伊豆に暮らす

伊豆に暮らす 〜健康暮らし応援隊〜絆

関節リウマチ

日本には現在、約70万人の関節リウマチの患者がいるといわれています。
関節リウマチはいままで「一生治らない病気」と思われてきましたが、
近年ではその病気の仕組みが明らかになってきたことで、
診断基準や治療法が大きく変わり、効果の高い治療薬が次々に開発されています。
いまでは、適切な治療を受けることで約7割の患者が寛解に至るようになってきました。
早期に治療を開始することが第一ですので、疑わしいときはまず専門医の診断を受けましょう。

関節リウマチとは?

関節リウマチは、関節に炎症が起こり腫れや痛みが生じる病気です。
手の指や手首、肘、肩、頚椎、股関節、膝、足首、足の指などの関節に起こりやすく、
また、炎症が関節の左右対称に起こりやすいという特徴があります。 関節リウマチとは、関節を包む関節包の滑膜を
免疫が攻撃してしまうことによって発症する自己免疫疾患のひとつで、
その原因は、遺伝的要因と環境とが、相互に関連しているとされています。
発症のきっかけになりやすい要因としては、
妊娠・出産や、けが、感染症、精神的ストレスなどが挙げられ、
30〜50歳代で発症することが多く、女性に多くみられますが、
2割は男性で、子どもや若い人、高齢者にも発症します。

関節リウマチの診断

症状はまず手や足など末梢の関節に現われることが多く、
腫れやこわばりといった兆候が現われますので、
それを見逃さないで、専門医の診断を受けて初期のうちに治療を始めることが大切です。 関節が痛む病気は他にもありますが、
患部が腫れて熱を持っている場合には関節リウマチの可能性を考える必要があります。
ちょっとした違和感でも、それが2週間以上続く場合には迷わず医療機関を受診しましょう。
関節リウマチの診断や治療は、リウマチ科やリウマチ内科、
あるいはリウマチ専門医のいる内科や整形外科で受けることが望まれますが、
関節リウマチであるかどうかは血液検査でほぼ診断ができますので、
まずは近くの内科や整形外科を受診してもよいでしょう。
そこで、血液検査によって免疫の異常と炎症反応とを調べ、
関節リウマチの可能性があれば、専門医のいる医療機関で確定診断を受けて下さい。
現在、関節リウマチは、2011年に新しく導入された診断基準に基づいて診断されます。
その基準は以下の4項目によります。
(1)腫れや痛みのある関節の場所と数
(2)免疫の異常(血液検査による)
(3)症状の持続期間
(4)炎症反応(血液検査による)
それぞれに細目が設けられて、点数化されていて、その点数によって診断されます。

関節リウマチの治療

関節リウマチと診断されたら、病気の活動性や関節の壊れ具合、
そしてほかの病気がないかなどを詳しく調べて、治療方針を決定します。
最近では、個々の患者の病気の活動性を厳密に評価しながら、
設定した目標に向かって治療を進める、
T2T(Treat to Target:目標達成に向けた治療)が行なわれるようになって来ました。
病気の活動性は、 (1)腫れや痛みのある関節の数(全身28の関節のうち腫れや痛みのある関節の数)
(2)医師の評価
(3)患者の自己評価
(4)炎症反応の値(血液検査による)
以上4項目から点数化して、その合計点数によって次の4段階に分けられます。 (1)高疾患活動性
(2)中疾患活動性
(3)低疾患活動性
(4)寛解
治療は(4)の「寛解」を目標に進められ、
寛解に達したら、次はその寛解状態を維持するための治療が行なわれます。
ただし、発症して10年以上が経過していたり、
合併症があるなど、強力な治療が行なわれて副作用が出やすくなるケースでは、
当面の治療目標を(3)あるいは(2)に緩めることも必要とされます。
治療には、抗リウマチ薬が使用されます。
抗リウマチ薬は高い効果が期待できます。
しかし薬の選択や使用する量、使用期間などの判断が難しいので、必ず専門医の診療を受けましょう。
たとえば第一選択薬として使用されるメトトレキサートの場合、
使い始めの3ヶ月は1ヶ月おきの受診で薬の効果や副作用を確かめ、使用量を調節します。
その後も、3ヶ月ごとに治療効果や副作用をチェックしていきます。
関節リウマチの薬物治療は、炎症を抑えたり、
関節の破壊を食い止めることが可能になったりと格段の進歩をしていますが、
既に壊れた骨や軟骨を薬物治療で再生させることはできません。
そこで、痛みを取り除き、関節の機能を改善するために、
人工関節や関節形成といった手術を考えなければならない場合もあります。
時期が遅れると手術が難しくなることもありますので、担当医と充分に相談して決めましょう。
関節破壊は発症後2年間で急激に進行しますので、早期での治療が重要です。
心配な兆候を感じたら、早めに専門医を受診しましょう。
過労や冷え・かぜ等はリウマチを悪化させるため、
ふだんから手洗いやうがいをこころがけ、体調管理に留意するようにしましょう。