伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

不整脈 の危険なタイプ

休みなく働いてくれる心臓。
その心臓のリズムが乱れてしまう状態を、不整脈といいます。
不整脈自体は、だれにでも見受けられるものですが、
なかには命にかかわるようなタイプもありますので、正しく理解しておくことが必要です。

ご存じですか? 不整脈が起こるメカニズム

拍動が起こる仕組みと不整脈 不整脈は正確にいうと、
心臓の拍動(=心拍)のリズムや速さに、
乱れが生じた状態を指します。
拍動とは、「ドックン、ドックン」という、
心臓が収縮と拡張を繰り返す動きのことです。
広い意味では、緊張したり階段を昇ったりした時に
拍動が速くなるのも、不整脈だといえます。
ではその不整脈は、どのような仕組みで起こるのでしょうか。 心臓は筋肉でできた臓器で、
自ら電気信号を発することで、リズミカルに動いています。
電気信号をつくっているのは、
右心房にある洞結節という部位です。
この電気信号は、刺激伝導系と呼ばれる経路を巡って
心臓全体に伝わり、その刺激によって、心臓が収縮と拡張を繰り返しています。
つまり、電気信号が規則正しいリズムで発生し、
スムーズに心臓の各部位に伝わることで、正常な拍動が生まれるのです。
ところが、この電気信号の発生や伝達に異常をきたすと、
拍動が速くなったり、遅くなったり、あるいはリズムの乱れが起こってきます。
その結果現われるのが、不整脈なのです。
不整脈は、心臓の疾患や、心臓以外のさまざまな病気があると起こりやすくなります。
例えば、心臓の筋肉が一部死んでしまう心筋梗塞や、
心臓の筋肉が肥大または拡張する心筋症、
心臓の弁に異常が発生する弁膜症などの心臓病は、不整脈の大きな要因となります。
また、甲状腺の病気や高血圧が原因となったり、薬の副作用で起こることも少なくありません。
その他に、背景に病気が潜んでいるわけではなくても、加齢や体質、
あるいはストレスや睡眠不足・過度の飲酒・喫煙といった生活習慣によって
自律神経のバランスが乱れても、不整脈が起こることがあります。
このように、不整脈の原因はさまざまに挙げられますが、その多くは心配なものではありません。
例えば、特定健診などの心電図検査で不整脈がでたのに、
「とくに治療は必要ありません」といわれるケースも、これに当てはまります。
しかし一方では、命にかかわるような危険なタイプもあり(とくに心臓病が原因の場合)、
突然死を招くこともありますので、軽く考えすぎるのは禁物です。

不整脈には、さまざまなタイプがあります

健康な大人の拍動は、安静時で1分間に50〜100回程度とされています。
不整脈は、この回数を目安に3つに分類され、
さらには心拍数に応じて、さまざまなタイプに分けられます。

1.頻脈性不整脈

通常の拍動よりも速くなるタイプで、1分間に100回を超えた状態が、持続的に続きます。
心臓を動かす電気信号が、異常に速く作られたり、刺激伝導系が正常ではない場所にできて、
そこを電気が通ってしまうために発生するものです。
おもな症状としては、ジッとしていても発作的に起こる動悸を感じたり、
ひどくなると胸苦しさや吐き気を感じたり、冷や汗が出たり、意識がなくなってしまうこともあります。 頻脈性不整脈は、100回を超えたからといって、すぐに心配というわけではありません。
しかしながら、突然に発症する頻拍、粗動、細動というタイプになると、危険性が非常に高まってしまうのです。
心房または心室がけいれん状態になる細動は、
生命に直結することもある、たいへん危険な状態です。
その1つ、心房細動が起こると、心房のなかで血液がよどんで、血栓ができやすくなります。
この血栓が、血流にのって脳の血管まで運ばれると、
脳の血管がつまる脳梗塞を引き起こす原因となるのです。
また、もう1つの心室細動は、心室がけいれんして収縮できなくなるため、突然死につながることがあります。
とくに、かつて心筋梗塞を発症したことがある人は、このような事態を招きやすくなるため、充分な注意が必要です。

