伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

知っておきたい脳卒中

脳卒中は、命に関わることもある重大な病気ですが、
医療技術の進歩により、死亡する人の数は減少しています。
ただし、発症後は時間との勝負であり、一刻も早く治療を受ける必要があるのです。
脳卒中にいち早く気づくためには、どんなことを知っておけばよいのでしょうか。

血管がつまる、破れる それが脳卒中です

脳卒中は、脳の血管に突然起こる障害の総称で、専門的には脳血管疾患といいます。
血管がつまって起こるタイプもあれば、血管が破れて発症するものもあります。
いずれも脳がダメージを受け、時間の経過とともに障害が進んでいくため、
発症したら一刻も早く治療を受けなければなりません。
治療の遅れが、死亡という最悪の事態を招いたり、
また命は助かっても、重い後遺症を抱えるケースが少なくないからです。 日本では、1年間に約13万人が脳卒中で亡くなっており、
がん、心臓病に次いで、死因の第3位となっています。
以前より死亡者の数は減少したものの、患者さんの数自体はあまり減ってはおらず、
今後、超高齢化が進むにつれて、逆に増えていくものと予想されています。
その脳卒中には、発症する原因によって、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3種類があります。
まず、それぞれの病気の起こり方をみてみましょう。

脳梗塞

脳の血管がつまって起こるのが、脳梗塞です。
つまった部分から先には血液が送られないため、
脳の組織が部分的に死んでしまい、その部位の機能が損なわれて、症状が現われます。
また脳梗塞は、血管のつまる原因によって、次の3つに分類することができます。

ラクナ梗塞

脳梗塞 脳の細い血管に強い圧力がかかり続けると、
血管の壁が次第に厚くなり、血液の通り道が狭くなって、
最終的に血流が止まってしまうタイプです。
おもに高血圧が原因で起こります。

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞 血液中の余分なコレステロールなどが血管の壁に入りこみ、
アテロームというかたまりを作ると、
血管の内部が狭まっていきます(=動脈硬化)
さらに動脈硬化が進行して、このアテロームが破裂すると、
血小板が集まって血栓をつくり、
その血栓によって血管がふさがれてしまうのが、このタイプです。
脳の太い血管に起こるケースが多くなっています。

心原性脳塞栓症

心原性脳塞栓症 不整脈などが原因で心臓に血栓ができ、
それが脳まで運ばれて、脳の血管をつまらせるタイプです。
この血栓は大きいため、太い血管がつまることが多く、
重症化しやすい脳梗塞です。

脳出血

脳出血 脳の細い血管が破れて出血し、
周囲の脳組織を圧迫して障害を引き起こすのが、脳出血です。
時間の経過とともに、出血した血液が固まって、
さらに脳にダメージを与えます。
脳出血の80%は、高血圧が原因だとされています。

くも膜下出血

くも膜下出血 表面を走る血管の枝分かれした部分に
「こぶ」状のふくらみ(動脈りゅう)ができ、
それが破裂する病気です。
出血は、脳を包んでいる「くも膜」の下に広がり、
脳の組織を刺激して、
経験したことのないような激しい頭痛が起こります。

突然襲う激しい症状 すぐに救急車を

脳卒中は、障害を受けた脳の部位によって、さまざまな症状が現われます。
しかも、数日前から症状を自覚するようになったというのではなく、
「昨日までは大丈夫だったのに、今朝起きたら急に…」というように、突然襲ってくるのが特徴です。
おもに次のような症状がみられますので、万が一の時にも適切に対処できるよう、覚えておきましょう。

頭痛

初めて経験するような強い頭痛が起こり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

マヒやしびれ(運動障害・感覚障害)

顔、腕、脚など、身体の左右どちらかだけに、
動かせない、力が入らない、しびれる、などの異常が現われます。

視野が欠ける(視野障害)

左右どちらの目で見ても、視野が半分欠けて見える状態です。
また、片側の目が見えなくなることもあります。

言葉の障害

話そうとしても言葉がでてこなかったり、
ろれつが回わらずにうまく話せなくなったりします。

重いめまい

フラフラする、足取りがおぼつかない、などの様子が見受けられます。

意識障害

意識を失ったり、もうろうとした状態になることがあります。

これら6つのうち1つでもあてはまれば、脳卒中の可能性があります。
周囲の人は、ためらわずに救急車を呼んでください。
脳卒中は一般に、発症から3時間以内に治療を受けることが重要だとされていますので、
落ちついて、しかし迅速に対応するようにしましょう。
救急車が到着するまでは、脳への血涙を低下させないために、安全な場所で、横向きに寝かせてください。
ベルトやネクタイなど、身体を締めつけるものはゆるめておきましょう。
また、救急車が到着したら、「いつ」「どのような症状」が起こったかなど、
発症した時の状況を、できるだけ正確に救急隊員に伝えるようにしてください。
以後の治療の大きな手助けとなります。 このように、脳卒中の多くは突然起こりますが、
実は本格的な発作の前に、「前ぶれ」症状が現われることもあるのです。
なかでも脳梗塞は、約30%の人が前ぶれ発作を経験しているといい、これを一過性脳虚血発作と呼びます。
症状は、本格的な発作と同様ですが、数分〜30分以内に治まってしまうことがほとんどです。
一時的に血管が詰まったものの、自然に血栓が溶けたため、短時間で症状が回復したのです。
また、脳出血の場合はほとんど見られないものの、くも膜下出血でも、
前ぶれ症状として、物が二重に見えたり、短時間の激しい頭痛が現われる場合があります。
これら前ぶれ症状は、結果的に短い時間で治まったものの、脳卒中そのものといっていい状態です。
絶対に放置はせず、早急に神経内科や脳神経外科を受診するか、
救急車を要請するようにしてください。

脳卒中を防ぐ=生活習慣病の予防と治療

脳卒中を起こした人の多くは、発症の危険因子となった病気(基礎疾患)をもっています。
具体的には、動脈硬化を促進する高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病や、
肥満、不整脈などが、脳卒中の引き金となっているのです。
さらには、喫煙やお酒の飲みすぎなども、発症の危険性を高めます。 つまり、脳卒中から身を守る手段は、規則正しい生活を心がけ、
生活習慣病を予防することにつきるのです。
特定健診などで異常を指摘されたら、決して見過ごさず、即座に治療を始めるようにしましょう。
なかでも高血圧は、脳卒中との関連が深いといわれますので、しっかりと血圧管理をしてください。
とくに寒い冬場には、室内外の温度差などで血圧が一気に上がり、
脳出血を発症する人が増えてくるため、寒さ対策には充分気を配る必要があります。
最後に、日本脳卒中協会が提唱する「脳卒中予防の10か条」をご紹介します。
ご自分の生活に照らし合わせ、脳卒中対策の心構えとして、覚えておくとよいでしょう。

脳卒中予防の10か条