伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

自分でしっかり対処する 変形性膝関節症

「年とともに、節々が痛むようになって、どうしよう?」
関節痛のなかでも、ひざの痛みに悩む中高年は、約l000万人といわれ、
そのほとんどは変形性ひざ関節症が原因だとされています。
ただし、この病気は自分で対策を講じることで、痛みが改善されるケースも少なくないのです。
年齢のせいとあきらめず、前向きにひざの痛みと取り組んでいきましょう。

なぜ起こる 変形性膝関節症

ひざ関節の構造 ひざの関節は、太ももにある大腿骨と、
すねにある脛骨、
そして「ひざのお皿」とよばれる膝蓋骨が
組み合わさってできています。 身体のなかで最も大きな関節ですが、
座る、立つ、歩くなど、
日常生活の動作で常に大きな負担がかかるため、
痛みが起こりやすい部位だといえます。
大腿骨と脛骨の先端部にあたる表面は、
骨同士が直接ぶつからないよう、関節軟骨でカバーされ、
さらに2つの骨の間には、
半月板という線維性の軟骨もあります。
これらの軟骨は、ひざにかかる衝撃を
吸収するクッションの役割を果たすとともに、
関節の動きをスムーズにするという、大切な働きをしているのです。
また、ひざ関節は、関節包という袋に包まれていて、中は関節液という液体で満たされています。
この関節液には、ひざの動きを滑らかにする働きのほか、
関節軟骨に酸素や栄養分を補給する役割があります。
関節液は、関節包の内側にある、滑膜という部分で作りだされています。
ところが、年齢を重ね、ひざ関節を長年使い続けると、関節軟骨や半月板は徐々にすり減っていきます。
すると、その時にはがれた軟骨の破片が、
滑膜を刺激して、関節内に炎症が起こり、ひざの痛みが現われてくるのです。
炎症が強いと、熱をもったり、関節液が異常に分泌されて、「ひざに水がたまる」状態になることもあります。

注意が必要な人 さらに進行して、軟骨がますますすり減ってくると、
骨同士が直接ぶつかるようになり、
じっとしていても鈍く強い痛みが続きます。
このようにして、変形性ひざ関節症は起こるのです。 痛みの原因となる関節軟骨の摩耗は、
重労働や過激なスポーツを続けていた場合や、
リウマチや外傷などに起因することもありますが、
その大部分は、ひざ関節の老化に伴って起こるケースです。
つまり、年を重ねれば、誰にでも起こりうる疾患だといえ、
とくに右図のような人は、
変形性ひざ関節症を発症しやすいとされていますので、
注意が必要です。

徐々に進行する 変形性膝関節症

変形性ひざ関節症は、多くの場合、ひざの「こわばり」や軽い痛みから始まります。
初期は、こうした違和感が、動作を開始した時に現われ、動きだすと治まるのが特徴です。
しかし、そのまま放置すると、次第に悪化して歩行時にも痛むようになり、
最後には、痛みのために歩行がむずかしい状態になってしまいます。 こうなると、苦痛で歩くことが少なくなるため、
脚の筋肉は衰える一方で、さらにひざに負担がかかることになるのです。
このような悪循環に陥らないためにも、ひざの異常を感じたら、早めに整形外科を受診するようにしましょう。

進行に伴う症状
関節の状態おもな症状発生場所
初期ひざの内側の関節軟骨や
半月板が、すり減ってくる。
立つ、座る、歩きだすなど、
動作の開始時に、痛みやこわばりがある。
中期関節軟骨が欠損し始め、
その刺激で滑膜に炎症が起こる。
関節の変形も起こり始める。
階段の昇り降りや、長時間の歩行時に、痛む。
正座やしゃがむ動作が困難に。
ひざに水がたまる。
後期軟骨がほとんど消失し、骨と骨がこすれ合う。
ひざがO脚に変形する。
平地を歩いたり、ひざの曲げ伸ばしが困難になる。
安静時にも強く痛む。

