。
一般に、肺がんの初期には、はっきりとした自覚症状がありません。
ただし、中心型肺がんの場合には
比較的早い時期からしつこい咳や痰、血たん、発熱などの症状が現われることもありますが、
ありふれた症状だけに、肺がんが見逃されてしまうケースがとても多いのです。
一方、末梢型肺がんでは、かなり進行した後になってから、
咳や痰などの症状のほか、胸の痛み、息苦しさなどが起こります。
このように肺がんは、症状だけで早い段階に気づくことはなかなか困難です。
そのためにも、定期的ながん検診によって早期発見に努めることが、とても重要な意味をもつのです。

積極的にがん検診を受けよう

肺がんの定期検診は、痛みを伴うこともなく手軽に受けることができます。
中心型肺がんでは、症状として現われるたんの中に
がん細胞が混じっているかどうかを調べることで、早い時期にみつけることが可能です。
これは喀痰細胞診とよばれる検査で、朝起きてすぐのたんを2〜3日間続けてとるだけと、方法はとても簡単です。
また、症状のでにくい末梢型肺がんは、肺の末端部分にできるため、
胸部エックス線検査の画像によって発見することが可能です。
このように、がんのできた部位によって有効な検査法が異なるため、
一般に肺がん検診は胸部エックス線検査と喀痰細胞診の2つをセットにして行なわれます。
最近では、CT(コンピュータ断層撮影)検査をとりいれ、より詳細な検査が実施される場合もふえています。
身体をらせん状にエックス線撮影するヘリカルCTは、その最新の技術です。
がん年齢といわれる40歳を過ぎたら、1年に1度は肺がん検診を受けることをお勧めします。
とくに最大の危険因子である喫煙者で、年齢が50歳以上、喫煙指数が600を超える方は
肺がんのリスクを充分に認識し、検査を受ける必要があります。
その他、
 ◆喫煙指数が400以上の人
 ◆6か月以内に血たんが出た人
 ◆家族にヘビースモーカーがいる人(受動喫煙の可能性)
 ◆重クロム酸、石綿などを取り扱う業務に従事する人
なども積極的に検診を受けるようにしましょう。

喫煙指数とは?

喫煙指数 = 一日に吸うタバコの本数 × 喫煙年数
600以上の人は高危険度グループ
※喫煙開始年齢が若い、タバコを深く吸い込む等でも危険率はアップ!

進む検査法

肺がんの進行度 肺がん検診で疑わしい結果がでた場合には、
さらに詳しい検査によって診断をします。
気管支鏡検査は、気管支まで内視鏡を送り込み、
画像に映しだしてがんの発生場所や広がりを特定します。
と同時に、疑わしい部分の組織を採取して、
がん細胞の有無を調べることができます。
最近では、特殊な光線を発する器具をとりつけた
蛍光気管支鏡検査が開発され、
はっきりした異常が認められないごく早期のがんも、
発見できる可能性が高まってきました。
気管支鏡の届かない末梢型肺がんの場合などには、
胸の外から針を挿入して細胞を採取する針生検などを行ない、
がんの細胞を検査します。
その結果、肺がんが発見された場合には、
今後の治療方針を決定するため、
さらに進行度や転移を調べる検査が行なわれます。
 ●CT検査
 ●MRI(磁気反響画像)検査
 ●腹部超音波(エコー)検査
 ●腫瘍マーカー
 ●骨シンチグラム
など、検査法の発達によって、がんの姿がより的確にとらえられるようになっています。
近年注目されているのは、PET(陽電子放射断層撮影)とよばれる新しい検査法です。
放射性物質にブドウ糖を含ませ体内に注射し、
がん細胞がブドウ糖をとり込むのをキャッチして画像に映しだすもので、
腫瘍が悪性か良性かをある程度判断することができます。
CT検査との併用によって、小さながん細胞や転移の発見に有効だとされています。

さまざまな治療法

治療に際しては、がんの型、進行度、患者さんの健康状態などを総合的に判断し、
さまざまな方法を組み合わせることで、より効果的な処置が選択されます。
■手術療法…
扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんの1,2期では、手術でがんを取り除く外科療法が基本となります。
左右の肺には、肺葉とよばれる5つのブロックがありますが、
手術療法では、がんのある肺葉全体と、周辺のリンパ節を切除する肺葉切除術が標準的です。
検査法の発達によって、転移の可能性の低い、ごく初期のがんが発見された場合には、
周辺部分だけを切除する縮小手術が検討されることもあります。
また、胸に小さな穴を数か所開け、そこから内視鏡や手術道具を入れて行なう胸腔鏡手術も可能になっています。
どちらも身体への負担が軽減される手術法であり、
治療対象や再発の可能性など、今後のさらなる研究が期待されている分野です。
■放射線療法…
転移の速い小細胞がんや、進行して手術の適応がむずかしいがんなどの治療に用いられます。
高エネルギーの放射線を照射して、がん細胞をたたく治療法です。
機械から放出して身体の外側からあてる方法のほか、
内視鏡に照射装置をつけて気管支に挿入し、がんに直接あてる方法もあります。
また最近では、多方向から放射線を集中させる定位放射線療法や、
陽子線や重粒子線を患部にだけ照射する粒子線療法も開発されています。
■化学療法…
抗がん剤を使って、がん細胞の増殖を抑えるものです。
通常は何種類かの薬を組み合わせ、点滴や注射によって投与します。
近年では、がん細胞だけに作用する抗がん剤として分子標的薬の開発が進められています。
しかしながら、日本で認可された薬剤では、重篤な副作用によって死亡した患者さんが多数にのぼり
その安全性、有効性について、より一層の研究・開発が強く望まれるところです。
一方で化学療法は、放射線療法と併用したり、手術前にがんを小さくする、また手術後の再発を防ぐなど
他の治療法と組み合わせる集学的治療で効果を発揮することも明らかになってきています。
その他、レーザー療法、免疫療法、ワクチン療法、遺伝子治療など、
最新の治療法の研究・開発が盛んに進められています。

今後も患者数の増加が予想されている肺がん。

予防の決め手は、何といっても禁煙です。
タバコをやめたその日から、肺がんのリスクは着実に低下していきます。
ご自身のため、ご家族のため、一日でも早く禁煙することをお勤めします。
そのうえで、早期発見・早期治療のために定期検診を心がけ、肺がん対策に万全を期すことが重要です。