伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

あせらずに乗り切ろう 更年期の不調

更年期障害には、ホルモンバランスが変化し、それに伴って身体にさまざまな不調があらわれがちです。
こうした不調は、かつては女性に特有のものと考えられていましたが、
男性にも女性ほど顕著ではないものの、起こることもわかってきました。
更年期自体は、いわゆる病気ではありませんが、
症状がつらい場合は我慢しないで医療機関に相談し、前向きに治療していきましょう。
更年期特有の症状を知り、自分にあった上手な付き合いかたを見つけていくことが大切です。

更年期とは、女性の場合、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)を分泌する
卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で、
身体が安定するまでの時期(閉経をはさんで前後10年ぐらいの期間)を指します。 現在、日本人女性の平均的な閉経年齢は51歳ですので、
40代半ばから50代半ばまでの期間が更年期にあたります。
これは全ての女性に起こることですが、
個人差が大きく、人によっては30代後半から影響が出始めます。
卵巣の働きが衰えることで、それまで卵巣から分泌されていた女性ホルモンの量が徐々に減少していきます。
そのため、脳下垂体からは性腺刺激ホルモンの分泌が増します。
脳下乗体は自律神経の最高の中枢である視床下部にあり、
それにより、自律神経の働きが影響を受け、さまざまな症状が出てきますが、
ほかにもホルモン量の変化のほか、環境や性格などとも絡んで症状が出るようです。

兆候

まずは月経の乱れが起きます。
規則正しく訪れていた月経が、最初は短い周期で訪れるようになります。
その原因は、減少したエストロゲンをもっと分泌しようと、
脳下垂体から性腺刺激ホルモンがどんどん分泌されることによります。
そのため人によっては月に2回、月経がくることもありますが、月経血そのものの量は減少します。 この時期を過ぎると、月経の周期は乱れ、間隔が短くなったり長くなったり、
月経がダラダラ続いたり、短期間で終わるなど、さまざまな変化が起こります。
そして徐々に月経の周期が長くなっていき、閉経を迎えます。
一般的には1年以上月経がなければ、閉経と考えられます。

症状

更年期の中で最も多い症状がホットフラッシュとよばれる「のぼせ」と「ほてり」です。
上半身が暑くなり、発汗します。
手足の冷えや耳鳴りなども多い症状で、
動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、疲労倦怠感、トイレが近いなどもあります。
ほかにもイライラしたりクヨクヨ考え込んでしまう不安、不眠、記憶力低下など、
精神的な症状も現われやすくなります。

検査

更年期の症状を感じたら、医療機関(婦人科)を受診しましょう。
採血による血液検査で、ホルモン値の検査をするとすぐに分かります。
生理周期との兼ね合いでホルモン値は変動しますが、2、3度検査すると確実に分かります。
更年期症状と思っていたら、実は別の病気によるものだったという事もあります。
明るく更年期を乗り切るためにも、定期的な健康診断を受けることはもちろん、
自己判断せずに、かかりつけ医に相談することをおすすめします。

更年期に出やすい主な症状

更年期に起こり、更年期が終わると消える症状

月経の状態の変化
ホットフラッシュ

「のぼせ」や「ほてり」です。
上半身が暑くなり、発汗します。
一般的には、顔の周辺に汗をかきやすい人が多いようです。

冷え

自律神経の失調によって起こる症状ですが、
冷えがあまりに強い場合は、子宮筋腫や心臓病などの病気が原因の場合もあります。

疲労感・疲れやすい
めまい

少し薄暗くして静かに横になっていると治まりますが、
耳の病気や脳梗塞の場合も起こるため、更年期によるものと決めつけない方が良いでしょう。

気持ちが落ち込む
動悸・胸の痛み
胃や腸の不調

胃のあたりが苦しい・痛い・吐き気・ムカムカなど。
ただ、潰瘍や炎症によっても起こるため、症状が強い場合は受診しましょう。

更年期の終わりから老年期を通して続く症状

肩こり・腰痛・背中の痛み

血液の循環が悪くなることが原因ですので、
血液の循環を促すことで症状を和らげることができます。

皮膚のかゆみ・手足のしびれ・震え
膣のかゆみ・不快感・性交痛
排尿にまつわる悩み

咳やくしゃみをしたときや重いものを持ったときに腹圧性尿失禁をすることがあります。

治療

更年期の不調の治療法は、症状や状況によってさまざまな選択肢があります。
自分の症状のどこを治したいか、どんなペースで治療したいかを医師に伝えましょう。

ホルモン補充療法(HRT)

