伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

更年期 を前向きに過ごそう

誰にでもやってくる更年期

「更年期」といわれる期間は、女性の場合、閉経の前後5年ずつ、約10年間をさします。
閉経の時期は個人差がありますが、平均的には50歳前後なので、一般に40代後半から50代前半が更年期とされています。
男性の更年期は、女性の年代よりやや遅めにくるといわれています。

更年期の主な症状 更年期とは、
身体の中で、性ホルモンの分泌の減少という
変化が始まる時期をいいます。
女性なら女性ホルモン、
男性なら男性ホルモンが、
卵巣または精巣で、
これまでのような量が分泌されなくなります。 性ホルモン(以下、ホルモン)が
血液中に少なくなると、
身体のさまざまなところで不具合が生じてきます。
ときに、その不具合が、
日常生活に差し支えるほど苦しい症状となって、
現われることがあります。
これが更年期障害です。
男性の場合は、女性の閉経のような劇的な変化はなく、
ホルモンの減少はゆるやかです。
しかし、加齢による身体の機能低下や、
社会的立場の変化、それに伴うストレスなどが重なって、さまざまな不調が現われることがあります。
更年期は誰にも平等に訪れるものですが、更年期障害は、誰にでも現われるわけではありません。
人によっては「若い頃とは違うな」という程度の自覚しかないこともあります。
このような個人差があるのは、更年期障害がホルモンの減少のような身体的要因だけでなく、
環境的要因(生活環境、ストレス)、心理的要因(個人の性格など)が複雑にからみ合って起こるからです。
更年期障害の症状は、非常に多様で、その多くは自律神経失調症状といわれる症状です。
右図のように、ホルモンの減少が脳の下垂体を常に刺激するため、自律神経の働きが乱れて、現われます。
また皮膚や粘膜の乾燥など、ホルモンの減少自体が引ぎ起こす症状も多岐にわたります。

診断を受けて心を軽く

単独の自覚症状が強い時は、症状に合った診療科目
(うつ症状には心療内科、動悸なら内科、関節痛なら整形外科、勃起障害や頻尿は泌尿器科など)
を受診してみてもよいですが、
症状が複数あると、それぞれの診療科目を受診して、時間と手間がかかってしまうようなケースもあります。
年齢や症状が該当するようなら、更年期障害かどうかを調べてみるとよいでしょう。 更年期障害の検査では、おもに血液検査や問診を行ない、他の病気はないかも調べます。
女性は婦人科や女性外来を、男性は、最近増えつつある男性更年期外来が近隣にあれば、そこで受けられます。
更年期は、生活習慣病をはじめ、いろいろな病気にかかりやすい年齢でもあります。
大きな病気が隠れていたりする例もありますので、この機会に、全身の検査をしておくとよいでしょう。
他の病気が見つからず、更年期障害とわかれば、むしろ気が楽ともいえます。
更年期は、必ず終わるものだからです。
しかし、いずれ治るだろうといっても、
重い症状によってQOL(生活の質)が低下するような場合は、症状の改善に向けた治療をすることが賢明です。
もし、本人ががまんできるとしても、周囲の人や家族にとってストレスになることもあります。
人間関係がもつれたり、仕事でミスが増えたりすると、これが要因となって、さらに症状が悪化する場合もあります。
更年期は、この後に訪れる老年期を元気に送るための準備期間です。
検査をしたり生活習慣を修正して、健康状態を整えておく機会だととらえましょう。

自分に合った乗り切り方で

更年期障害の治療は、症状や体質によって、自分に合った方法を選ぶことが大切です。
薬物療法だけでなく、日常生活でセルフケアをしたり、
食生活を変えてみるという方法も、効果が現われることがよくあります。

ホルモン補充療法

減少したホルモンを、薬で補う治療法です。
これによって、ホルモンの減少のために起こる多くの症状を改善することができます。
これまで、ホルモン補充療法は、子宮がんや乳がんの発症率が高まるなどの副作用が心配されてきました。
しかし最近は、ホルモン製剤の種類を調整することで、子宮がんのリスクはほぼなくなっています。
乳がんについては、定期的に検査を受ける必要がありますが、
これも発症リスクになる心配はほとんどないことがわかってきました。
ただし男性の場合は、前立腺がんを誘発するリスクが伴うので、必ず定期検診を受けながら行ないます。 ホルモン補充療法は、症状が重い更年期障害には、最も効果を上げている治療法で、薬の開発も進んでいます。
ただし、ホルモン補充療法を受けられない、または受けるには注意が必要な人がいます。

受けられない人

脳梗塞、心筋梗塞、静脈血栓症、乳がん、子宮体がんを
発症したことがある、または治療中の人など

受ける時は注意が必要な人

卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫、胆石、肝臓病、糖尿病を
発症したことがある、または治療中の人など

副作用の心配は以前よりもずっと少なくなりましたが、
治療を選択する際は、詳細なメリットとリスクをきちんと理解しておきましょう。

その他の治療法

ホルモン補充療法を受けるには抵抗がある、あるいは受けられない、
というような人には、他の薬物療法もあります。
自律神経調整薬、抗うつ薬・精神安定薬、漢方薬など、症状に合わせた薬が処方されます。
また、カウンセリングによって心理面の安定を図る医療機関も増えています。

生活習慣を見直す

医療機関での治療を受けても受けなくても、
生活のなかで体調を整える工夫(下記)は、ぜひ実行してください。
生活習慣を変えただけでも、症状が軽くなったという例も多くあります。
くれぐれも無理をせず、気分転換のつもりで始めましょう。
更年期障害が起こる時は、身体がホルモンバランスの変化に慣れず、混乱している状態なのです。
ゆっくり休息をとって、安定する時を待ちましょう。

更年期からの食生活

大豆製品は毎日摂る とくに女性には、大豆のイソフラボンが
女性ホルモンと似た働きをするので、1日2品以上食べるようにしましょう。 ※イソフラボンの過剰摂取は、身体に悪影響を及ぼすことがあります。
サプリメントで補う人は、充分注意しましょう。
できるだけ、食べ物から摂取することをおすすめします。

カルシウムを多く 女性は骨粗鬆症が起こりやすくなるため、意識してカルシウムを摂りましょう。

ビタミン類を多く 白米を雑穀米にするなど、手軽にできるところから改善。

三食を規則正しく 体調が悪くても、食事の時間には少しでも食べるようにして、
生活のリズムを大切にしましょう。

更年期からの生活習慣

運動を習慣にする 運動療法が治療法にあるほど、更年期障害には運動が効果があります。
指導者がいる教室に通っても、一人でできる運動でも、
とにかく続けられる運動を習慣に。

相談相手を見つける カウンセリングという療法もあり、効果が得られるケースがあります。
専門機関でなくてもよいので、
同世代の友人や、先輩など、心の内を相談できる人をもっておきましょう。

自分にやさしく これまで、子どもや夫のために使っていた多くの時間を、
自分の楽しみのために使いましょう。
自分の仕事の限界は遠慮なく家族に話し、助けや協力を求めましょう

リラックス法を見つける 瞑想、アロマテラピー、散歩など、自分に合ったリラックス法を見つけましょう。
それを機に、新しい趣味や友人ができるということもあります