伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

慢性腎臓病

慢性腎臓病とは、腎臓の働きが徐々に低下するもので、
以前は腎臓病というと30代くらいまでの若い人に多くみられましたが、
最近では生活習慣病の患者さんが増加したことなどにより中高年で慢性腎臓病を発症するケースが増えています。
現在、日本の成人ではおよそ8人に1人が慢性腎臓病と推測されていますが、
腎臓病はかなり進行しないと自覚症状が現れないため、
発症していることに気づいていない人は少なくないとみられています。
気づかないうちに慢性腎臓病が進行し、
腎臓がほとんど動かなくなる腎不全になると、人工的に腎臓の働きを補う透析療法が必要になります。
さらに慢性腎臓病から心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気につながる危険性もあります。
そのため、定期的に尿検査や血液検査を受けできるだけ早く発見し、治療をはじめることが大切です。

慢性腎臓病とは

腎臓は握りこぶし程度の大きさで、背中側の腰あたりに左右1個ずつある臓器です。
腎臓にはさまざまな機能がありますが、
最も重要なものが血液中の老廃物を濾過して尿として体の外に排出する機能(腎機能)です。 そのほか体内の水分とナトリウムやカリウム、リンなどの濃度を一定に保ったり、
血圧の調節や赤血球をつくるのに必要なホルモン分泌をしたりします。
またカルシウムの吸収を助けて骨を丈夫にするビタミンDを活性化するのも腎臓の働きです。
慢性腎臓病になると、本来排出されることのないたんぱくが尿中に漏れ出たり、
腎機能が低下して血液中の老廃物をうまく排出できなくなります。
危険囚子には糖尿病や高血圧、肥満、脂質異常症などの生活習慣病があげられ、
それらの病気があると腎臓の血管が障害され、腎臓の働きが低下します。
但し腎機能は加齢とともに低下するため、慢性腎臓病は高齢になると、誰でも起こる可能性が高くなります。
患者は男性が多く、過去に腎臓病を発症した人や血縁に賢臓病を患った人がいる場合は発症率が高くなります。

診断

慢性賢臓病かどうかを確定診断するうえで重要なのが次の2つの検査です。

尿検査(尿たんぱく質検査)

試験紙に、尿を採取した試験管を反応させます。
「+1」以上が陽性で、腎臓が障害されている可能性があります。
ただし健康な場合でも、発熱時や激しい運動の後などは一時的にたんぱくが検出されることもあるため、
1回の検査で陽性だったとしても、慢性賢臓病とは診断されません。 確定診断のためには3ケ月以上空けて再検査を受ける必要があります。
ただし、たんぱく尿に加えて血尿が出ている場合は
腎臓の働きが急速に低下する病気の可能性もあるので、直ちに受診して詳しい検査を受けて下さい。

血清クレアチニン検査

腎機能が低下すると、血液中の老廃物が濾過されなくなるため、
血液検査で血清に含まれるクレアチニンという老廃物の値を調べます。
この値をもとに性別や年齢などを加味した計算式に当てはめると、
腎機能の状態を表わす糸球体濾過量を推算できます。
この検査も1回の検査結果だけでは診断できないため、再検査が必要になります。

重症度の分類 これらの結果、
尿たんぱく陽性である、
糸球体濾過量が60未満に低下している、
のいずれか
または両方が3ケ月以上続いている場合は
慢性腎臓病と診断されます。

治療

症状が現れた場合、糖尿病など、
原因となる病気がある場合はその治療をしつつ、平行して症状を改善する治療が行なわれます。
例えば、体のだるさがあれば腸の中で老廃物を吸着し、便として排出させる薬を使います。
めまいに対しては、直接の原因である貧血を改善するための治療を行い、
むくみには利尿薬を使って体内の水分量を調整します。 食事療法では塩分の摂取量を抑えることと、
摂取エネルギー量を適正量にすることが基本となります。
ただしむくみがある場合は、1日の食塩摂取量を6g未満に厳守します。
また、たんぱく質の摂取量を制限することと、カリウムの摂取制限も必要になる場合があります。

たんぱく質制限

たんぱく質が分解されてできる窒素は尿毒症の原因になります。
たんぱく質摂取を制限することは尿毒症の原因物質を減らすと同時に、腎臓への負担を軽減します。
目標のたんぱく質量は、体重1kgあたり1日約0.6〜0.8gです。
ただし高齢の人はもともと少ししか摂取していない場合もあるので、
蓄尿検査や食事療法の指導で、事前に1日のたんぱく質の目標摂取量が確認されます。
たんぱく質制限を行なうと摂取エネルギーが不足しやすくなるため、
その分のエネルギー量を補う工夫が必要です。

