伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

脳梗塞

脳の血管が詰まるのが脳梗塞です。
脳の血管が破れるくもくも膜下出血や脳出血と併せて脳卒中と総称しますが、
脳卒中のうちの約7割を脳梗塞が占めています。
いずれも生命にかかわり、重篤な後遺症の残る可能性が高く、
いかに速やかに治療を受けることができるかが、回復への鍵となります。

脳梗塞とは

動脈硬化などが原因で脳の血管が狭くなり、そこに血栓(血液の塊)が詰まって起こるのが脳梗塞です。
血管が詰まると、その先の細胞に酸素や栄養が届かなくなって壊死してしまい、
壊死した細胞が担っていた機能が失われるため、たとえ命は救かっても、重い後遺症が残ることが少なくありません。 近年では生活習慣病などで動脈硬化が進みやすくなったことで、脳梗塞を発症するリスクはますます高まっています。
脳の血管が詰まって起こる脳梗塞に対して、脳の血管が破れて起こるのがくも膜下出血と脳出血で、
その3つを脳卒中と総称していますが、いずれも生命にかかわる病気で、日本人の死亡原因の第3位となっています。
ちなみに血管にできた瘤(脳動脈瘤)が破れて、脳を包むくも膜と脳との間に出血が起こるのがくも膜下出血、
脳の中の細い動脈が破れて出血が脳内に広がって血腫が出来るのが脳出血です。
脳梗塞は、ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳梗塞に分類されます。

ラクナ梗塞

ラクナ梗塞 高血圧などによって脳の細い血管に
強い圧力がかかり続けると血管壁が厚くなり、
血管の内腔が狭くなって血流が悪くなる。 障害される範囲が狭いので
一般に症状は軽いが、
多発することで認知症の原因となることもある。
比較的若い年齢で起こりやすい。

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞 脳の太い血管の壁に
コレステロールなどが入り込むことで、
動脈硬化巣ができる。
動脈硬化巣を覆う膜が破れると、
そこに血小板が集まって血栓をつくり、血管を塞ぐ。 初期では症状が軽いが徐々に悪化することが多い。

心原性脳梗塞

心原性脳梗塞 心房細動(不整脈)などが原因で
心臓にできた血栓の一部が流れて、
脳の太い血管を詰まらせる。 突然発症して障害される範囲が広いので、重症化しやすい。
高齢者に多い。

脳梗塞の症状

手足の痺れ、顔面や手足の片側の麻痺、言語障害、意識障害などがあります。
睡眠中、安静時などに発症することがあり、また、脳出血に比べて頭痛や意識障害は少ないようです。
血流の障害が長引くと後遺症が重くなってしまうので、迅速に治療を受けることが重要です。 前述の症状が現われても、数分から20分程度で治まってしまうことがあります。
この場合、TIA(一過性脳虚血発作)かも知れません。
これは脳の血管に血栓が詰まったものの、すぐに溶けて血流が再開したため症状が消えるものです。
すぐに症状が治まるのでそのままにしてしまうことが多いのですが、
実はこれは脳梗塞の前兆で、放っておくと数ケ月以内に約20%の人が脳梗塞を発症するといわれています。
このような場合、脳梗塞予防の治療を始める必要があります。
早めに神経内科など専門の医療機関を受診しましょう。

本人が注意するのはもちろんですが、
家族や周囲の人がその兆候を見逃さず、早期に適切な対応をすることが望まれます。

脳梗塞の治療

脳梗塞の治療としては、脳細胞の機能が止まっているだけの段階(つまり壊死してしまう前)に
血流を回復させて、脳細胞への障害を最小限に抑えることが第一です。

血栓溶解薬 t-PAによる治療

血液溶解薬t-PAを点滴で投与して、血栓を溶かして血流を再開させる治療です。
しかし発症から時間が経つと血流の途絶えた血管が脆くなって、
血流が再開したときに出血する可能性があるため、
現在ではこの薬は発症後3時間以内にしか使われません。 ただし医療機関での検査や診断などに1時間はかかるため、発症から2時間以内の受診が必要です。
なお脳梗塞や脳出血の既往があると
血管が脆くなっている可能性がありますので、この治療を受けることは出来ません。

