伊豆の歴史・文化

伊豆にまつわる人物 〜下田市

唐人お吉(とうじんおきち)

唐人お吉 唐人お吉は本名を斎藤きちといい、
天保12年11月10日、愛知県知多郡内海(うつみ)に、舟大工市兵衛の次女としてこの世に生をうけました。
四歳のとき家族が下田に移り住み、十四歳で芸妓となりました。
新内明烏のお吉とうたわれるほどの評判と美貌でしたが、
それが奉行所の目にとまることとなり、十七歳の時、
法外な年俸と引替に心ならずもアメリカ総領事タウンゼントハリスのもとへ侍妾として奉公にあがることとなります。
その後は幕末、維新の動乱の中、芸妓として流浪の果てに下田にもどり、鶴松と暮らし髪結業を始めますが、ほどなく離別。
さらに小料理屋安直楼を開業しますが、二年後に廃業しています。
「唐人」という相も変わらぬ世間の罵声と嘲笑をあびながら貧困の中に身をもちくずし、
明治24年3月27日の豪雨の夜、遂に川へ身を投げ、自らの命を絶ってしまいます。
波瀾にみちた五十一年の生涯のあまりにも哀しい終幕でした。
お吉は身よりもなく、宝福寺の第十五代竹岡大乗住職が、慈愛の心で法名「釈貞観尼」を贈り、当寺境内に手厚く葬り、
その後芸能人により新しく墓石も寄進され現在に至っています。
お吉の悲劇的生涯は、人間の偏見と権力、その底にひそむ罪の可能性と愚かさを身をもって私達に教えているようです。

ハリス

ハリス 安政3年(1856)タウンゼント・ハリスは玉泉寺に日本最初のアメリカ領事館を開き、
本堂の前の庭に星数31の星条旗を掲げました。
ハリスは安政5年(1858)に日米修好通商条約を結び横浜を開港させると
安政6年(1859)に東京麻布の善福寺に公使館を設け移ったので、ハリスが下田にいたのは3年あまりでした。
現在、玉泉寺は開国に関する国の史跡に指定されています。
境内には牛乳の碑や米水兵の墓などのほか、ロシア水兵の墓や資料館があります。
また近くの柿崎海岸には「ハリスの小径」と名付けられた遊歩道もあります。

ペリー

ペリー 嘉永7年3月3日(1854.3.31)
横浜で日米和親条約を結んで下田と箱館(現、函館)を開港させたペリーは、
嘉永7年3月から4月までの間に黒船7隻を下田に集結させました。
そして、約一ヶ月箱館の調査に行きました。
箱館から戻ると条約の交渉を始め、嘉永7年5月25火(1854.6.20)
了仙寺で日米和親条約付録下田条約13ヶ条を結びました。
ペリーはアメリカでは「蒸気船海軍の父」と呼ばれています。
ペリーの生まれ故郷の米国ロードアイランド州ニューポート市と下田市は現在姉妹都市として
両市の黒船祭などで互いに交流を続けています。

プチャーチン

プチャーチン 嘉永7年10月15日、ペリーが去って約四ヶ月後
ロシアのプチャーチンがディアナ号で下田にやって来ました。
そして11月3日に福泉寺で条約の交渉を始めました。
ところが、その翌日、嘉永7年11月4日(1854.12.23)
朝9時頃、突然の大地震と大津波が下田を襲い、下田は壊滅状態になりました。
ディアナ号は大破し、修理のため戸田港へ曳航中に富士沖に流され戸田に引き返す途中で沈没してしまいました。
船を失ったプチャーチンは幕府に代船建造を願い出て「ヘダ号」の建造を始めると、
下田に戻り長楽寺で嘉永7年12月21日(1855.2.7)日露和親条約を結びました。
この条約で両国の境界が画定しました。
このため、政府は2月7日を北方領土の日と定めています。