伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

脂質異常症 をあなどらないで

脂質異常症の診断基準 単位(mg/dl)
LDLコレステロールHDLコレステロール中性脂肪
140以上40未満150以上

再確認 血中脂質の数値

皆さんは、動脈硬化が招くさまざまな病気をすでにご存じでしょう。

いずれも、命に関わる重篤な病気です。
しかしこれらをもたらす動脈硬化は、まったく症状が現われずに進行し、突然このような病気を招きます。 動脈硬化は、さまざまな要因によって進行していきますが、最も密接に関係しているのは、血中脂質です。
健康診断の血液検査では、血中脂質、つまりLDLとHDLのコレステロール値や中性脂肪値が必ず測定されます。
LDLコレステロールと中性脂肪は多くなると危険度が増し、
HDLコレステロールは少なすぎるといけません。
そして、項目のなかで1つでも該当する数値があれば、脂質異常症と診断されます。
かつては高脂血症といわれていた病気です。
脂質異常症と聞いても、「とくに体調が悪いわけではないし…」とピンとこなかった方、
脂質異常症をあなどってはいけません。
脂質異常症と診断されたら、それは確実に動脈硬化が進んでいることを宣告されたも同じ。
すぐに生活習慣を見直し、血中脂質を改善する必要があるのです。

悪者ではない コレステロールの役目

コレステロールは、細胞の膜やホルモンなどを作る材料となり、
また中性脂肪は、生命活動を支えるエネルギーの原料となります。
いずれも、私たちが生きるために欠かせないものです。 これらは、血液に溶けこんで全身を巡り、必要な部分に運ばれたり、肝臓へ送られて分解されたりしています。
しかし、コレステロールや中性脂肪は脂質なので、そのままでは血液にうまく溶けません。
そこで、たんぱく質と結合した粒子となり、血液に溶けやすい形になっています。
この粒子を「リポたんぱく」といいます。
いわばリポたんぱくは、コレステロールや中性脂肪を運ぶ役目をしているわけですが、
おもにコレステロールを運ぶのが、LDLとHDLです。
LDLは、肝臓から末梢組織にコレステロールを運び、
一方HDLは、末梢組織から余分なコレステロールを回収して肝臓へ運びます。
しかし、コレステロールを過剰摂取しやすい現代では、
コレステロールを行きわたらせるLDLは悪玉、反対にコレステロールを回収するHDLは、善玉とよばれています。
そしてLDLが運んでいるコレステロールをLDL(悪玉)コレステロール、
HDLが運んでいるコレステロールをHDL(善玉)コレステロールといいます。
つまり、LDLやHDLというのはリポたんぱくのことであり、
働きの違いによって善玉と悪玉とよばれ、これらに運ばれるコレステロールも、善と悪に分けられてしまうのです。
リポたんぱくには通常コレステロールが含まれているので、
一般にLDLもしくはHDLが増える・減るといえば、それに含まれるコレステロールの増減も示しています。

コレステロールが塊に 動脈硬化から血栓が起こるまで

では、コレステロールがどのように動脈硬化を起こすのかをみてみましょう。

血液中にコレステロールが増えすぎると、血管壁が傷つけられる

動脈硬化から血栓が起こるまで-1 LDLが血管壁の中まで入りこみ、
活性酸素によって酸化され酸化LDLとなる。 酸化LDLを取り除こうと、
白血球も血管壁に入りこむ

動脈硬化から血栓が起こるまで-2 白血球は、体内の不要物を取りこむ
マクロファージという細胞になって、
酸化LDLを取りこむ

動脈硬化から血栓が起こるまで-3 LDLが多すぎると、
マクロファージがLDLを取りこみすぎて
巨大化し、
コレステロールの塊となる

動脈硬化から血栓が起こるまで-4 LDLが増え続けると、
血管壁の中でコレステロールの塊が大きくなり、
血液の通り道を狭くする

動脈硬化から血栓が起こるまで-5 血管壁が盛り上がって破けると、
その傷を修復しようと
血液中の血小板が集まってきて、
血の塊(血栓)となる

動脈硬化から血栓が起こるまで-6 血栓は血管内腔をさらに狭めるだけでなく、
完全につまらせてしまう場合がある。 また、血管壁からはがれて血流に乗り、
細い血管をつまらせることもある

コレステロールが血管にたまっても、
血管壁には収縮する機能があるので、血液の流れがすぐに滞るわけではありません。
そのため、血栓が突然血管をつまらせるまで、動脈硬化は症状もなく進んでしまうことが多いのです。

内容を重視 脂質異常症は食事の見直しから

コレステロール値や中性脂肪値は、食事に大きく左右されます。
普段の活動量に合ったエネルギー量に抑え、食事内容も見直す必要があります。
また、禁煙や運動の習慣といった、ライフスタイル全体の改善も必要です。 運動は、1日60分のウォーキングがおすすめです。
体重を減らす必要がある人は、今の体重の4%を減らすことを、まず目標にしましょう。
肥満ではないが脂質異常症だという人は、
下記の改善策を参考に、食事の内容を見直してみてください。
コレステロールが多い食品を極端に避ける前に、
肉を魚に変える、食用油をオリーブオイルに変えるなど、さまざまある改善策を実行してみましょう。
食事療法と運動療法を3か月続けても、
LDLコレステロールや中性脂肪が減らなかったら、薬物療法も検討する必要があります。
その際は、医療機関で改めて血液検査をした結果、目標とする値を決めます。
通常は脂質異常症の診断基準値となりますが、
LDLコレステロールの目標値に限っては、患者さんがもっている危険因子の数によって違います。
生活習慣病をもっていると、LDLコレステロールをさらに減らさないと、危険度が下がらないからです。
すでに30歳代から、半数以上は血中脂質が高いと指摘される現代。
できるだけ若いうちから、生活習慣を軌道修正しておきましょう。

危険因子
LDLコレステロールのリスク別目標値 単位(mg/dl)
心筋梗塞、狭心症の病歴がある100未満
危険因子が3個以上当てはまる(または糖尿病)120未満
危険因子が1〜2個当てはまる140未満
危険因子が1つも当てはまらない160未満
食事と運動で脂質異常症を改善
食事 徐々に目標を達成していく
運動 効果的にウォーキングを続けるコツ