カテーテルによる血栓除去術

発症後8時間以内であれば、
脚の付根の太い動脈からカテーテルを挿入して患部に到達させ、血栓を取り除く方法をとることができます。

血栓溶解薬以外の薬による治療

活性酸素の発生を抑えて脳を保護する薬や、
血液が固まるのを抑制する薬(抗血小板薬、抗凝固薬)などによる治療法があります。

脳卒中の5つの症状

1)麻痺や痺れ
 片側の腕・脚・顔に麻痺や痺れが起こる。
2)言葉の障害
 ろれつが廻らない。言葉が出てこない。相手の言葉を理解できない。
3)バランスの障害
 うまく立てない。歩けない。ふらふらする。
4)目の障害
 片側の視力が急に失われる。ものが二重に見える。左右どちらの目で見ても視野の半分が欠ける。
5)激しい頭痛(くも膜下出血)
 経験したことのないような激しい頭痛。

リハビリテーション

脳卒中に襲われると、後遺症が残る場合が少なくありません。
その症状や程度は、脳のどの部分で発症したかによって異なりますが、
体の半身に力が入らなくなる運動麻痺、感覚が鈍くなる感覚障害、
言葉が出なくなったりろれつが廻らなくなったりする言語障害、片側の視野が欠ける視覚障害などがあり、
それぞれの機能を取り戻すためには生涯を通じてのリハビリテーションが必要となります。 たとえ神経細胞が死んでしまっても、脳には回復力がありますので、
担当医と充分に話し合って、具体的な目標を持って、前向きな姿勢で地道にリハビリテーションを継続しましょう。
地域包括支援センターに問い合わせて、介護を支援するケアマネージャーに相談するのもいいでしょう。

脳梗塞の再発防止

脳梗塞は発症後一ケ月以内に再発するケースが多く、また3人に1人は5年以内に再発するといわれています。
再発を防ぐためには、運動療法や食事療法、禁酒禁煙といった生活習慣の改善が必要となります。
そして血栓が出来ないように服薬を続けて、血圧やコレステロール、血糖をコントロールすることが求められます。 これらの生活改善と服薬により再発が約8割減少するといわれていますが、
そのうちのどれが欠けても効果がなくなってしまいます。
これらすべてを組み合わせて、全身の管理を一生にわたって続けなければ意味がありません。
日ごろの服薬や検査などは、かかりつけ医のもとで行ないましょう。
そして、1年に1回は専門医を受診してMRI(磁気共鳴画像)検査などを受けて、経過を確認しましょう。

脳梗塞の既往のない人も、
高血圧や糖尿病、肥満、脂質異常症、喫煙・飲酒、過食・偏食や運動不足およびストレスは、
脳梗塞をはじめとする脳卒中を引き起こす原因となります。
こうした生活習慣病にかからないよう、日ごろの生活を見直して健康な生活を送ることが望まれます。

隠れ脳梗塞チェック

渦巻 出来るだけ正確に5mm間隔の渦巻を5周書いて下さい。
次に違う色のペンで、先に書いた5mm間隔の渦巻の間を、
両側の線に触れないようになぞり、
もう1つの渦を10秒以内で書いてみましょう。
その結果、2ケ所以上、
最初に書いた線と重なったりはみ出していたら、
隠れ脳梗塞の危険性があります。

まっすぐ立ち、目を閉じて両手を肩の高さまで上げ、前方に突き出し、指は出来るだけまっすぐ伸ばす。
掌を上に向けてそのまま10秒間、高さや角度を変えずに維持できないと注意。

目を閉じて同じ場所で大きな足踏みを50回して、最初の場所から45度ならびに50cm以上ずれていたら注意。

薄手の紙(箸袋など)の両端をそれぞれ親指と人差し指で持ち、両側へ均等に引っ張ることが出来ないと注意。

隠れ脳梗塞とは、全く症状の認められない無症候性脳梗塞や、一時的に軽い症状が見られるTIAのことで、
MRA検査を受けた患者のうち、
40代では3人に1人、50代では2人に1人、60代では80%以上の人に発見されるという報告があります。