伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

男と女の「頻尿」事情

「トイレが近い」=頻尿の悩みは、
恥ずかしさから口にしない人が多いのですが、実は男女を問わずとても増えているのです。
なぜ頻尿という症状が現われるのでしょう?治せるの?治すべきなの…?
今回は、頻尿を起こすメカニズムと、治療法についてのお話です。

頻尿は治すべき?

頻尿とは、文字どおり「頻繁に排尿する」ことですが、どれくらい頻繁だと頻尿というのでしょう。
まずは、一般的な排尿回数を考えてみます。
膀胱は、伸び縮みする風船のような構造になっていて、成人の場合およそ300〜400ccの尿を溜めることができます。
100〜150cc溜まると軽い尿意を感じ、200cc以上になると、早くトイレに行きたくなります。
トイレに入って準備ができると、膀胱が収縮して尿が排出されます。
一般に、成人の一日の尿量は1000〜2000ccで、一日の排尿回数は、起きている間が5〜7回、睡眠中はO〜1回程度です。
つまり、起きている間に8回以上、睡眠中に2回以上、
一日の合計で10回以上、排尿する場合は、頻尿だといえるでしょう。 また頻尿といっても、昼間は多いが夜間睡眠中はトイレに行かないもの、
夜中だけトイレに行きたくなるもの(夜間頻尿)、
そのどちらもあるものなど、人によって症状が違います。
頻尿といえる回数でも、治療をするべきかどうかは、個人のライフスタイルによります。
トイレが気になって外出や仕事に差し支えるようであれば、積極的な治療が必要です。
たとえば、排尿の間隔が1時間以内という短さなら、
外出も不便になり、精神的に不安感が伴うようになってしまうでしょう。
すると、日常の行動が制限され、生活の質(QOL)が著しく低下しますから、
早めに治療を開始することをお勧めします。
放置しておけば、心身の負担が重くなり、症状も悪化する一方です。
頻尿の原因はいろいろありますが、背後になんらかの病気が隠れている場合があります。
しかし、原因となる疾患がないのに起こる頻尿もあります。
頻尿のケースによって治療法は違いますから、まずは、恥ずかしがらずに医師に話してみましょう。

多くの頻尿は過活動膀胱

「突然、抑えられないほどの強い尿意が起こり、がまんすることが困難」という症状を、尿意切迫感といいます。
また、この尿意切迫感に伴って、頻尿や失禁が起こる状態を、過活動膀胱といいます。 過活動膀胱の患者数はおよそ800万人と推定され、
40歳以上の男女の約12%にその症状がみられたという調査結果があります。
過活動膀胱は、男女の差はなく、頻尿のもっとも多い原因となっています。
過活動膀胱は、通常溜められるくらいまで尿が溜まっていないのに、
勝手に膀胱が収縮を始めるため、突然強い尿意が起こります。
通常は、膀胱に尿が溜まると、その圧力が信号となって脳に送られ、
脳が排尿するかがまんするかという判断をし、膀胱や尿道の動きをコントロールします。
しかし過活動膀胱では、このコントロールがうまくできていません。
膀胱が興奮しやすい状態にあり、過剰に活動したり収縮してしまうために、尿意切迫感が起こります。
これによって、時にはトイレが間に合わず、失禁することがあると(切迫性尿失禁)、
その経験が尿意への不安感を増長させます。
すると、QOLはますます低下し、症状も悪化させます。
では、なぜ過活動膀胱になるのか。
その原因はさまざまですが、原因別に大きく分けると、2種類に分類されます。
ひとつは、脳の指令がうまく伝達できないために起こる、神経回路の障害による過活動膀胱です。
これを引き起こすおもな疾患は、
パーキンソン病、脳血管障害、腰部脊柱管狭窄症、脊髄の傷害などが挙げられます。
もうひとつは、神経系のトラブルではない過活動膀胱です。
男性の場合、前立腺肥大症が原因となっているケースがよくみられます。
女性では、加齢や出産によって骨盤底筋が傷ついたり弱ったりしたことが、原因となっていることもあります。
しかし、原因がこれといって特定できないこともあり、
実は男女とも、そうした原因不明の過活動膀胱がもっとも多いのです。
たとえ原因が不明であっても、過活動膀胱は、薬物療法と行動療法で治すことができます。
過活動膀胱の診断は、基本的に症状の確認になりますが、
ほかの病気がないかどうかを鑑別するために、検査を行なうこともあります。
過活動膀胱には、膀胱の収縮を妨げる効果がある、抗コリン剤が有効です。
ただし、使用できないケースもあるため、医師の処方が必要になります。
また、「口が渇く」「便秘になる」といった副作用がでることもあるので、
そのつど、服用のしかたを医師に相談しましょう。
その他の治療法として、行動療法があり、薬物療法と並行して行なうと、より効果が上がります。
行動療法には、水分摂取などについての生活指導、排尿日誌をつける、膀胱訓練、骨盤底筋体操などがあります。

