伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

中高年に多い 緑内障

目は精巧な造りをしているだけに、
年齢とともに働きが衰えると、さまざまな異常が起こりやすくなります。
緑内障は、白内障と並んで患者さんの数が多く、「目の成人病」ともいわれますが、
失明の危険性を伴うため、充分な警戒が必要です。

緑内障は中高年を襲う“目の成人病”

外から目に入ってきた光は、角膜、水晶体、硝子体を通って、網膜に像を結びます。
この網膜には、一面に視神経が張りめぐらされており、
キャッチした像の情報を電気信号に変え、瞬時に脳へと伝えています。
脳もまた、瞬時にその電気信号を処理し、物の形や明るさ、色などを認識します。
このような目と脳の働きによって、私たちは「ものを見る」ことができるのです。 この仕組みのうち、視神経に障害が起こり、
だんだんと視野(ものが見える範囲)が欠けていく病気が、緑内障です。
日本では、40歳以上の約20人に1人がこの病気にかかっているといわれますが、
多くの人が症状に気づかず、治療を受けていないのが現状です。
しかしながら、緑内障によって傷ついた視神経は元には戻らず、
放置すれば失明に至るケースもあるため、中高年の方は充分な注意が必要になります。

目の構造 この緑内障の発症に大きく関係しているのが、眼圧です。
眼圧とは、目の内側から外側にかかる圧力のことをいい、
常に一定の眼圧がかかっていることで、
眼球の丸い形が維持されているのです。 眼圧は、房水とよばれる透明な液体によって、一定に保たれています。
房水は、毛様体という部位で作られ、
角膜や水晶体に酸素と栄養を供給しています。
そして、替わりに老廃物を受けとると、虹彩の裏を通って、
隅角にある線維柱帯というフィルターのような組織でろ過され、
目の外へ排出されていきます。
通常は、この房水の産生と排出のバランスがとれ、
その量が一定することで、眼圧も一定範囲に保たれているのです。
眼圧は、一般に10〜21mmHgが正常範囲となっています。

緑内障とは ところが、隅角が狭くなったり、線維柱帯に老廃物が詰まったりして、
排出がうまくできなくなると、房水の量が増えてしまい、
それに伴って眼圧の上昇が起こります。
すると、目の奥にも強い圧力が加わり、視神経や視神経乳頭が圧迫されて、
脳への神経回路が部分的に切断されてしまいます。
その結果、視野が欠ける異常が現われ、緑内障が起こるのです。 このように、眼圧が高いほど緑内障になりやすいのですが、
一方で、眼圧が正常範囲内であるにもかかわらず緑内障になる、
正常眼圧緑内障(NTG)というタイプもあります。
実は日本では、このタイプが全体の約7割を占めているのです。
原因として考えられるのは、「視神経の弱さ」です。
視神経が耐えられる眼圧には個人差があるため、
通常の眼圧にも耐えられないほど弱い人の場合には、緑内障が起こりやすいのです。
とくに近視のある人や高齢者は、正常眼圧緑内障になりやすいといわれています。

慢性のタイプはゆっくりと視野が欠ける

視野が欠けるイメージ 緑内障で圧倒的に多いのは、ゆっくりと悪化していく慢性のタイプです。
そのため視野の欠損は、視神経が障害を受け始めて5〜10年、
あるいはそれ以上の長い時間がたってから現われてきます。 初めは、中心をやや外れた鼻側や端のほうから欠け、
欠けた部分はぼやけて見えます。
その後は、徐々に欠損部分が拡大していき、
後期になると、視野は中心部分と端の一部しか残らない状態になります。
そして、そのまま放置すれば、やがては失明に至ってしまいます。
このような慢性のタイプでは、初期には自覚症状がほとんどありません。
その状態に慣れてしまったり、
もう片方の目が視野の欠けた部分を補って見るからです。
そのため緑内障は、病気を見逃しやすく、発見が遅れがちになります。
かなり進行してから視野の異常や視力の低下に気づき、
医療機関を受診することも少なくありません。
こうした事態を防ぎ、早期に慢性の緑内障を発見するためには、
定期的に検査を受けることが大切です。
正常眼圧緑内障は体質が関係していますし、
加齢やストレスなどでも発症しやすいといわれていますので、
40歳を過ぎたら、目に異常を感じなくても、
年に1回は眼科で定期検査を受けるようにしましょう。
とくに、家族に緑内障の患者さんがいる人は、積極的に受けることをおすすめします。
それとともに、日頃から視野の自己チェックをするとよいでしょう。
家庭にある新聞紙を使い、下記のような方法で簡単にチェックすることができます。
部分的にかすんだり、暗く見えるところがあったら、緑内障の可能性がありますので、眼科で診断を受けましょう。
また一方、緑内障には急性のタイプもあります。
隅角が完全にふさがってしまうなどの原因で、眼圧が急激に上がり、
発作的に強い目の痛み、目のかすみ、頭痛、吐き気などの、激しい症状が起こります。
これを急性緑内障発作といいますが、視野が急速に悪化し、失明する危険性が高い病態です。
これらの症状が現われたら、大至急、治療を受けることが重要です。

自己チェック法

自己チェック法 新聞紙の文字の多い紙面を広げて、中央に●印をつける。
文字が読める程度に、目と紙面の距離をとる。
片方の目を手で覆い、目を動かさずに●印を見つめるようにし、
部分的にかすんだり、暗くなるところがないかを調べる。
同様に、もう片方の目もチェックする。

緑内障は点眼薬治療で悪化を防ぐ

緑内障を診断するための検査には、次のようなものがあります。
いずれの検査も痛みはなく、簡単に受けることができます。

眼圧検査

測定器の先端を直接眼球にあてたり、
空気を眼球に吹きつける方法で、眼圧を測ります。
ただし正常眼圧緑内障は、この検査だけでは診断がつきません。

視野検査

自動視野計という機械を用いて、視野の欠損や、その広がりをチェックします。

眼底検査

検眼鏡などで眼底(網膜のある部分)を観察し、視神経の障害の状態を調べます。

隅角検査

房水の排出口である隅角を、直接観察する検査です。

また、緑内障の治療においては、おもに点眼薬(目薬)を使って眼圧を下げ、
今以上の進行をくい止めることが基本となります。
処方される点眼薬には、
 房水が作られるのを抑える薬
 房水の排出を促進する薬
の2つのタイプがあり、患者さんの症状に応じて選ばれます。 1種類の薬では充分な効果が得られない場合は、複数の薬を併用することもあります。
最近は、より効果が高く使用回数が少なくてすむ薬や、2つの効果を同時にもつ薬など、
新しく開発された薬も使われるようになってきました。
一度傷ついた視神経は元に戻らないものの、
毎日薬を使用して、眼圧をきちんとコントロールしていけば、失明に至ることはありません。
ただし、薬をやめれば途端に眼圧は高まりますので、
医師の指示に従って、継続的に薬を使うようにしてください。
また点眼の際には、下記のような点にも注意をしましょう。
なお、薬を使っても眼圧が下がらない場合や、急性緑内障発作が起こっているケースでは、
レーザー治療や手術によって眼圧を下げる治療法が、選択されることもあります。

点眼薬を使う時の注意点