こうして改善しよう 変形性膝関節症

すり減った関節軟骨は、元の状態に戻ることはありません。
しかしながら、専門的な治療で痛みをコントロールし、
日常生活のなかでひざへの負担を避ける工夫をすれば、
変形性ひざ関節症を改善することは、充分に可能なのです。 自分自身で積極的に治そうという姿勢こそが、治療の第一歩だと考えてください。
病医院での治療の基本となるのは、ひざの痛みや炎症を抑える、薬物療法や温熱療法です。

薬物療法

おもに使われるのは、消炎鎮痛薬です。
痛みの強さによって、外用薬(塗り薬、貼り薬)、内服薬、坐薬などを使い分けます。
また、ヒアルロン酸を関節内に注射する方法も、症状の改善に有効です。
ヒアルロン酸は、関節軟骨や関節液に含まれる成分のため、
それをひざ関節に補うことで、内部の炎症を抑えたり、動きを滑らかにする効果が、期待できるのです。

温熱療法

赤外線や低周波、レーザー、ホットパックなどを用いて温め、
ひざの血行を良くして、痛みを和らげます。
家庭でも、入浴や温シップ、蒸しタオルなどを使って、ひざを温めるとよいでしょう。
ただし、熱や腫れがある場合には、温めずに冷やすようにしてください。

また、これらの治療法では痛みがとれず、
日常生活に大きな支障をきたしている場合には、手術療法を検討する必要もあります。
とはいえ、変形性ひざ関節症は、医師に治療を任せておけばよいというものではありません。
いえ、それ以上に、ご自身の心がけで、
ひざに負担をかけない生活を実践することが、たいへん重要なのです。
とくに次のような工夫は、ぜひ実行してください。

それとともに、ひざ関節周辺の柔軟性を高めたり、
ひざを支えている太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛える運動療法にも、積極的に取り組みましょう。
下記に示した運動を、1日2セット(朝・夕)を目標に、行なってください。 運動療法は、3か月ぐらい続けなければ、効果は現われてきません。
できるだけ毎日、一生続ける心づもりで、継続することが必要です。
そうすれば、ひざの血行が改善されて、
痛みが和らいだり、関節軟骨の細胞が活性化して、症状の緩和や、進行を防ぐ効果が期待できます。
また、肥満の解消にも役立ちます。
ただし、決して無理をせず、自分のひざの状態や体力に合わせて、運動量を加減してください。
現在治療中の場合は、必ず医師の指導を受けてから、行なうようにしましょう。

自分でできる運動療法

左右20回ずつで1セット、1日2セットが目標。
無理をせず、痛みがでたら中止する

椅子に座って脚上げ

椅子に座って脚上げ 椅子に深く腰かけ、5秒くらいかけて片脚をゆっくり上げる。
上げた脚のつま先を、手前のほうへ引くようにし、そのまま5秒間保つ。
脚を下ろすときも、ゆっくりと。

仰向けになって脚上げ

仰向けになって脚上げ 仰向けに寝て、右のひざを立てる。
左脚を伸ばしたまま、床から10cmの高さまで、ゆっくり上げる。
その位置で、つま先を手前に引くようにし、5秒間保つ。
ゆっくりと脚を下ろす。

脚の横上げ

脚の横上げ 左側を下にして横になり、右手と左脚で身体を支える。
右脚は伸ばしたまま、
つま先を手前に引いて、ゆっくりと10cmくらい上げる。
そのまま5秒間保ち、ゆっくりと下ろす。

ひざの曲げ伸ばし

ひざの曲げ伸ばし 両脚を伸ばして床に座る。
左のひざを、痛くない程度に両手で下へ押し、
ひざの裏側を伸ばす。
5秒間保った後、左ひざを曲げて、
両手で身体のほうへ引き寄せ、太ももの前側を伸ばす。
今度は20秒間保ち、ゆっくりと脚を伸ばす。

ひざでタオル押し

ひざでタオル押し 左ひざの下に丸めたタオルを入れ、
ひざの裏でつぶすように押す。
5秒間保ったら力を抜く。
この時、つま先を引くようにすると、さらに効果的。