伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

正しい理解と改善のための アレルギー・小百科

アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息…
おなじみこれらの病気は、アレルギーを原因として発症します。
予備群を含めると、今や国民の3人に1人は、何らかのアレルギーをもっているといわれ、
これらアレルギー疾患の患者さんは、ますます増えているのです。
もはや「国民病」ともいえるアレルギー。 今回は、その基礎知識を特集します。

アレルギーはなぜ起こる?

私たち人間の身体には、
外部から侵入してくる細菌やウイルスなどの異物(=抗原)から身を守るために、
免疫というシステムが備わっています。
免疫は、一度体内に入ってきた抗原に対して、それを撃退するための物質(=抗体)を作り、
再度侵入してきた時には、即座に抗原を排除しようとする仕組みです。 ところが、本来有害ではない物質(例えば食物や花粉など)に対しても、免疫システムが過剰に働いてしまい、
逆に、身体にとってマイナスの反応を引き起こすことがあります。
これがアレルギー反応です。
アレルギーはいわば、免疫システムの「誤作動」によって起こるのです。
では、アレルギーは、身体の中でどのようなことが起こるのでしょうか。
抗原のなかでも、とくにアレルギーの原因となるものを、アレルゲンといいます。
アレルゲンが体内に侵入すると、免疫システムを担うTリンパ球がそれを察知し、敵かどうかを見極めます。
実は、アレルギーを起こす最大のつまずきはここにあって、
Tリンパ球が、身体に害のないものを誤って敵と判断し、間違った攻撃指令をだしてしまうのです。
指令を受けたBリンパ球は、アレルゲンに対抗するためにIgE抗体を作ります。
この抗体は、皮膚や鼻、気管支などの粘膜にあるマスト(肥満)細胞と結合して、防御態勢を整えます。
次に同じアレルゲンが侵入した時には、IgE抗体がこれをキャッチし、
マスト細胞からは、かゆみの原因となるヒスタミンや、ロイコトリエンといった化学物質が放出されます。
これらの物質によって周囲の粘膜や血管に炎症が起こり、アレルギーが発生するのです。
また、よく「アレルギー体質」といいますが、それは、このIgE抗体が作られやすい体質のことを指します。
こうした体質に加えて、食べ物や住居などの環境的な要素が、アレルギーの発症には深く関わっています。
アレルギー体質は親から子へと遺伝しやすいのですが、すべての人がアレルギーを発症するわけではありません。

おもなアレルゲンとアレルギー症状

アレルギーの原因となるアレルゲンは、私たちの身の周りにあって、
自然に食べたり触れたりしている、ごくありふれたものばかりです。
しかもアレルゲンは、人によってさまざまに存在し、
また、1人の人が複数のアレルゲンをもつこともあります。
そのアレルゲンには、大まかに分けて、次の4つの種類があります。

1)吸入性アレルゲン

ハウスダスト(ダニの死骸やフン)、カビ、花粉、ペットの毛、タバコの煙など

2)食物性アレルゲン

牛乳大豆、小麦(粉)、米、ピーナッツ、そば、エビ、カニ、イカ、サバ、
牛肉、豚肉、鶏肉、りんご、キウイフルーツなど

3)薬物性アレルゲン

鎮痛解熱剤、抗生物質、ホルモン剤など

4)接触性アレルゲン

衣服、化粧品、石けん、塗料、金属など

なかでも吸入性のハウスダスト(ほこり、ダニなど)や花粉は、多くの人が悩まされるアレルゲンです。
また、食物性のうち、赤字で表示したものを3大アレルゲンと呼び、
とくに消化機能が未発達な乳幼児や児童が、アレルギー反応を起こしやすい食物です。 一方、アレルギーの症状も、かゆみ、湿疹、くしゃみ、鼻水、せきなど多種多様で、
たいていはアレルゲンが侵入してきた部位で起こります。
そして、アレルギー反応が強い場合には、アレルギー疾患を招くことになるのです。
ことに次に挙げる病気は、3大アレルギー疾患といわれ、年齢を問わず、多くの患者さんが悩まされています。

アトピー性皮膚炎

皮膚に強いかゆみを伴う発疹が現われ、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、慢性的に続きます。
かゆくてかいてしまうため、ますます皮膚が傷つけられ、
過敏になったり乾燥したりという悪循環が起こり、それが治りにくい大きな原因となっています。
年齢とともに、症状が現われる部位が少しずつ変わり、
乳児期は顔を中心に、幼児期は手足、思春期・成人期には全身のさまざまな部位へと移動していきます。
かつては乳幼児に特有の病気といわれていましたが、
患者さんの3分の1程度は成人まで続き、一度治ってから再発するケースも見受けられます。

気管支喘息

喘息は、細菌感染などが原因でも起こりますが、
全体の70〜80%は、アレルギーが関与する喘息(アトピー性喘息)だといわれています。
アレルゲンの侵入によって気管に炎症が起こり、
突然気道が狭くなって、呼吸困難におちいってしまう病気です。
息を吐く時にゼイゼイ、ヒューヒューという音(喘鳴)を伴い、
苦しげな呼吸をしたり、慢性的なせきがでるのが特徴です。
つねに気道が過敏な状態にあるため、疲労やストレスなどがきっかけとなったり、
天候の変化や激しい運動なども、発作が起こる原因となります。

アレルギー性鼻炎

ダニ、ほこりといったハウスダストや、
カビなどを吸いこむことで、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが起こります。
おなじみの花粉症は、スギやヒノキの花粉がアレルゲンですが、
飛散時期にだけ症状が現われるので、季節性アレルギー性鼻炎とよばれています。
鼻の症状との関連から、頭痛を訴えたり、
イライラして集中力が低下したり、無気力になったりするケースも多くみられます。

アレルギー対策はこれだ

アレルギー対策の基本は、できるだけアレルゲンに接触しないようにすることです。
そのための第一歩として、病医院で検査を受け、まず自分のアレルゲンが何かを知っておきましょう。 検査には、血液中のIgE抗体を調べる方法と、
実際にアレルゲンを皮膚に接触させて反応を見る方法の、2つがあります。
皮膚に異常が起きたら皮膚科、鼻の症状がでたら耳鼻科、また子どもの場合には小児科など、
それぞれの診療科で検査を受けることができます。
アレルゲンが特定できたら、日常生活のなかで、アレルゲンを遠ざける工夫をしていきます。
とくにハウスダストは、アレルギー反応を起こす人が多いので、家の中を清潔に保ちましょう。
食物アレルギーの場合は、アレルゲンとなる食物を食べない除去食療法が必要なこともありますが、
除去する範囲は必要最低限にとどめることが大切です。
とくに子どもの場合は発育に影響を及ぼしますので、
医師の指導の元、他の食品で栄養を補ったり、代替食品を利用するなど、充分に気を配ってください。
症状が激しい場合には、薬を用いた治療が必要です。
おもにアレルギー反応を抑える抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、
炎症を鎮めるステロイド薬などが処方されます。
ステロイド薬は、確かに副作用の問題はあるものの、正しい使い方をすれば、たいへん効果的な薬です。
くれぐれも医師の指示に従って、適切に使うようにしてください。
また、日頃の生活習慣を見直し、いつも体調を整えておく心構えも大切です。
規則正しい生活と充分な睡眠、適度な運動、上手なストレスの解消。
こうした生活態度は、自身の免疫力を高め、アレルギーの予防・軽減につながることがわかっています。