更年期障害の原因のかなりの部分は卵巣からのホルモンが減少し、その結果自律神経が失調するためです。
そのためそのホルモン、特に卵胞ホルモン(エストロゲン)を補充することで症状は改善します。
ただエストロゲンだけを補充すると出血や乳房の張りなど、不快な症状を伴います。
そのため、これらを予防するために
黄体ホルモン(プロゲステロン…排卵した後に卵巣から分泌されるホルモン)を併用します。 のみ薬と貼り薬(パッチ剤)とがあり、前者はプレマリンとよばれる卵胞ホルモンを含む錠剤を飲む方法となります。
卵胞ホルモンは、卵巣や子宮、乳腺などの発達を促進したりする女性ホルモンです。
同じように黄体ホルモンも飲みます。
貼り薬では、湿布薬のような貼り薬をへその横や腰に貼ります。
貼られた皮膚から女性ホルモンである卵胞ホルモンが放たれて、皮膚の内側にある毛細血管の中へ取り込まれます。
HRTで補充されたホルモンは子宮にも作用します。 そのため月経のような出血を伴います。
閉経後2年以上経っている人には出血させないためにパッチ剤を2〜3日ごとに貼りかえながら連続して貼り続け、
黄体ホルモンの内服薬を1日1錠服用し続けるという方法もありますが、
閉経前の人や、閉経後2年以内の人はパッチ剤を何回も貼り続け、
内服薬のプロペラ錠(黄体ホルモン)を、月末の10日間限定で1日1錠飲むようにします。
そうすると次に月の初め、月経のような少量の出血が見られます。
ホルモン補充治療は顔のほてり、発汗、息切れ、動悸などの血管運動神経症状や、精神症状がかなり改善されます。
また、寝つきが悪い、手足が冷えるという場合は、漢方薬や軽い睡眠薬を併用する場合があります。
HRTのデメリットとしては少量の出血、胸が張る感覚、わずかに体重が増えるなどが挙げられますが、
その他に効果として、骨粗しょう症予防、コレステロールの上昇を抑える、肌のシワ、たるみの改善のほか
脳の血流が改善され、アルツハイマー病の発病率が低くなるという疫学調査もあります。

更年期が過ぎたら

更年期が過ぎても、エストロゲンの欠乏状態は続きます。
エストロゲンは妊娠・出産のほかに、骨にカルシウムを取り込み、骨を丈夫にしたり、
コレステロールに対して血液の脂質環境を改善、血管拡張物質を作り出すなどの働きがあります。
従って閉経後に骨量が減り、骨粗しょう症、高血圧や脳梗塞などの動脈硬化性の病気や、
狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患が増えていきます。
ほかにも膣の乾燥や、皮膚のかゆみ、尿もれなど、老年期を通して続いていく症状があります。
こうしたことも心にとめ、予防を心がけた生活を送りましょう。

男性の更年期

更年期障害は、女性だけではなく男性にも訪れます。
男性ホルモンのテストステロンも、個人差はありますが、年齢とともに緩やかに低下していきます。
女性ほど顕著ではありませんが、症状として、ほてりや発汗はあまり見られませんが、
不安、イライラ、憂うつ、記憶力の低下、不眠などの精神症状や、
疲れやすい、だるい、根気が続かない、など女性の更年期と似たような症状が現れます。 ただし、更年期障害は、必ずしも男性ホルモンの低下とは限らず、
男性の場合は、環境の変化が原因となることが多いようです。
更年期の時期は職場やプライベートでもさまざまな問題を抱えがちです。
そこから生じるストレスに加え、本人の性格的な要因も影響してきます。
また、更年期障害にみえても、うつ病が隠れていたり、
勃起障害の背景に糖尿病や前立腺肥大が隠れているケースもあります。
更年期の時期は心臓病や高血圧、糖尿病や貧血、がんなどが発症しやすく、
また症状が更年期のものと似た病気が多くなります。
つらい時は我慢せずに医療機関を受診し、定期健診は欠かさずに受けるようにしましょう。