2.徐脈性不整脈

こちらは、通常よりもリズムが遅くなるタイプで、1分間に50回未満の状態が続く不整脈です。
心臓を動かす電気信号が充分に作られなかったり、
刺激伝導系の途中でストップしたりすることが原因です。 心臓から送り出される血液の量が少なくなるので、
少し身体を動かしただけでも、だるさや息切れの症状が現われます。
拍動と拍動の間隔が長くなると、めまい、ふらつきなどを覚えたり、意識を失うケースもでてきます。
徐脈性不整脈は、程度が軽ければ普段は症状がなく、心配のいらないケースが多いものです。
ただし、電気信号の伝達が完全に途絶えてしまうと、心停止が起こり、突然死を招くことがあります。
また、失神した場合に、転倒して事故につながることも心配されます。

3.期外収縮

いわゆる「脈がとぶ」状態の不整脈です。
一定のリズムで出されている電気信号が、
時にタイミングがずれて、早めに送られてしまうために発生します。
健康な人にでも起こりうる不整脈で、ほとんどは怖いタイプではありません。

警戒を要する危険な不整脈は、こんな症状です

これまで述べてきたように、実は不整脈の多くが、心配のいらないケースです。
しかしそれとは逆に、命にかかわる危険なタイプがあることも、理解しておくことが重要です。
とくに心臓病をかかえている方は、充分に警戒して、不整脈を放置することのないようにしてください。 危険なタイプの不整脈は、症状の有無とは無関係の場合もありますが、
下記のような症状を示す場合が比較的多いようです。
急にこれらの強い症状が起こったら、早急に医療機関を受診しましょう。
また、周囲の人が急に意識を失った場合には、119番に通報するとともに、
救急車が到着するまで心肺蘇生法やAEDを施して、救命措置を行なうようにしてください。
そして、これら不測の事態を招かないためには、健診で不整脈の治療を指摘されたり、
日頃、動悸、息切れなどの気になる症状があったら、
早めにかかりつけ医か、または専門の循環器内科で診断を受けることが肝心です。
詳しい検査に基づいて、まず危険なタイプかどうかを識別する必要があるからです。
不整脈をはじめ、心臓の異常を調べるために重要なのが、心電図検査です。
安静時12誘導心電図検査は、その最も基本的な検査法です。
ベッドに仰向けに寝て、胸と両手首、両足首に電極を貼り、12種類の心電図を約15秒間、同時に測定します。
それに加えて、運動時の拍動をみる運動負荷心電図検査、
検査機器を身体につけ24時間連続して測定するホルター心電図検査、
不整脈の発作時にすぐ記録できる家庭用イベント心電図検査などが、必要に応じて実施されます。
その結果、たとえ危険なタイプの不整脈が発見されても、
近年の治療法の進歩はめざましく、今はその大部分が治せるようになっています。
頻脈性不整脈の場合は、カテーテル(細い管)を、血管を通して心臓に送りこみ、
異常を起こしている部位を焼き切るカテーテル・アブレーションという方法や、
命にかかわる不整脈を自動的に感知して止めてしまう植え込み型徐細動器が、大きな効果を発揮します。
徐脈性の人は、ペースメーカーを体内に取りつけることで、普段と変わらない生活を送ることができます。
また、不整脈を抑える薬もありますので、何より、早期に治療を受けることが大切なのです。

不整脈が起こす危険な症状
急に意識がなくなる、失神する。何もしていないのに、フラッとする。

心臓の電気信号に異常が発生し、一時的に心臓が止まっていたり、極端な頻脈が起こっている可能性がある。

脈拍数が1分間に40回を下まわり、強い息切れやめまいを感じる。

脈が遅くなりすぎて、心停止を起こしていることが考えられる。

突然、動悸が始まる。脈拍が不規則で、しかも速く打つ。

強い頻脈の状態。
さらに脈拍数が多くなると、血圧の低下、息苦しさ、冷や汗などの症状もみられる。