伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

激しい痛みは「警鐘」だった? 痛風と高尿酸血症

数ある病気のなかでも、「痛」という字が初めにくる病名は、痛風しかありません。
その痛みは、「ペンチではさんで締めあげられるみたい」
などと表現されるように、耐えがたいほど激烈です。
もちろん、そんな痛みはご勘弁願いたいものですが、
実は痛風には、もっと注意を払わなければいけない、恐ろしい背景が潜んでいるのをご存じですか?
それが高尿酸血症なのです。

痛風が起こるメカニズム

「夜寝る前は何でもなかったのに、眠っているうちに足の親指のつけ根が痛み始める。
 痛みは次第に強くなって、患部は赤く腫れて熱をもつ。
 朝になる頃には、耐えられないほどの激痛となり、歩くのに足をつくことさえできない…」 痛風の発作的な痛みは、一般にこのようなパターンで始まります。
その後、激痛は2、3日続くものの、徐々に痛みは和らぎ、1〜2週間後にはまったく症状が消えてしまいます。
患者さんの約70%は、足の親指のつけ根に発症しますが、
その他に足首やひじ、ひざなど、関節の周辺に痛みが起こるのが特徴です。

痛風はここが痛い

しかしながら、痛みがひいたからといって、それで痛風が治ったわけではありません。
そのままの状態を放置すれば、多くの場合、周期的に再発を繰り返すことになります。
それは痛風が起こる背景に、高尿酸血症という病気が潜んでいるからです。 高尿酸血症とは、血液中の尿酸の量が多くなりすぎた状態をいいます。
特定健診などでも血中の尿酸値を調べますが、それが7mg/dlの基準値を超えると、高尿酸血症と診断されます。
通常、血液中の尿酸の濃度は、一定範囲内に保たれています。
それが、さまざまな原因によって量が増えてしまうと、
血中に溶けきれない尿酸が関節などにたまり、針のような結晶(尿酸塩)を作ってとどまります。
さらにこの尿酸塩が、何らかの刺激によって関節から剥がれ落ちると、
体内の白血球が発見し、異物と認識して攻撃をしかけます。
その結果、関節に炎症が起こり、腫れ、熟、耐えがたい痛みなどの痛風発作が現われるのです。
このようなメカニズムで起こる痛風は、高尿酸血症の合併症といえるものです。
いったんは激痛が治まったとしても、下地となる高尿酸血症が改善されない限りは、
いつまた再発しても不思議ではないのです。
ちなみに、尿酸値が高ければ高いほど、また高尿酸血症の期間が長ければ長いほど、
痛風発作が起こりやすいといわれています。
また、発作を繰り返すうちには、尿酸塩が皮膚の下にまでたまり、
こぶ状にふくれあがる痛風結節が生じることもあります。
こうなると、次第に関節が変形して動かしにくくなり、生活に大きな支障をきたしてしまいます。
痛風発作が起こった人はもちろん、健康診断で高尿酸血症と診断を受けた方も、
決して放置せずに、早期に治療を始めることが重要です。
もし夜中などに痛風発作に見舞われたら、
下記のような応急手当で痛みをしのぎ、早めに内科医を受診してください。

痛風の痛みが起こったら

なぜ尿酸が増えるのか?

痛風の元凶ともいえる尿酸が増えてしまうのは、
私たちの体内にあるプリン体という物質に関係があります。 すべての生物の細胞には、核酸という物質が含まれており、プリン体もその1種です。
プリン体は、その80%近くが体内で合成されますが、食べ物からも摂り入れられます。
そして、細胞が新しく生まれ変わる時や、エネルギー源として使われる時には、
肝臓に集められて分解され、尿酸へと変化するのです。
いわば尿酸は、プリン体の老廃物といえるもので、最終的には腎臓から尿とともに排泄されていきます。
このように、だれの体内にも尿酸は存在しますが、
普通は合成される量と排泄される量のバランスがうまく調節され、ほぼ一定に保たれています。
しかし、そのバランスが崩れてしまうと、
血液中の尿酸の量が増え、高尿酸血症を引き起こして、さらには痛風の原因となるのです。
こうした異常を招く要因としては、下記のようなものが挙げられています。
これらが複数重なったり、長期間続くことで、徐々に尿酸値が高くなっていくのです。
この他に、痛風を起こしやすい遺伝的な体質があることも判明していますが、
最も深い関わりをもっているのは、日常の生活習慣だといえます。

