伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

歯周病

歯周病とは歯周組織に発生する疾患の総称で、主に歯肉炎と歯周炎があげられます。
原因は歯に溜まったプラーク(歯垢)です。
歯を失う原因としては、実は虫歯よりも確率が高く、日本人の80%がかかっているとされています。
歯周病は進行すると歯を支えている歯槽骨が破壊され、自然に歯が抜け落ちてしまうこともあります。
歯周病予防は毎日の正しい歯磨きと食生活にあります。
歯周病を予防して、いつまでも自分の歯で食べられる生活を目指しましょう。

歯周病って

歯周病は歯と歯肉の間にプラーク(歯垢)がたまって歯肉に炎症が起き、
進行すると歯槽骨が破壊されて歯が抜け落ちてしまう病気です。
現在、歯を失う一番の原因となっています。 プラークとは、虫歯菌や歯周病菌が密集している細菌の塊のことで、食後などでは誰の歯にも付着しています。
このプラークは歯磨きをきちんと行なうことで取り除けますが、
歯磨きが不十分だと、歯に付着したまま唾液の成分などを吸収して石灰化し、歯石になります。
歯石になると、強固に歯にこびりつくため、歯科医院で除去してもらう必要があります。
歯石を放置しておくと、歯の表面も凸凹するため、歯磨きを困難にし、さらなる歯周病を招くことにもなります。

歯周病の状態

歯周病の状態 プラークは食べ残しなどが
歯に付着することによってできる細菌の塊です。
歯周病はこのプラークが歯と歯肉の間に溜まることで
炎症が起きたり、歯槽骨が溶けていく病気です。

歯周病の特徴

健康な状態では、歯肉は一見してスッキリと引き締まっていて、
触ると弾力性があり、ステイップリングという柑橘類の外皮の表面のような小さなツブツブが見えます。
歯と歯の間はきれいな三角形で、かみ合わせも正常なことが多いです。
しかし歯周病の場合、歯肉は赤く腫れる場合もあり、
スティップリングもなく、歯と歯肉の間にプラークや歯石がたまっています。
そのため歯と歯肉の間に隙間があいて噛み合わせが乱れてしまうこともあります。

歯周病が与える影響

実は歯周病は全身の病気に関係しています。
歯周病があると歯周病菌が増え、炎症が起きます。
そこで血液に歯周病菌や炎症物質が入り込んで悪影響が出るのです。 歯周病と密接な病気は主に、心臓病、脳卒中、糖尿病、肺炎などです。
その理由のひとつに歯周病菌が血管壁の内側に固まりとなって、
動脈硬化を引き起こす要因であることが挙げられます。
また歯周病で歯肉に炎症が起きることで炎症物質が増え、
インスリンの働きを低下させ、糖尿病が悪化することがあります。
そのほか歯周病菌が唾液に混じり、飲食の際に誤って気管に入って、
歯周病菌が気管支の粘膜を炎症させて気管支炎や肺炎になることもあります。
とくに高齢者は誤嚥性肺炎になりやすいので気を付けて下さい。
歯周病と関わりの深い病気については、歯周病の予防や治療をすることで病気の改善が見られる場合もあります。
また歯周病対策をすることはがん予防にも役立つようです。
全身の健康のためにも歯周病の予防、早期治療に取り組みましょう。
歯周病は一度進行してしまうと治療が難しいことや、
なりやすい病気であることを考えると、とにかく日頃から予防していくことが大切です。
また歯周病が進行し始めている場合も、早めの受診で歯を守ることが可能な場合もあります。
下記の自己チエックで当てはまるものがあれば歯科医院を受診してください。
当てはまるものがない場合も、半年から1年に1回は検診を受けることをおすすめします。
検査の結果、歯周病が見つかったら、進行の度合い、治療方法、治療の期間や費用を
医師や歯科衛生士ときちんと相談したうえで、歯科医院での治療とともに、
歯磨き指導を受け、自分でもプラークコントロールができるようになり、
それを継続していくようにしましょう。
毎日の正しい歯磨きがなによりも大切です。

歯周病の自己チェック

一つでも当てはまったら歯周病の進行が疑われます。

一つでも当てはまったら歯周病の可能性が高い状態です。すぐに歯科医院を受診して下さい。