男性の頻尿と前立腺肥大症

前立腺は、男性の生殖器官で、原因は不明ですが、加齢とともに肥大する傾向があります。
前立腺は、尿道の周りをドーナツ状に取り囲んでいるため、
前立腺が肥大すると尿道が圧迫され、尿が出にくくなります。
すると、尿の出方に「勢いがない」「途中で切れる」「いきまないとなかなか出ない」といった異常がみられ、
次いで頻尿が起こります。 前立腺の肥大だけでは病気ではありませんが、
このような排尿障害を伴う場合は、前立腺肥大症といい、治療が必要です。
前立腺肥大症の人は、50歳以上の男性の5人に1人はいるといわれています。
症状には、たいてい夜間頻尿が現われ、半数以上に過活動膀胱が起こります。
ただしこの場合は、まず前立腺肥大症の治療が必要です。 ※トイレをがまんしたりしないでください
治療には、重症度によって薬物療法や手術療法があり、効果にも個人差があります。
前立腺肥大症は、命にかかわる病気ではありませんが、
重症化して尿が出ない状態(尿閉)が起こると、腎臓の病気を発症する危険性もでてきます。
高齢者の排尿障害では、いくつかの原因が重なっていることもあるので、
まず、前立腺の検査を受けてみることが大切です。

女性に多い膀胱炎

頻尿の原因となる疾患で比較的多いものに、膀胱炎があります。
膀胱炎は、尿道から膀胱内に細菌が入って増殖し、膀胱の粘膜が炎症を起こした状態です。 泌尿器の構造が、男性と女性では違うため、女性のほうが圧倒的になりやすい病気です。
膀胱炎になると、粘膜の炎症によって知覚神経が過敏になり、
尿が膀胱に溜まっていなくても尿意を感じてしまうため、頻尿が起こります。
加えて、排尿の終わり頃に下腹部に痛みがでたり、残尿感があります。
尿ににごりがあり、進行すると血が混じることもあります。
膀胱炎は、トイレをがまんしないで、できるだけ尿を出すことが大切です。
抗菌薬を服用することで、数日で完治します。
しかし再発が多い疾患なので、指示された期間中は必ず服用を続けることと、再受診することが重要です。

神経性頻尿

トイレに行きたくて困った状況になったりした経験がもとで、
尿意に対して恐怖心をもつようになり、過度に尿意を気にするために起こる頻尿があります。
これを「神経性頻尿」といいます。 膀胱炎で頻尿を経験した人に起こることもあり、女性に多い頻尿です。
神経性頻尿では、夜間頻尿はみられません。
治療は過活動膀胱のように、抗コリン剤が効果的です。
心因的な要素が強い場合は、抗不安薬などが処方されることもあります。
女性は、頻尿で受診する確率が男性より低いのですが、少しの勇気で、憂うつな頻尿は治せるのです。
思いきって医師に相談してください。