伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

もっと増えていく病気 パーキンソン病

パーキンソン病という名称を聞いたことがある人は多いでしょう。
そして、難病指定されている病気だということも、よく知られています。
しかし、本当にパーキンソン病のことをご存じでしょうか?
この病気になることはまれだとか、発症してしまったら寝たきりになる…なんて思っていませんか?
パーキンソン病についてそんな思いこみがあったら、ここでぜひ改めてください。

パーキンソン病と脳

私たちが、考えたり感じたり身体を動かしたりするのは、
すべて脳からの指令があるからできることです。
脳からの指令、つまり情報の伝達は、神経伝達物質によって行なわれています。
その神経伝達物質は、50種類以上あると確認されていますが、
その一つに、運動機能を調節するなどの働きをもつ「ドパミン」という物質があります。 ドパミンは、脳の中でも脳幹部の、黒質という部分で作られています。
黒質の神経細胞が放出したドパミンを、
大脳の線条体という部分にある神経細胞が受け取り、
全身の運動機能が働くようになっているのです。
パーキンソン病では、黒質の神経細胞が減少するため、
ドパミンが作られなくなり、神経間の情報(ここでは運動をするための指令)がうまく伝達できなくなります。
そのため、運動障害などパーキンソン病特有の症状が現われます。
パーキンソン病のメカニズムは、このように解明されてきましたが、
なぜ黒質の神経細胞が減少するのか、という原因についてはいまだ不明です。

パーキンソン病の発症率

このように、パーキンソン病は脳の変性によって起こる、脳神経系の病気です。
日本では現在、10万人当たり100人前後、
つまり1000人に1人の割合で患者さんがいるといわれています。 しかし、この病気は50〜60歳代の中高年に発症しやすく、
年齢層を65歳以上に限ると、その割合は500人に1人となります。
この数は、中高年に多い病気の一つと言っても過言ではありません。
同じく脳の変性によって起こる病気で、最も多いのはアルツハイマー病ですが、
パーキンソン病はその次に発症頻度が高くなっています。
パーキンソン病の発症は、20〜80歳代まで幅広い年齢でみられますが、
40歳以下で発症した場合は、若年性パーキンソン病とよびます。
患者数に男女の差はありません。
人口の高齢化が進むにつれ、今後はさらに患者数が増加することが予測されています。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病にはさまざまな症状が見られますが、まず運動機能の異常が特有の症状です。
これには「4大症状」といわれる、次のようなものがあります。

振戦

振戦 身体の一部、おもに手足が震えることです。
この震えは、静止している時に多くみられるのが特徴で、
何か動作をすると弱まったり消えたりします。
人によっては、親指と他の指をすり合わせるような動き
(丸薬を丸めるような)を示すこともあります。
初期は、身体の左右片側から震えが始まります。

筋固縮

筋固縮 筋肉が固くこわばっていることです。
関節がうまく動かせなくなり、患者さんが力を抜いた状態で、
人が手足を曲げ伸ばししてみると、歯車がかみ合うような抵抗感があります。

無動(または動作緩慢)

無動(または動作緩慢) 動作が遅くなることです。
すべての動作がスローモーションのようにゆっくりとなり、歩き方も歩幅が狭くなります。
顔の表情も乏しくなり、まばたきが少なくなります。
字を書いていると、だんだん字が小さくなってくる様子も見られます。

姿勢反射障害

姿勢反射障害 身体が傾いたりすると、
反射的に姿勢を立て直すのがむずかしいことです。
歩いている時に転びやすくなり、
またいったん歩きだすと身体が前のめりになって小走りになり、
すぐに止まったり方向転換ができないことも、よく見られます。