カリウム制限

慢性腎臓病が進行すると、体内のカリウムをうまく排出できなくなり、
不整脈を起こして命に関わる危険性が出てくるので、
必要に応じ、カリウムを多く含む果物や生野菜の摂取を制限します。

糖尿病や高血圧がない場合は慢性腎臓病の原因にもよるものの、
慢性糸球体腎炎で尿たんぱく陽性の程度が強い場合には
まず、腎臓の組織検査を行ない炎症の原因を特定します。
そして必要に応じ、副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬などを用いて
たんぱく尿を抑える治療が行なわれます。
ACE阻害薬やARBなどが使われる場合もあります。

慢性腎臓病を見逃さないために

慢性腎臓病では、腎機能が30未満にならないと自覚症状はほとんど現れません。
30未満まで低下するとだるさやめまい、むくみなどの症状が出てきますが、
その段階に入ると治療で進行を抑えることは大変困難になります。 さらに10〜15くらいに低下した場合には、透析治療が検討されます。
慢性腎臓病は放っておくとどんどん進行していくため、
自覚症状がない段階で発見して治療をはじめることが大切です。
そのためには半年から1年に1回は定期的に尿検査と血清クレアチニン検査を受けることが重要になります。
尿検査は職場や自治体などが実施している健康診断で受けることができます。
血清クレアチニン検査が含まれていない場合は、かかりつけ医に相談して下さい。
検査の結果、慢性賢臓病と診断されたら
進行を抑えるために生活習慣の改善に取り組み、生活習慣病の治療を受けます。
ただし慢性腎臓病が進行して、腎臓がほとんど働かなくなると、
人工的に血液を濾過する人工透析が必要になります。
日本では透析療法を受けることになる原因として、以前は慢性賢炎が多かったですが、
最近では糖尿病に起因する糖尿病性腎症から透析療法に至るケースが最も多くなっています。
また高血圧が主な原因となる、腎硬化症によるケースも増えています。

糖尿病・高血圧があるとき

糖尿病がある場合

血液を濾過する腎臓の糸球体は、毛細血管の塊です。
血糖値が高い状態は全身の血管を傷つけるため、糖尿病があると糸球体も傷ついてしまいます。
また糸球体以外の腎臓の細い血管も障害されるので腎臓の働きが低下します。
糖尿病がある場合は、尿中にアルブミンという
たんぱくの一種が出ているかを調べる微量アルブミン尿検査も受けて下さい。
糖尿病による賢障害があると、尿中にアルブミンが現れるため、慢性賢臓病の早期発見につながります。 血糖値を適正な値にコントロールすることが重要です。
そのためには食事や運動などの生活習慣の改善と併せて、薬物療法が行なわれます。
薬物療法では糖尿病そのものの治療で使われるのみ薬や、インスリン注射が用いられます。
血糖値は過去1〜2ケ月程度の平均的な血糖値を反映するHbA1cが6.5%未満になるようにします。

高血圧がある場合

高血圧があると糸球体の毛細血管にかかる圧力が高くなる
糸球体高血圧が起こり、糸球体が障害されやすくなります。
またそのほかの腎臓の血管では動脈硬化が進行しその結果、賢臓の働きが低下します。
腎臓には血圧を調整する働きもあるため、
腎臓の働きが悪くなると血圧が上がり、腎臓も益々働きが悪くなっていきます。 生活習慣の改善と薬物療法が用いられます。
降圧薬にはいろいろな種類がありますが、
たんぱく尿が多い場合は、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬や
ARB(アンジオテンシン=受容体拮抗薬)が使われます。
これらの薬には血圧を下げる働き以外にたんぱく尿を改善する作用もあるので
腎臓を守る効果が期待できます。
目標とする血圧は収縮期血圧130mmHg未満、拡張期血圧が80mmHg未満です。
たんぱく尿が多い場合にはもう少し厳格にコントロールする必要があり、
収縮期血圧が125mmHg未満、拡張期血圧が75mmHg未満を目標にします。

慢性腎臓病が進行すると人工透析が必要になります。
血液透析、腹膜透析に加え、在宅血液透析も行なえるようになってきました。
医師と相談し、負担や生活スタイルを考慮して前向きに治療を続けていくことが大切です。