伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

緑内障

緑内障は日本における失明原因の第1位を占め、40歳以上の5.0%(20人に1人)は緑内障であるという報告があります。
また同調査で発見された患者のうち、すでに緑内障と診断されていたケースは全体の1割に過ぎず、
自覚のない人が殆どであることも明らかになりました。
緑内障は早期に発見して適切な治療を受けることで、失明の危険を減らすことができます。
40歳を過ぎたら、1年に1度は定期的に検査を受けましょう。

緑内障とは

眼圧が上がることで視神経が圧迫されて障害され、視野が徐々に欠けていくのが緑内障です。
眼圧とは、眼球の形状や大きさを常に一定に保っておくために必要な、眼球内の圧力のことです。
この眼圧が変化すると眼の大きさや形が変わり、網膜に焦点が合わなくなります。
日本人の場合、平均眼圧は14.5mmHgで、正常な眼圧の範囲は10〜20mmHgですが、
眼圧は1日の間でも変動があり、冬は高く、夏には低くなりやすいものです。
また個人差もあって、年齢、性別、近視や遠視の程度、人種、姿勢、運動、血圧などによっても左右されます。

目の構造 この眼圧を維持する役目を果たしているのが房水という液体です。
房水は毛様体という組織で
常に新しく作られて角膜と虹彩の間を満たし、
水晶体や角膜に酸素や栄養を供給します。
そしてシュレム管から老廃物とともに排出されます。
この房水の循環によって
眼内にほぼ一定の圧力(眼圧)が生まれ、
眼球の硬さや形状等が保たれているというわけです。
緑内障には、
隅角(角膜と虹彩の間の部分で、防水の流出口)が狭くなって房水の流れが悪くなる閉塞隅角緑内障と、
隅角が広くても、房水が排出されるシュレム管の変性による開放隅角緑内障などがあります。
開放隅角禄内障は5〜10年以上の長期間にわたって高眼圧が続いた後、
ゆっくりと視神経が障害され、閉塞隅角緑内障は急激に眼圧が上昇することもあります。
しかし日本人の場合、眼圧が正常値の範囲内でも起こる正常眼圧緑内障が、
緑内障患者の約8割を占めているため、眼圧検査だけでは緑内障が見逃されてしまうこともあります。
なお、逆に眼圧が低くなりすぎると、
低眼圧黄斑症という症状になり、視力が下がって中心部が見えなくなることがあります。
進行すると房水の流出を防ぐ手術が必要となります。

症状は?

眼圧が上がっても痛みは感じませんし、視野が欠けても進行するまでは気づかないものです。
自覚症状としては、見えない場所(暗点)が現われる、
あるいは見える範囲(視野)が狭くなるのが一般的です。
しかし緑内障は、片方の目の視野が欠けてももう片方の目が視野を補うため、気づくのが遅くなってしまうのです。 初期には視野の中心からやや外れたところに見えにくい部分ができますが、
この段階では、まだ視野の異常を自覚できません。
中期では視野の欠ける範囲が広がって視力の低下を感じることはありますが、
視野の欠けを自覚することはほとんどないようです。
後期になると、正常に見える部分の方が狭くなってしまいます。
視力がかなり低下するため日常生活に支障を感じて、異常に気づきます。
つまり、気づいたときにはすでにかなり進行していることが多く、場合によっては失明することもあります。
急激に眼圧が上昇した場合(急性緑内障発作)には、
眼痛・充血・目のかすみの他に、頭痛や叶き気を催すこともあり、急速に視野が悪化していきますので、
至急、専門医の治療を受ける必要があります。
逆に、ゆっくりと眼圧が上昇する場合や正常眼圧で緑内障になる場合には、
気がついたら視野が悪くなっていたということになりがちです。
視野の異常の有無については簡単に自己チェックができますので、下の図を参考にしてチェックしてみましょう。
界常があれば一日延ばしにしないで、早めに眼科を受診しましょう。

緑内障の自己チェック

緑内障の自己チェック B4サイズ程度の紙の中心に黒い点を描き、
それぞれその点から異なる距離に4つのマークを描く。 30cmほど離れた所から、片方の眼を塞いで、
もう片方の眼だけで中心の黒い点を見る。
4つのマークがすべて見えていることを確認したあと、
紙をゆっくり回転させてもらい、
常に4つのマークが見えているかをチェックする。
反対の眼でも同様に行ない、
どこかでマークが見えないときがあれば、
視野の欠けている疑いがあるので、眼科を受診しよう。

視野の欠け方

視野の欠け方 初期には視野のごく一部が欠けるだけだが、
緑内障の進行とともに、欠ける範囲が徐々に広くなって来る。
後期になると正常に見える範囲の方が狭くなり、失明するおそれがある。

緑内障患者の見え方のイメージ

緑内障患者の見え方のイメージ 左は正常な人の見え方。
緑内障の初期では、
中央の写真の点線で囲った部分のように一部がぼやけて見える。
これは実際には右の写真のようにその部分の視野が欠けているのだが、
脳が周囲の情報を補うため中央の写真のようにぼやけて見える。

検査は?

緑内障は、年齢とともに増加していく傾向があり、高齢化社会を迎えてさらに増加することが予測されます。
40歳を過ぎたら1年に1回は眼科で検査を受けましょう。
既に治療中の人も、経過を判断するには定期的な検査が不可欠です。
緑内障の検査には眼圧検査・眼底検査・視野検査などがあります。

眼圧検査

眼圧計で眼圧を測定します。
眼圧計にはいくつかの種類があります。
直接、眼に接触させる眼圧計もありますが、点眼薬で麻酔を施しますので痛みはありません。
圧搾空気を吹きつけて角膜のへこみ具合を測る眼圧計では麻酔の必要もなく、30秒ほどで測定できます。

眼底検査

検眼鏡を用いて眼底を観察します。
特に視神経が集まっている視神経乳頭という部位の状態を調べます。

視野検査

自動視野計を使って視野の範囲や感度を詳しく調べます。

治療は?

近年の研究では、必ずしも眼圧の上昇だけが原因ではないということが分かっていますが、
正常眼圧緑内障も含め全ての緑内障において、
眼圧を下降させることで、症状が進行するのを抑えることができることも知られています。 そこで眼圧を下げるためには目薬による薬物療法となりますが、生涯続ける必要があります。
薬は房水の排出を促すプロスタグランジン関連薬が主に用いられますが、
充分な効果が得られない場合には、房水の産生を抑えるβ遮断薬や炭酸脱水酵素阻害薬などを併用します。
症状によっては、房水の流れ(排出)をよくするためにレーザー治療や手術を行なうこともあります。
なお目薬を効果的に用いるには、正しい点眼法で規則正しく継続することが第一です。
定期的に点眼をすることで、視力や視神経の状態を維持できる可能性が高まるからです。
点眼に際してはまず手を洗い、容器がまつげに触れないようにしましょう。
1回1滴として、点眼後はまばたきをしないで目頭を軽く押さえ、5分問、眼を閉じていましょう。
複数の目薬を使う場合は、5分以上間隔をあけて下さい(数種類の薬を合わせた配合剤もあります)
緑内障で障害された視神経は、もとの状態に戻すことはできませんが、
早期に発見して適切な治療を受けることで、視野や視力のさらなる悪化を抑えることができます。
身内に緑内障を発症した人がいたり、低体温や低血圧・冷え性などで
血液の循環の悪い人は、緑内障を起こしやすい傾向にあるといえます。
また、中程度以上の近視がある場合には進行が早くなります。
心当たりのある方は、特に普段から注意して定期的に検査を受け、早期発見を心がけましょう。