伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

胃がん

胃がんは日本人に最も多いがんとされていますが、早期に発見できれば多くが治る病気になってきています。
自覚症状が出ないことが多いため、毎年定期的に胃がん検診を受け、早期発見、早期治療に取り組みましょう。
また食事が喉に通らない、つかえる、体重が減るといった症状がある場合は
進行している可能性があるので、早めに受診して下さい。

胃がんって

胃がんは胃の壁のもっとも内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になったものです。
要因としては喫煙や食生活などの生活習慣や、
ヘリコバクターピロリ菌の持続感染などが原因となりうるとされています。
食生活では野菜や果物の摂取不足や、塩分過多が指摘されており、
ヘリコバクターピロリ菌については日本人の中高年の感染率は非常に高いのですが、
感染した人のすべてが胃がんになるわけではなく
除菌療法で胃がんにかかるリスクを減らすことが出来るようになってきました。

症状

早い段階で自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合もあります。
代表的な症状は、胃の痛み、不快感、違和感、胸焼け、吐き気、食欲不振などが挙げられますが、
いずれも胃がん独特の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍の場合でも起こります。
検査をしなければ確定診断が出来ませんので
何か見つかることを怖がらずに、医療機関を受診し、検査を受けることが大切です。
またがん診療拠点病院の相談支援センターでは誰でも無料でがんについての相談ができます。
診察前や治療中、治療後でも不安なことがあれば相談してみるとよいでしょう。

検査

診断のために、病歴に関する問診や、様々な検査が行なわれます。
検査の目的や方法について知っておくと、検査結果を理解しやすくなります。
主な検査として、どこにがんが潜んでいるかの判断の目安になる腫瘍マーカーの検査としての血液検査、
胃の内部を直接見て、がんが疑われる場所の病変の範囲や進達度を調べる内視鏡検査(胃カメラ)、
内視鏡検査で採った組織にがん細胞があるのか、あればどんながん細胞かを顕微鏡で調べる病理検査・病理診断、
胃の形や粘膜などの状態や変化をX線写真で確認する胃X線検査(バリウム検査)、
転移や別の臓器への浸潤を調べるCT検査、MRI、超音波検査、直腸検査などが行なわれます。

治療の流れ
がんの疑い体調がおかしい、健康診断で要精密検査と出たら
放っておかず、なるべく早く医療機関を受診して下さい。
受診気になることや症状などを、事前にメモして受診すると良いでしょう。
検査の予定や次の診察日が決まります。
検査・診断検査が続いたり結果が出るまで時間がかかることもあります。
結果が出ると担当医から説明があります。
検査や診断について理解しておくことは、治療法を選択する際に大切です。
治療法の選択がんや体の体調に合わせ担当医が治療法を説明します。
治療法の選択は周りの人とも話し合ったうえで、
自分が納得できるものを選択しましょう。
治療治療が始まります。
治療中に困ったことやつらいことは
小さなことでも我慢せずに担当医や看護師に相談して下さい。
良い解決万法が見つかることでしょう。
経過観察治療後の体調の変化やがんの再発がないかなどを確認するために
しばらくの間通院し、検査を行なっていきます。
検査から治療まで

治療

治療方法は全て担当医に任せたいという方、
自分の希望を医師に伝えて一緒に治療方法を選びたいという方などさまざまです。
ご本人が一番満足できる方法を選ぶため、納得のいく治療法を選ぶために、
セカンドオピニオンに相談することもよいでしょう。

内視鏡治療

内視鏡治療は早期がんのなかでもリンパ節に転移しておらず、
一括して切除できる大きさの場合などに限り行なわれます。
お腹を切らずに胃の内側からがんを切除するため、患者さんへの負担が少ない治療法ですが、
治療中に出血や穿孔が起こることもあります。
治療後切除した組織を調べ、がんが進行していたり、取りきれなかった場合は
転移の可能性もあるとされ手術が必要となります。
内視鏡治療の後は取り残しがない場合でも再発の可能性はゼロではないので、
定期的に胃の内視鏡検査を受けて下さい。

手術

ある程度進行した場合の治療法として
選択される手術には、主に胃の2/3を切除する方法と全て摘出する場合とがあります。

幽門側胃切除術

日本人で胃がんが発生しやすいのが胃の出口である幽門の近くで、
がんを合めた幽門側の胃を2/3程度切除します。
同時に転移の可能性がある周りのリンパ節も切除し、
残った胃と、十二指腸をつなぎ合わせて胃を再建します。

胃全摘術

がんが胃全体に広がっている場合や胃の入口付近にがんがある場合は、
転移の可能性があるリンパ節を含め
胃を全て切除し、その後食道と小腸をつなぎ合わせます。
近くの臓器にも広がっている場合は同時にその臓器を摘出することもあります。 術後は一度にたくさん食べられなくなり、
胃が切除されることにより胃の内容物が十二指腸に一気に流れ込んでしまうため、
動悸や吐き気、めまい、発汗や冷や汗などが起こるダンピング症候群が起こりやすくなります。
対処法として術後3〜6ケ月は5〜6回/日の食事に分割し、
消化の良いものをゆっくり噛んで食べましょう。
ダンピング症候群を予防する食べ方による体重減少は気にする必要はありません。
ある程度経つと、体重の減少は抑えられます。
全摘術を受けた場合は逆流性食道炎や貧血が起こることがあります。
予防するには、食後すぐに横にならず、
就寝中も背中の下にバスタオルを敷くなどして、上半身を少し高くしておくとよいです。

抗がん剤治療(化学療法)

がん細胞に直接作用する薬を使った治療法で、術後補助化学療法として行なわれたり、
手術が困難な4期の進行がんや、再発した胃がんに対して行なわれることがあります。
また最近では手術の対象になる胃がんに対して手術前に抗がん剤治療を行ない、
がんを小さくしたり、肉眼で見えない小さな転移を抑え、
手術の効果を高める治療法も研究されています。
術後に使用する場合は、術後まず4週間続けて薬を服用し、
そのあと2週間休薬するサイクルで1年間をめどに行ないます。
薬はのみ薬のため、日常生活を送りながら外来通院で治療を受けることが出来ます。 主な副作用には吐き気、下痢、口内炎、白血球減少、顔や手足などが黒ずむ色素沈着などがあります。
副作用と思われる症状が現われたら、それぞれ症状を和らげる薬があるので我慢せず医師に伝えて下さい。
早い時期から副作用に対処し、薬ののみ方を調節すれば、薬を使った治療を決められた期間、継続出来ます。
白血球の減少は自覚症状を伴わないことが多いものの、
命に関わることがありますので、服用中は定期的に血液検査を受けてください。
現在新たな抗がん剤治療の開発に伴ない、抗がん剤治療が進歩しつつあり、
抗がん剤による副作用にも非常に効果的な薬が出てきました。
また、手術ができない場合でも抗がん剤が良く効き、
がんが小さくなって、結果的に手術でがんを切除できるようになったという例もあります。
手術ができない場合も、医師と相談しながら、前向きに治療に取り組んでいきましょう。