伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

あなたの呼吸をおびやかす 慢性閉塞性肺疾患(COPD)が危ない

「百害あって一利なし」タバコはさまざまな病気の原因となります。
とくにCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は、患者さんの90%が長年の喫煙者であり、
別名「タバコ病」と呼ばれるほど、その関係は密接です。
じわじわと呼吸機能がむしばまれ、死に至る場合もあるCOPD。
それでもあなたは、タバコを吸い続けますか?

COPDという病気

私たちは、呼吸によって、体内に必要な酸素を取り入れ、また不要になった二酸化炭素を排出しています。
この「ガス交換」を行なっているのが、肺の中にある肺胞という小さな組織で、
気管支の末端にぶどうの房のような形で集まっています。
ところが、タバコの煙など有害な物質を日常的に吸い込んでいると、
肺に慢性的な炎症が起こって、徐々に呼吸がしにくい状態になってしまいます。
具体的には、空気の通り道である気管支が細くなったり(A)
肺胞の壁が破壊されてガス交換が充分にできなくなり(B)
息切れや呼吸困難などの症状が現われるようになってきます。これがCOPDという病気の正体です。

以前は、(A)を慢性気管支炎、(B)を肺気腫と区別していましたが、
原因が共通していることや、合併して起こるケースが多いため、現在ではCOPDと総称しています。
代表的な症状は、せき、たん、身体を動かしたときの息切れなどで、
多くは40歳以降に発症し、ゆっくりと悪化していきます。
これらの症状は、タバコを吸う人にはよくみられるものであり、
また年齢のせいとついつい軽く考えがちで、病気であることに気づかない場合がほとんどです。

しかし、治療を受けずに喫煙を続けていると、
ついには呼吸困難から呼吸不全を起こし、日常生活でも酸素吸入が必要なほど病状が悪化していきます。
最悪、死に至るケースもあるのです。
残念ながら、COPDによって破壊された肺は、元に戻すことはできません。
だからこそ、早めに検査を受け、進行をくい止めるための治療を始めることが何より大切なのです。
COPDは、喫煙者の7人に1人の割合で発症するといわれています。
下のチェックリストで、3項目以上当てはまる場合は、
早めにかかりつけ医に相談するか、呼吸器の専門医を受診するようにしましょう。

COPDのチェックリスト

・40歳以上である
・現在タバコを吸っている、または、以前にタバコを吸っていたことがある
・かぜでもないのによくせきが出る
・かぜでもないのによくたんが出る
・同年代の人に比べて息切れしやすい
・かぜをひきやすく、また、ひくと治りにくい

COPDは簡単に検査できる

COPDは、おもに肺機能検査と画像検査によって診断されます。
検査には保険も適用されるので、40歳以上で長年喫煙している中高年の人は、
自覚症状がなくても積極的に検査を受けるようにしましょう。

肺機能検査

スパイロメーター スパイロメーターという検査機器を使って、簡単に測定することができます。
マウスピースをくわえ、息をいっぱいに吸い込んだところから一気に吐ききって
肺活量や、息を吐く時の空気の通りやすさを調べる検査です。
COPDはとくに、息を吐き出す力が低下するため、それを数値化して診断に役立てます。

画像検査

COPDが重症化すると、胸部エックス線検査の画像で、肺がひと回り大きく、黒く映るようになります。
これは、肺のガス交換の機能が衰え、
吸い込んだ空気を吐き出しきれずに、それが肺の中にたまっているからです。
またCT検査によって、気管支や肺胞の壁がどの程度破壊されているかといった
さらにくわしい肺の状態を見ることができます。

あなたの呼吸を守るために

COPDの治療は、あくまでも症状を軽減したり、進行をくい止めるために行なわれるものです。
患者さんの重症度に合わせて、治療法をプラスしていくのが一般的です。

COPDの進行度と治療
進行度呼吸困難の程度検査値治療法
リスク群 同年齢の健康な人と同じように動作ができる
慢性的にせき、たんが出る
異常なし 禁煙
軽症 同年齢の健康な人と同様に歩行はできるが
坂・階段で歩調が遅れる
異常 + 薬物療法
中等症 平地でも健康な人より歩調が遅れ
自分のペースでないと歩けなくなる
異常 + 呼吸リハビリテーション
重症 休みながらでなければ、短い距離でも歩けなくなる 異常
最重症 会話・衣服の着脱など日常動作でも息切れがする
息切れのため外出できない
異常 + 酸素療法
+ 手術療法
禁煙は絶対条件

年齢とともに肺機能は下がっていくものですが、喫煙者の場合は急激なカーブを描いて低下していきます。
長年タバコを吸ってきた人は、
「今さら禁煙しても…」と考えがちかもしれませんが、それは大きな間違いです。
たとえどの段階であっても、禁煙は、COPDの最も効果的な治療法なのです。
事実、禁煙した時点から、呼吸機能の低下速度は、非喫煙者とほぼ同じになることがわかっています。
まず、治療の意志をしっかりもって、スッパリと禁煙しましょう。
病院の禁煙外来や禁煙教室を利用するのも、よい方法です。

薬物療法

基本となるのは気管支拡張薬です。
炎症を起こして気道がせまくなっている気管支を拡げ、呼吸を楽にして、息切れの症状を和らげます。
錠剤や貼り薬などもありますが、直接口にスプレーする吸入薬が効果的です。
毎日使う長時間型や、息苦しい時に用いる短時間型などがあり、
症状によって組み合わせて使用することもあります。
その他に、たんを出しやすくする去たん薬や、
気管支の炎症を抑えるステロイド薬なども、必要に応じて用いられます。

呼吸リハビリテーション

残された肺の機能を最大限に生かすため、日常生活上のトレーニングを行ないます。
下図のような理学療法は、呼吸を楽にするための訓練で、生活の質を高めるのに役立つものです。
また適度な運動は、呼吸に関する筋肉を鍛えられるので、
ウォーキングなどの運動療法もリハビリの一環となります。
その他、たんを出しやすくする訓練や、体力低下を防ぐ栄養指導なども含めて
患者さんの生活全体をバックアップするための治療です。
呼吸リハビリテーション

酸素療法

COPDが重症化すると、体内に酸素がうまく取り人れられず、
低酸素血症の状態になり、心臓にも大きな負担がかかります。
こうした場合に行なわれるのが酸素療法です。
症状が安定している患者さんは、在宅での酸素療法が可能ですし、
また携帯用のボンベを使用すれば、外出や旅行に出かけることもできます。

手術療法

COPDによって膨張した肺の一部を切除し、呼吸時の負担を軽くする目的で行なわれます。
ただし、数年は効果が持続するものの、
いずれは手術前の状態に戻り、根本的に治療するものではありません。