尿酸が増える要因とは
男性である

患者さんの95%以上は男性。女性の尿酸値が上がりにくいのは、
女性ホルモンに尿酸の排泄を促す作用があるからだといわれている。

肥満している

肥満があると、尿酸を排泄する作用が低下し、尿酸値が上がりやすくなることがわかっている。
また、食事の量が多い傾向から、尿酸の元となるプリン体を摂リすぎるという要素もある。

お酒をよく飲む

ビールに多くのプリン体が含まれているのは有名。
しかしどんな種類のお酒であっても、アルコールが体内に入れば、
尿酸の合成を促し、また腎臓の尿酸排泄機能を低下させてしまう。

ストレスが多い

仕組みは未解明だが、ストレスを受けると、体内で尿酸が合成されやすくなると考えられている。
また、活動的で攻撃性の強い人、競争心が旺盛な人も、尿酸値が高い傾向にある。

激しい運動をよくする

筋肉トレーニングや短距離走など、
瞬間的に全力を出すような運動(無酸素運動)は、プリン体の分解を促し、尿酸を作りだしやすくする。
また、関節内の尿酸塩が剥がれやすくなる側面もあり、痛風発作の引き金ともなる。

水分をあまり摂らない

尿の量が減少することで、尿とともに排泄される尿酸の量も減り、体内にたまりやすくなる。

痛風よりも恐ろしい合併症?

高尿酸血症が起こす合併症は、痛風だけではありません。
排泄される過程のなかで、尿酸塩が腎臓に沈着すると、
腎臓の濾過機能が低下してしまい、腎障害を起こしやすくなります。(痛風腎)
当然、尿酸も排泄されにくくなるため、
さらに尿酸値が上がるという悪循環から、やがては尿毒症や腎不全にいたることがあります。
また、尿の通り道に尿酸塩がたまった場合には、尿路結石の原因ともなるのです。
これだけでも充分に怖いのですが、
それ以上に警戒しなければならないのは、メタボリックシンドロームと深い関係をもっているという点です。 高尿酸血症は、肥満があると起こりやすいため、
同じく肥満が要因となる高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、
つまりメタボリックシンドロームを合併する割合が、非常に高くなっているのです。
これは、食べすぎ、飲みすぎ、運動不足など、背景にある生活習慣が共通していることが原因です。
メタボリックシンドロームが、動脈硬化を急速に進展させ、
心臓や脳の血管がつまる心筋梗塞、脳梗塞など、
命にかかわる重大な病気につながることは、もう皆さんご存じでしょう。
尿酸値が上がる高尿酸血症は、それ自体には自覚症状がないため、
そのまま放置されがちで、5〜10年を経て、痛風発作へとつながります。
しかしながら、その激痛もやがては治まるので、またもや高尿酸血症は見過ごされ、
ここで挙げたような危険な病気を併発するケースがたいへん多くなっています。
そうした意味から、痛風のあの激しい痛みは、
高尿酸血症によって身体がむしばまれていることを教える、重大な警鐘だととらえるべきなのです。
そして、発作の再発を防ぎ、また怖い合併症を予防するためにも、
尿酸値のコントロールに本腰を入れて、積極的に治療に取り組んでいく姿勢が重要です。
病医院では、痛風発作に対しては炎症を抑える薬を、
尿酸値を下げるためには尿酸の排泄を促す薬や尿酸の合成を抑える薬を、
患者さんの症状に合わせて使い、治療を行います。
尿酸をコントロールする薬は、長期にわたって服用する必要があります。
しかし何といっても、治療の基本となるのは、患者さんの生活習慣の改善です。
具体的な項目については、下記を参照してください。
それで効果が現われれば、薬を中止することもできますので、
医師とよく相談しながら、無理をせず地道に取り組んでいきましょう。

高尿酸血症 → 痛風を改善する生活習慣
食事に気を配る

食事の総量を減らして、プリン体の摂取量を抑えるようにする。
栄養バランスを考え、腹八分目を心がける。
また、プリン体を多く含む食品は、時々食べる程度にする。
こうした食生活の改善は、肥満の解消にもつながるので、ぜひ実行を。

お酒は適量を

禁酒するのが理想だが、
飲む場合にも、ビール中ビン1本、日本酒1合、ウイスキーダブル1杯など、適量を守る。
また、週2日は「休肝日」を設けることも必要。

水分を多めに摂る

尿酸を排泄しやすくするため、
食事に含まれる水分も合わせて、1日に2L以上摂るようにしよう。

軽い有酸素運動を

手軽なウォーキングがお勧め。
肥満や脂質異常症の改善にも役立つ。
ただし治療中の人は、医師と相談を。

ストレスを上手に解消

音楽鑑賞や読書など、
なるべくのんびりゆっくりできる、自分なりの方法を見つけ、緊張を解きほぐそう。