伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

その痛みは、 変形性股関節症

あなたは、こんな症状に心あたりがありませんか?
・長い距離を歩いたあとに、脚のつけ根が痛む
・歩く時に、身体が左右に揺れる
・痛くて、あぐらをかくのがつらい
もしも、これらの異常を感じていたら、その原因は変形性股関節症かもしれません。

原因の大部分は、生まれつきの股関節の変形にある

股関節の構造 歩く時や立ちあがる際などに、
股関節に痛みを感じている人は、
日本に400〜500万人いると推定されています。 痛みの原因となる病気には
さまざまなものがありますが、
全体の約80%は、変形性股関節症によるものです。
変形性股関節症は、
圧倒的に女性の患者さんが多いのですが、
10歳代、20歳代からすでに病気は始まり、
長い時間をかけて徐々に進行していきます。
そのため、40〜50歳代になって痛みが強くなり、
病医院を受診した時には、
病状が進んでしまっていることも少なくありません。
それではまず、病気が起こる仕組みをみてみましょう。
股関節は、骨盤と太ももの骨(大腿骨)をつなぐ、大きな関節です。
大腿骨上部の先端部分(大腿骨頭)は丸い形をしており、
骨盤側の受け皿のようなくぼみ(臼蓋)に、包み込まれるように納まっています。
また、臼蓋の縁には関節唇という部分があって、関節を安定させる働きをしています。
臼蓋と大腿骨頭が接する部分は、滑らかで弾力性のある関節軟骨で覆われているために、
硬い骨同士が直接ぶつからず、関節がスムーズに動く構造になっています。
さらに関節軟骨は、股関節への衝撃を和らげる、クッションの役目も果たしているのです。
この関節軟骨が、さまざまな原因ですり減って、股関節内に炎症が起こり、
痛みやだるさが現われてくるのが、変形性股関節症です。
関節軟骨から剥がれた破片や、骨にできた「とげ」のような骨棘が、
周辺の組織を刺激して、強い痛みをもたらします。
関節軟骨がすり減る原因としては、 1.加齢に伴って軟骨も老化する
2.肥満によって股関節に大きな負担がかかる
3.折などの外傷により損傷する
などが挙げられますが、
日本人の場合はほとんどが「4.股関節の変形」が原因となって起こります。 なかでも多いケースが臼蓋形成不全で、
臼蓋が発育不良で浅く、大腿骨頭をきちんと覆うことができないため、
かみ合わせが正常な場合に比べて、関節軟骨がすり減りやすくなるのです。
この変形は生まれつきのものですが、
20歳代くらいまでは軟骨の修復能力が高いため、あまりはっきりした症状が現われません。
その後、30〜40歳代を迎えて、軟骨の弾力が失われてくると、
すり減りが起こるようになって、痛みが生じやすく、その程度も強くなっていきます。
女性の場合は、妊娠時の体重の増加や、育児によって股関節に負担がかかるため、
妊娠・出産を機に症状が現われることも、よくあります。

3つの特徴的な症状を見逃さず、早めの受診が肝心

変形性股関節症の進行段階 このように変形性股関節症は、長い時間をかけて進行し、
右図のような段階を経て、関節軟骨が徐々にすり減っていく病気です。
1度傷ついた軟骨は、元にもどることはないため、
病気を放置しておくと、最終的には手術が必要になるケースもでてきます。
しかしながら、早い段階で治療を開始すれば、
進行を遅らせることができるのです。 骨の状態を外から見ることはできませんが、
変形性股関節症には、次のような3つの典型的な症状があります。
もちろん、進行の段階によって症状は強くなっていきますので、
ちょっとでもこれらの症状に気づいた時点で、
早めに整形外科を受診し、早期発見に努めることが重要だといえます。
脚のつけ根の痛み
初期には、痛みというよりも、「こわばり」などの違和感が生じます。
長く歩いたあとや運動後に、
太ももの後ろやおしりの辺りに感じることが多いのですが、
数日すると治まります。
進行期になると、痛みは股関節周りに限定され、
少しずつ強くなって、歩くのに困難が生じてきます。
さらに末期には、安静にしていても強い痛みを感じようになります。
股関節が動かしにくくなる
進行期になって股関節の変形が進んでくると、
本来の滑らかな動きができなくなります。
すると、動かすと痛い、股関節の開きが悪いといった理由から、
動かせる範囲が狭くなり、その結果、
あぐらがかけない、靴下の着脱やつめ切りができないなど、
日常的な動作に影響が現われてきます。
片足を引きずって歩く(跛行)
進行期から末期にかけては、痛むほうの脚をかばって歩こうとするため、
足を引きずったり、身体を左右に揺らして歩くようになります。
このような歩き方を続けていると、痛むほうの脚の骨や筋肉が弱って、ますます歩行が困難になってしまいます。
また、股関節の変形によって左右の脚の長さが違ってきたり、痛むほうの脚が細くなるといった様子も見受けられます。

治療のうえで重要なのは、患者さん自身の心がけ

運動療法 病医院では、「いつから、どのような症状が現われたか」を問診するほか、
股関節の変形や進行度をエックス線検査で調べ、
変形性股関節症かどうかを診断します。 また治療に際しては、痛みの軽減や進行の予防を目的に、
まずは運動療法と生活習慣の改善が基本となります。
運動療法
運動で股関節周辺の筋肉を鍛え、筋力を強化して、
股関節が安定するようにします。
最もよい方法は、股関節への負担が少ないプールでの水中歩行ですが、
ご家庭でも、右図のような脚あげ運動を行なうとよいでしょう。
ただし、余力を残す程度で終え、やりすぎは禁物です。
また、必ず医師の指導を受け、
ご自分に適した運動を実施するようにしてください。
生活習慣の改善
できるだけ股関節に負担をかけないよう、
次のように、ご自身の生活を見直してみることも必要です。
▼和式の生活は、立ち上がりの際に股関節に負担がかかりやすいので、
いす、ベッド、洋式トイレなど、洋風の生活様式にしましょう。
▼歩くと痛みがある場合は、杖やカートを利用して、負担を軽減します。 ▼例えば体重が10kg増えると、股関節への負荷は30kg増加してしまいます。
太らないように体重をコントロールすることも、重要な対策です。
▼股関節周辺が冷えてしまうと、
血液の循環が悪くなって、痛みが強くなります。
服装に気をつけたり、入浴して身体を温めるなどして、患部を冷やさないようにしてください。
これらの方法でも痛みが改善されなければ、
塗り薬や貼り薬、内服薬、坐薬などの消炎鎮痛剤を使って、薬物療法が行なわれます。
また、病状が進行して、日常生活に大きな支障をきたしている場合には、手術が必要になるケースもあります。
手術には、「骨の形を整える手術」と「人工関節に置き換える手術」がありますが、
担当医からよく説明を受け、メリット、デメリットを理解したうえで、
自分に適した手術法を選択することが大切です。