その他の症状 これらの症状から、パーキンソン病の患者さんには、
前かがみで歩幅が狭く、すり足という独特の歩き方が見られます。
また、移動する時の始めの一歩がなかなか踏み出せない、すくみ足という現象も見られます。 さて、ここまでの症状は運動機能の障害によるものですが、
パーキンソン病には自律神経の障害による症状もあります。
最も多いのは、便秘です。
また、皮脂分泌の異常によって、顔面に大量の皮脂が分泌されることもあります。
さらに、よだれがとまらなくなったりしますが、
これは、唾液を飲みこむ運動機能が低下することも原因といわれています。
また、立ち上がった時に急に血圧が下がって立ちくらみを起こす、
起立性低血圧が見られることもあります。
さらに、最近では3人に1人は抑うつ症状があるといわれます。
これは、病気そのものから起こる場合もあり、
また長い闘病生活によって気が滅入ったり、薬の副作用によって現われることもあります。
ただし、パーキンソン病の症状や進行の度合いは個人差が大きく、
ここで挙げた症状がすべて現われたり、進行するわけではありません。

パーキンソン病の治療

ドパミンを作りだす神経細胞は、一度壊れてしまうと再生することはできません。
したがって、足りないドパミンを薬で補う薬物療法が、治療の基本になります。
パーキンソン病のさまざまな症状に適応した薬があるので、
患者さん一人ひとりに合った組合せや飲み方を選ぶことができます。 しかし、パーキンソン病の治療は長期になるので、
何年も服用を続けていると、副作用や薬の効き方が悪くなることが起きてきます。
そんな時は、副作用に対処する薬を組み合わせたり、
服用するタイミング、量などを調節することで改善していきます。
服用をためらわずに、なんでも主治医に相談していくことが、治療を続けるうえで最も大切なことです。
ただ、どんなに薬の飲み方を工夫しても、症状が改善されないケースもあります。
その場合は、手術療法という選択肢もあります。
ただし、手術療法も症状を改善することが目的で、残念ながら根治することはできません。
近年主流になってきたのは、異常を起こしている脳の神経核に電気刺激を与える脳深部刺激療法です。
この手術は、脳の刺激を与える部分に電極を挿入し、
これと電線でつながれたパルス発生器を胸部に埋めこむもので、頭部と胸部の2回に分けて行ないます。
今後は、この手術療法が増えていくと思われますが、
高度な技術を要する手術なので、現在行なえる医療機関は、まだ多くはありません。
また手術療法は、だれにでも適応するわけではなく、手術をしても効果が期待できないタイプもあります。

パーキンソン病とのつき合い方

パーキンソン病は、多くの病気のなかでも、非常に研究が進んでいる領域に属しています。
現時点では完治する方法はまだありませんが、
薬物療法だけでも、症状の改善、進行を遅らせるといった治療効果は、飛躍的に進歩しています。
したがって、現在パーキンソン病は、ほとんど天寿をまっとうできる病気になっています。 患者さんは、自分に合った治療法を見つけ、
前向きな気持ちをもつことで、上手に病気とつき合っていくことができます。
たとえば旅行が好きな方なら、進行具合にもよりますが、海外旅行をすることも可能です。
むしろ、好きなことをしていると、適度に脳が刺激されるせいか、
いつもよりスムーズに身体が動くという人もいます。
できるだけこれまでのライフスタイルを変えず、楽観的に考えることが、パーキンソン病とつき合っていくコツです。

間違えやすいパーキンソン症状

パーキンソン病と診断する基準の一つは、
先に述べた「4大症状」のうち2つ以上があることです。
しかし、このような症状は、パーキンソン病以外の疾患や薬の副作用でも現われることがあります。
これは、パーキンソン病の治療では改善しないので、パーキンソン症候群として区別します。
したがって診断には、脳の画像診断をはじめ、
服用している薬はないか、パーキンソン病の薬で症状が改善するか、という条件をすべてそろえて鑑別します。
実は、パーキンソン症候群をきたす疾患や薬の副作用は、下記のように意外に多くあります。 おもな疾患…脳血管障害・脳炎・その他脳変性疾患など
おもな薬物…抗うつ剤・抗不安薬・降圧剤など