伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

不快な慢性の腰痛を解消しよう

「病院に行くほどではないけど、毎日腰が重くて…」
あなたはこんな悩みをおもちではありませんか?
日本人の腰痛人口は、約1000万人といわれますが、大半はこうした慢性の腰痛を抱えているケースのようです。
そこで、今日からできる腰痛の対処法をご紹介します。

慢性の腰痛は身近な原因から

ひと口に腰痛といっても、その原因はさまざまです。
椎間板の一部が飛びだし、神経に触れることで痛みが起こる椎間板ヘルニアや、
神経の通り道である空間が狭まって神経が圧迫される脊柱管狭窄症などは、
腰痛が起こる代表的な病気といえます。
これらは、腰椎や椎間板に明らかな異常が認められる、いわば原因がはっきりしているタイプです。

ところが、病医院を受診してエックス線検査などを受けても、
腰椎や椎間板にはっきりとした異常が発見されない場合があります。
こうした原因不明のタイプを腰痛症とよびます。
腰痛症には、鈍く重苦しい痛みが長期的に続く慢性の腰痛症と、
急激に痛みが襲う急性腰痛症、いわゆるギックリ腰とがあります。
いずれも、程度の差はありますが、
姿勢の悪さや筋肉の疲労、老化や運動不足からくる筋肉の衰え、腰に負担がかかる動作
などによって起こると考えられています。

慢性の腰痛はこんな原因から

また肥満も、腰痛症の原因となります。
立った時に、お腹を突きだして背中をそらせる姿勢になりやすく、腰への負担が大きくなるからです。
その他、精神的なストレスなども引き金になるといわれています。
とくに慢性の腰痛症では、痛みが強い時期と弱い時期を交互にくり返す場合が多いのですが、
それぞれの時期に応じた自己管理をするだけでも、かなり痛みを軽くすることができます。
ただし、腰痛症かどうかは、専門医を受診し、検査を受けたうえで診断されるものです。

他の病気が原因なら、もちろん対処法も変わってきますし、また内臓の疾患が原因となることもあるのです。
腰に痛みを感じたら、原因や病名をはっきりさせるために、まず整形外科を受診するようにしましょう。

痛みをを改善し、予防する工夫

痛みが強い時は、安静にすることが第一です。
必ずしも横になっている必要はありませんが、痛みをがまんして動くのは避けるようにします。
市販の内服薬(鎮痛剤)や湿布などの外用薬を用いたり、コルセットで腰を安定させるのもよいでしょう。
湿布は冷湿布でも温湿布でも、気持ちよく感じるほうで構いません。
ただし、3日たっても痛みが治まらず、生活に支障がある場合は
腰痛症以外の病気も考えられるので、早めに病医院を受診しましょう。
痛みが軽くなってきたら、様子をみながら活動量を増やしていきます。
あまり動かないでいると、逆に筋肉や関節の動きが悪くなってしまい、腰痛の再発を招くからです。
その際には、姿勢や動作の仕方などで、なるべく腰に負担をかけないように心がけましょう。

日常生活で正しい姿勢を

慢性の腰痛を抱えている人の多くは、姿勢が悪いために痛みが起こっているケースだといわれます。
「立つ」「座る」などの姿勢に気をつけるだけでも、腰への負担はとても軽くなります。
再発を予防するためにも、日常生活のなかで常に注意を払うようにしましょう。
さらに、入浴時は湯に浸かって腰を温めたり、また肥満を解消することも、腰痛の予防、改善には効果的です。

腰痛体操で腰をしっかり守ろう

老化や運動不足などによって筋力が落ちてくると
腰の骨をしっかりと支えることができず、腰痛の原因となります。
そこでお勤めしたいのが、腰痛体操です。
まずはストレッチで筋肉をほぐし、腹筋や背筋を強化する筋力トレーニングを組み合わせて行ないます。
朝と夕方の1日2回(できれば朝・昼・夕の3回)、疲労感が残る程度の回数(5〜10セット)にとどめ
決して無理をせず、できるものだけでも構いません。
息を止めたり勢いをつけたりしないで、深呼吸をしながらゆっくりと身体を動かしましょう。
適度な固さの畳やカーペットの上で行なうと、効果的です。

もちろん痛みの強い時は避け、運動中に痛みを感じたら、すぐに中止してください。
また腰痛体操は、痛みの原因となる病気によっては、逆効果になる場合があります。
骨の弱っているお年寄りや、現在治療中の人は、体操を始める前に、必ず医師の指導を受けるようにします。
腰は鍛えながら守る。そんな前向きな気持ちで、不快な腰痛に立ち向かいましょう。

手軽にできる腰痛体操